ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画「悪魔は見た」悪魔をみてしまおうというキム・ジウンを見た

☆cine21.comネチズンの意見
e0109292_20505030.jpg




"人間が想像できないし、また実行することができないボムジュェランない。"
"真のコミュニケーションは、アクグァウイ会話をあきらめてはいけない。"ㅡジャン・ジョンイル


まず、私はこの映画を非常によく見たことを言う。 この映画は、一言で『殺す』。

私はこの映画がそれさえも「行くところまで行ってみるの映画」と思って、一種の実験的な映画だと思うし、人間とはどのような存在なのか(特に、現在の社会を生きる人間たちが声楽的な存在である性腺のか)についての興味深い方法でアプローチする、そのような映画だと思う。

非難での意味ではなく、この映画は、いくつかの映画を連想させる。

最初に浮かんだのが、パク・チャヌクの映画だ。 <悪魔を見た>は、パク・チャヌクの復讐3部作を生んだの赤字であるか、復讐劇の第4弾として、次の例になったからだ。

『復讐3部作』で、パク・チャヌクは、着実に'悪'の領域を注視してきた。 具体的にどのような悪いこと(悪)がダルォジョトかグジルグジルに移すことはないが、代表的な<親切なクムジャさん>に登場した『偽善』を見てみよう。 この映画で、悪の存在ならば、当然百選生である。(白癬生がもっと無知ながらも、動物的な悪人にされたのが、<悪魔を見た>のライトレールである。)では、金子氏は、『線』なのか。 ではない。 クムジャは偽善的に周囲の仲間たちを包摂して、復讐に動員するために味方した。(クムジャは、刑務所内での殺人も躊躇し、レズになったりする。)偽善を利用して悪を悪しく報復して成功するという映画は、<親切なクムジャさん>と表示するときに、「わざと悪を装う」に'悪'を悪しく報復しようとしたが、結局失敗するという話が<悪魔を見た>とすることができる。(私は最後にスヒョンがライトレールに勝ったとは考えない。)もしそうなら、わざわざ行う悪(わざと悪を装う)は、決して純粋悪(または『絶対悪』)を勝つことができない、という言葉が生じることになる。 ゴア的な残酷な場面やホラー的なスリラー的な緊張感たちあげく、結局、この映画は、悲しみの情調に終わる。 復讐に成功(?)したスヒョンは嗚咽する。 <オールドボーイ>の烏鎮のように。

スヒョンは、なぜ泣いたのだろうか。 まず、復讐は行なったが、死んだ恋人は、結局、復活しないことを感じて。 か悪意を解いてもらおうとしたが、最愛の人はどうせ死ぬジョンジェギので。 第二に、復讐をしたいと思っていましたが、本当に自分がそのような恐ろしい方法で復讐行は知らなくて。 つまり、自分の隠された悪魔がひどいと驚くほど怖くて。 第三に、人間とは存在自体が野卑で残酷だということに震え打って。 どちらか正確に言うことはないが、このようなことが複合的にジャクヨンドゥェン感情ではないかとする。 (映画の最後は決して痛快ではない。私はこの終わりの場面でボクスラン結局、痛快なものではなく、無意味であり、人間とは結局、悲しい存在する、という話が浮上した。)

再び<親切なクムジャさん>で、クムジャは、元の仙人だったのか悪人だったのか。 オリビアハッセーが思い浮かんで負けたクムジャの善良な外見とクムジャが犯した(犯したと見て)ひどい誘拐殺人事件についての人々は憤怒する。 もちろん、クムジャが誘拐殺人を犯したわけではないが、それでもクムジャが船荷だけの被害者でもない。 クムジャは、最終的に悪魔的に白癬生への復讐を行う。 <悪魔を見た>で、ライトレールの老け時代遅れの顔は彫刻のようなスヒョンの美しい顔と対照を成す。 ライトレールは、凶悪な殺人、強姦であり、スヒョンは、彼の婚約者を失った犠牲者である。 だれが見ても、ライトレールが悪でありスヒョンがラインである。 しかし結局は、スヒョンまた悪魔的な復讐を行う。 絶対善と絶対悪は、ただ観念上でのみ(または漫画の中だけ)に存在する概念であり、我々は誰も住んで天使と悪魔の2つの顔を持つことができるということを二つの映画は示しています。


