ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[キム・ミンソク監督] 原初的な『私』を発見したら、

☆cine21.com
     <超能力者>キムミンソク監督インタビュー
e0109292_19181819.jpg




- どんな映画が好きだ。

= SFの中で人間を取り上げる話がいい。 たとえば、メロドラマでも、二人が抱擁し、愛していると言うより、"私は、その女性をなぜ愛しているか?"を諮問する映画がいい。 表面上はそのような問いをピョネジなく、ずっと楽しく違いが、見てみると考えが示されている映画がいい。

- <超能力者>も、その趣向の延長線上にあるはずなのに。

= <霊能者>は、超能力者が登場する話だが、『私』を知っていく過程でもある。 超人とギュナムの一つは、(他人との)混合される人物であり、一つは混合できない。 超人は一人だがギュナムウン友達と所属がある。 一方、超人が他人の意識を調整し、無数の『私』を作り上げるときに超能力が通じないギュナムウンひとりだ。 そのような様々な状況を通過し、原初的な『私』を発見する映画だったらした。

- 超能力者というモチーフに着目したプロセスは。

= <良い奴、悪い奴、変なやつ>演出部ながら、終盤に精神が抜けていた頃だった。 <マザー>を準備していたポン・ジュノ監督がで書かれている電子レンジ持って行くようにして探して行ったのですが、ふと"お前デビューんじゃないの? 何話すんだ?"と言われた。 映画会社家イ・ユジン代表と<怪物>終わる頃から長編を一緒に作ろうという約束だけをしておいてのシナリオは、まったく作成していない状態だった。 助監督の生活から出てきた助手マニエリスムんだよね。 話だ監督が作成し、我々は行って仕事だけすればドゥェジャンナ。 (一座爆笑)ボン監督の質問に急に覚醒されながら一5秒間、ぼんやりとした次のすぐ"超能力者の話をするんです"と即座に話をジオネ騒いだ。 電子レンジを持って帰って来て二ヶ月間、猛烈に書いた。

- 次は、超能力の属性と、それを映画的にどのように表現するかを決めるのがカギだっただろう。

=時間が停止するか、スペースの移動をするか、においをよく取る権限を与えるいろいろな種類の考えをすべてした。 ではないと思うものから消していったし早目に人を調整する能力に決めた。 当時、たまたまニーチェの<朝焼け>か<悲劇の誕生>認可を読んでいたのに"遊んでいて楽に生きようとすると、大衆の中に、世界の中に混じって、自分を失ってしまえ"という言葉があった。 そこで映画の背骨ができた。 超能力を視線と視点で表現したのは、何よりも映画の中で一番よく見えるのが俳優のヌンイラソダ。 指での動作をするのも奇妙で、中国映画のように手のひらに血を書いてお守りを飛ばすこともないし。 超人の能力が発揮されるときに画面が揺れる効果は、誰かの時点でショートに書き込む必要が合うか心配もしたが、後にはルールなしギュナムグァ観客のように感じるような場面で入れることにした。

- 超人の能力が発揮されているルールは、正確には何か。 目を合わせて打たなければならないか、片方だけ見るとなるのか。

=させられる人が見る必要はない超人が見られる。 脳に最も近い神経チェーン目を通して、彼の神経に信号を送り、自分の頭の中を複製して入れるのだ。 脳波測定器は、脳波を描くのなら、その過程を裏返して入力することではないかと想像した。 脳の神経細胞間の電気信号をなす秩序を外敵の力で変えるという設定だ。

- 既存のスーパーヒーロー物を研究したのか。 映画を見ると、一応<オンブレイコブル>と<X - > 1のほうが浮かんのに。

= B級ジャンル映画まで全部見て<キクエス:英雄の誕生>が最高だった。 そうシウォンハルことが! <オンブレイコブル>もおもしろかった。 M.ナイトシャマルランのようにぽっかりよく打つ人、嘘を本物のようにグスハゲやっつける人がとても良い。 <オンブレイコブル>の二人の主人公も、お互いがあるので、自分を実現することができる関係だ。

- 杞憂気難しい画面も多く、アングルが特に多彩である。 ホン・ギョンピョ撮影監督と合意したスタイルは、。

="アニメーションのように撮りたい"が私の最初の要求だった。 通常の映画は、カメラを平地に置き、水平を合わせてチクジマン漫画やアニメを見ると、カンヌの人々をピタクハゲつまんノトゴンのではないか。 そのような表現をしたいと思った。 カメラが入り込むことができるコーナーがあれば、探して入ってアングルをとって仰角も俯瞰もたくさん書いている。 マスターショットをあまりたくさんで撮って心配もした。 クローズショットでは、俳優たちがあまりにもジャルセンギダボニ一般に不可能な照明を打っても顔の角度が存続してマンガのように見えたりもする。 車の追撃シーンでは、<良いやつ、悪い奴、変なやつ>で使用した装置のジャイロヘッドも書いた。 ウルロンゴ里ながらも、安定感のある画面を作ることができる。


文: キムヘリ 写真: ソンホンジュ (写真部長) | 2010.11.16
by kazem2 | 2010-11-16 19:23