ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画「超能力者」 あなたの二つの顔である

☆cine21.com
e0109292_18572664.jpg

     人を操る超人とそれに立ち向かう男の物語は、文字で見る<超能力>




一定の半径に入ってきた人々を丸ごとマリオネット人形のように私の思い通りに動く超能力の男(カン・ドンウォン)がある。 世の中がいちめん私でなければ私のボクジェプムイルだけのこの男に、私と他人を分別してくれるの名前なんかなくても十分である。 いや、実は名前があるとしても呼んでくれる人もいない。 当初、生んでくれた親さえも恐れて消してしまおうとしたのは重大である。 すべての人々は超能力の操り人形になった事を全く覚えていないので、ファイルを霊能者は愛情どころか憎しみという感情の対象にさえされていない。 そんなある日、音を立てる! 彼が停止された世界のコーナーでは、誰かコムジラク距離は信じられない音が聞こえる。 超能力者の力が通じないが珍しい人間ギュナム(コス)は、彼に視線を返して彼を叫んで呼ぶ。 絶対孤独の壁にひび割れて闘いが始まる。

つがいの擬人化された概念のような存在

e0109292_193474.jpg
e0109292_1952367.jpg


だから、これは再び二人の男の話だ。 男性のツートップは、韓国の大衆映画の中で最も頻繁にあうことになる人物構図だ。 しかし、<超能力者>が設定した二人の人物の関係は特異である。 超人とギュナムウン直接相手を狙う敵も、<男たちの挽歌>敵の義理で結ばれたマッチではない。 映画が折り返し地点を曲がったところに追いつ追われつの立場さえドィオンキンダ。 むしろ超能力者とギュナムウン相手ゆえ、初めて自分の存在の意味が明確では補完の関係を形成する。 映画の中で超能力者がギュナムウルに向かって吐き出すため息がこうだ。 "君は、私でなければ何もなかったのに..."<超能力者>の2人は、特定の文字に固定された個人というよりは、ある特定の状況に応じて相対的な位置を変える一組の擬人化された概念のように見える。 主流社会のアウトサイダーという点で、超能力者とギュナムウン同類だが、時によっては、オジュン(愚众)を背負った独裁者台(对)無謀な闘士の絵を作成し、場合によっては、会わなければ良かったの悲運の'カップル'で向かい合って書記もする。

<甘い人生><怪物> <良い奴、悪い奴、変なやつ>の演出部を経て、<超能力>で長編デビューしたキム・ミンソク監督は、"二人の人物をハプチョトウルときに一人である場合、映画の中の戦いが世界の中で一人でもがく様な感じを与えるんじゃないかと思ったんです"と紹介する。 もちろん、映画史上バーディームービーが少なくないので、この監督の便は新しいものではない。 ただ、自我を分裂するか、または複製しておいた次のそれとの戦いで本当の私が誰だか諮問する形式の物語は、キム・ミンソク監督に初めてではない。 それほど執着するトピックとは意味だ。 監督の2004年の短編<オールドボーイの思い出>は、現在を訪問した過去の自分に殺され、永遠のドドルイピョを買う男の話だった。 エドガーアランポーの短編<ウィリアムウィルソン>を連想させるこの物語は、<超能力>で展開して表示繰り返されている。 もちろん、ここで追加された決定的な変数は、SF的要素だ。 一点<超能力者>は、超能力を消極的で、静的な方法で駆使する。 一応主人公の超能力が唯一の他の人間を介してのみ発現しているせいで、物理的に人材を超える破壊力は示すことができず、第二は、超能力者が生きていく態度自体が防御的である。 生活費が落ちれば、必要なお金だけ質屋とローン会社から盗まれて生きてきた彼はギュナムイ挑戦してくる障害物を排除するという目的のためにこそ『無理』を開始する。

能動的な欲求を動機として、超能力を行使していないカン・ドンウォンのキャラクターは、逆になぜずっと生きて行くにしたのかが気になる人物でもある。 キム・ミンソク監督の解釈は、次のとおりです。 "非凡な能力のために、親でさえ、自分を殺そうとしたんだから、そうするほど自分をもっと愛して、しつこくボチョトウルだと思っていた。 そして、欲がないのは、金持ちがドンチレルルして私の時から金持ちの人は、かえってしないそうじゃないか? 同じイチロー生まれたときから超能力を持っている人と急に生じた人は違うと思っていた。 元々の能力のほど修理のいく欲もないようだった。 韓国の普通の人々が些細なルールは守って住むようにただいたずらに群集を停止さ注文して割込みで映画チケットを買うということはやらないようだった。"が付いている目が行く部分は、超能力者が、ある瞬間からは、他人の力を書く手足として操ることに留まらず、自分の考えを表現する言葉や感情まで代行させるという点だ。 哀れなボクファスルサインわけだ。