以下に浮上した映画は、ミヒャエルハネケ監督の<ファニーゲーム>だった。 もちろん、<悪魔を見た>の主軸を成す『ゲーム』の発想(犯人を捕まえてからわざわざ放し、犯人が快感(殺人、または強姦)を感じようとする瞬間ごとに表示されて性的虐待を置き、物理的に苦痛を与えようとしている)この<ファニーゲーム>の『ゲーム』と関連付けたりするが、この両方の映画にはもっとハード関連性が見られる。 まず、人間がどこまで悪魔的に他人を苦しめることができるかについて、二つの映画も、最初から最後まで追跡していく。 その過程を示す面が似ている。

<ファニーゲーム>は、一人の人間が卵を借りに来たが、卵を覚まして、再リースを行って、卵を与えることがないというとおばさんに真相をブリゲされる過程をしつこく画面に盛る。 文で書くとやや幼稚に見えるこのコースは、まるでドキュメンタリーのように画面上に憂いが込められていて、その過程は、見る人をとてもエテオゴ不快にさせる。 ただ、卵2つのために家族を極度の恐怖の中に追い込むこのコースはとても現実的で緊張感があり、また不便だ。 <悪魔を見た>また、このような過程を冷静に(?)を示す。 看護師の強姦シーンを見てみよう。 看護師が部屋に入って、ライトレールが性的暴行を開始するまでの時間がとても長い。 これは、<悪魔を見た>という映画が物語をいち早くお聞かせしようとする映画ではなく、任意の'過程'に執着している映画だと見ることができる。 他の映画(代表的にホルリュト映画)には、看護師が部屋に入る、ライトレールがロックを締める、その後すぐに、次の場面で看護師をレイプする場面を示すが、通常このように出てくる。 なぜなら、看護師を脅迫し、自分で服を脱がせて、そこに恐怖を食べて泣いて吹いて査定するの犠牲者の姿、性的暴行が行われるまでの全過程を濾過なしに見せるということそのものが、観客の(特に女性の観客の)反感を買うことができるからだ。 そして、それは多分過剰や余剰になることもある。 しかし、この映画でそのような『暴力の展示会'が過剰にされたという感じはしなかった。 すべての暴力の長いシーンは、ライトレールとは、人間の残忍性、また、この映画の(悪魔的な)色に忠実に捧げられる材料だった。 暴力のシーンだけが強調さや退屈な展示ができたら、映画と空回りする感じがしたはずなのにそんな感じもなかった。

そして、<ファニーゲーム>は、実験的な映画だ。 <悪魔を見た>また、ある種のそのような映画ではないだろうか。 人間がどこまでアクヘ質することができ、(それがわざと悪を装うかどうかは)、また、人間が耐えられる、邪悪な行為とはどんなものか、という質問の領域に立っては、そのような映画ではないだろうか。 一言で言えばどのような境界のポイントをノムボリョゴする、勇敢な映画ではないかという考えである。


河川では、多数の警察官が動員された姿、そして韓国の科学捜査隊がトリミングされた頭部を箱に入れている途中に倒れ婚約者の頭部が地面にゴロゴロと転がる姿は、<殺人の思い出>を、スヒョンが敵を巧みに制圧ながら一歩、ステップイン日(?)を管理していく姿は、<テイクン>を、スヒョンがライトレールの親の家を訪ねて行ったシーンは、<追い手>を連想して、ほとんどパロディに近い追跡装置追求するシーン(ライトレールは、トラッカーがあるかもしれないと、瞬間的に感じてゲル、まず靴を脱いで探してください)とハンマー - プラスドライバーの<オールドボーイ>が、ライトレールが人間を屠殺する場所、そして被害者の物品を収集している様子で、<デッドキャンプ>が、スヒョンがライトレールを車で拉致される場面は、間違いなく<募集>が、連鎖殺人者の生活(?)が出てくるという点で<ヘンリー - 連続殺人犯の肖像画>がそれぞれ浮かび上がる。 これは、非難の意味ではなく、<悪魔は見た>は、これらとは別の映画である。


そして、思い浮かぶ映画は、<高齢者のための国はない>である。 (お前のに近い『薬局』から約奪うシーン)<高齢者を..>のサイコパスキラーが韓国型化したものがライトレールとすることができる。 <高齢者を..>のキラーは、ただ一つの目的は、お金のために動く。 ライトレールは、ただの殺人や強姦のために動く。 <高齢者を..>のキラーは、お金を盗んだ奴を倒せとした無数の余剰、または偶発的殺人を犯す。 ライトレールまたスヒョンのために自分の生態系のラインと他の種類の殺人を犯される。 <高齢者を..>のキラーは、主人公をジュクイジンても、結局主人公の妻を殺す。 ライトレールは、主人公のフィアンセを殺し、最終的に妻の妹まで殺す。 <高齢者の..>は、最終的にはサイコパスの殺人犯を見せようとするのではなく、そのような混乱の存在が同時多発的に誕生した、サイコパスのような社会を言おうとした。 <悪魔を見た>は、そこに比べれば、さらに人間の個人的に近付いて、その内面を見せようとしたと考える。 (ここで、<高齢者の..>より<悪魔を..>がより現実的で人間的な映画だと思う。<高齢者の..>のキラーは、あまりにも無表情で、さらに冷静で現実にないファンタジー的な悪魔だが、<悪魔を見た>のライトレールは、あまりにも既視感が強い。我々は、しばしばニュースで、ライトレールの分身を見ていないが。)

<悪魔を見た>は、悪魔に復讐するために、自ら悪魔となったが、最終的に見せたくない自分の内面の悪魔城は、そのクムチクハムの前に内面がバラバラになったこと、そのような話かもしれない。 「覚えておいて ますますクムジクヘ質のよ。」スヒョンのこの言葉は結局、ブーメランとなってスヒョン、自分のところに帰っていなかったのか。



Ps:もちろん、素敵に見た映画だが、この映画には多少ブルギュンジルジョクイン場面や設定があり、以下の通りである。

@スヒョンのフィアンセは、あまりにもお決まりだから気に食わない。 (言い方からも朝のドラマである。)

@スヒョンの婚約者が死んだ後、職人の技とスヒョンがベンチに座って会話するシーン。 シーンや会話がすべて非常に朝のドラマである。 ある人は、この映画でゴオジョク場面の過剰を指摘するために、私はむしろこのような場面が鑑賞の過剰だと言いたい。 そして、この場面で、妻の妹の視線で画面が釣れることもおかしい。 その場合は妻の妹が、何か重要な人物として浮上するはずですが、妻の妹が何をしたというのだろうか。 もしそうなら、もしかしたら言葉だ。 スヒョンは死んだ婚約者よりも、彼女の妹を愛したことはなかったのだろうか。 そして、妻の妹も、スヒョンのお姉さんよりも愛したことはなかったのだろうか。 そう思うのなら、このシーンと、この後の場面が理解される。 妻の妹は、愛するスヒョンが姉の復讐を中断するように要求し、また、ライトレールは、悪魔的な嗅覚とそれを見抜いて、結局妻の妹まで殺してしまったこと。

@ペンションで、スヒョンは、釣りバッグから釣り針を取り出す。 黙って、バッグはドゥルナクバッグなのに取り出した針は、ルアーの針である。 そして、スヒョンはリルデを取り出すところで、再びドゥルナクスタンドを取り出す。 ドゥルナクバッグにリルデがあるのは譲歩ハゲトヌンデルアーの針だって! これでキム・ジウン監督は、釣りには門外漢であることが明らかになった。

@大通りからライトレールを拉致したスヒョンの車を、待機していた、その数多くの警察が追撃することができなかったのはコメディだ。


autsaida 2010.11.15午前06:11
by kazem2 | 2010-11-15 21:02