ギュナムウイ格別の才能はすぐに超能力者の不足
e0109292_1984286.jpg
e0109292_199347.jpg


一方、彼の大劇場のギュナムウン最初はグジオプイ平凡に見えるが、超能力者と対抗することに始まった瞬間から、可能性をますます強く発現し始める。 "ギュナムウン欲がほとんどなく、常に現在の状態を喜んで満足するタイプですよね。 純粋ながらも、何かを超越した人物、越えて人間ですよね。 そのような性質の物理的特性に変えては、属性が、傷を早く回復する特殊な再生能力や、速く走る能力です。"監督の説明だ。 ギュナムウントルコ卵と、アフリカから来たボバルル『兄弟』と呼んで卵ボバヌン"我々のようなやつら"という言葉で三銃士を自称する。 つまり、国籍よりランクが重要である(もちろん、ここで卵ボバガ完全なタイプではなく、一方的に韓国人化されたキャラクターという点は見逃してはならない重要なポイントである)。 さらにギュナムウン見ず知らずの他人を助けることにも躊躇しない。 超能力者とギュナムウン二人ともお互いのために進化するが、その幅はギュナムイはるかに大きい。 さらにキムミンソク監督は、霊能者にだまされ、ゾンビのように動くの群集をかきわけてギュナムイようやくすり抜けは地下鉄のプラットフォームの場面を、酸味のちょうど外側に新生児の姿のように撮りたいと思ったと言う。

映画のシナリオでは、超人は超能力者を指す名前である。 しかし、構想段階でキム・ミンソク監督がインスピレーションを受けたというニーチェの概念超人(超人U(上''を表示する)bermensh)を、途方もない能力の持ち主ではなく、人間の内面に存在する複数の境界を超越して人間的に解釈すれば、ギュナムイヤマルロ超人である。 "ギュナムグァ混合される友達はすべて一意です。 黒人ボバ、アラブ人を知る、混血児ヨンスク等。 彼らは、韓国社会に普通に混合されてそうな人々ではないのに映画の中で一点に交わってくるんだ。 それらすべてがかつてのように送信する質屋のオフィスの名前は'ユートピアじゃないですか。 事実、異なる人種のキャラクターを介して人間性を表現しようとする意図もありました。 ギュナムウン友達を作るときに、社会的な区別が全く問題のないタイプの人ですよ。"ギュナムウイ格別の才能はすぐに霊能者の不在である。 彼は群集に懇願交ざってみたいが、混合することができない。 映画の導入部水族館でイワシの群れを眺める彼の視線も、今すぐにでも大気中にしみるような淡いグレーの装いも世界に溶けて思う願望の表現である。 霊能者は、住まいと視するホテルの部屋に閉じこもってソウルの街のモデルで、本人のフィギュアを作って入れる。 人形は、彼が現実では決して着ないこと、明るい赤の服を着て、片手を挙げて世界に陽気な挨拶を送る。 混合することができるギュナムウン人を活かそうとして混合することができない超能力者は、殺害を躊躇しない。 表面的には両方の方向の力はチョクリョクイン量に見えますが、非凡な力を持つ二人の人物は、さまざまな理由で、どのような事に、あるいは誰かに期待は、画像を見せてくれて、それは映画の中ではかなり印象的な瞬間を作る。 "二人は皆、特別な人物だが、欠陥を付与することによってギデゲしたかったです。 人が人に依存して期待は仕事が重要だと考えるようになったんですよ。 私たちは、水がいっぱいになって眠ったようで、少し傾いても水があふれ出てくるかと思って誰にもできないの予想じゃないですか。"

不完全な隙間から、あなたが見ることになるのは、
<霊能者>は、豊富な話題を抱いたキャラクターを作成したが、それらを映画的に動く演出方法は、決してヌンランハジはない。 従わなければならない場面を急いでマムリジトヌンかというと、緊迫感を造成する必要がある峠には足が重い。 サスペンスとアクションの緊張を造成する指先もやぼったいです。 確実な動機を付与し、キャラクターを細工する必要がある点で焦点がフリトヘジゴ書士が飛躍する必要がある時に鈍感である。 <霊能者>は、スターのファン層と結合され、不完全な隙間を観客が想像とインスピレーションで埋めながら見る映画になる公算が大きい。 今までの<超能力者>を好きになったら、それは孤独にしゃがみこんだ超人と執拗にすがるギュナムイあなたの中の二つの顔だからだ。 私は個人的かつ唯一無二の存在であり、それはちょっと寂しいと信じるので、世の中を頑なにミルチョネかというと、まさにそのために世界をしつこく愛したりするの。


文: キムヘリ | 2010.11.16
by kazem2 | 2010-11-16 19:14