ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

映画「フェスティバル」主演のシン・ハギュンとソン・ドンイル

☆cine21.com
e0109292_18522161.jpg




恥ずかしがり屋と、どうしようか。 <フェスティバル>を見た後、少しは過度な衣装が必要だと考えた。 変態的欲求を秘めたこれらのどたばたと悲哀を描いたこの映画の中の人物たちの愉快な表情を見たいと思った。 俳優たちの立場ではバーバリーのコートと結構大きいレースが恥ずかしい場合は、そのような恥ずかしさが映画の中の彼らのボンジルイルだろうと合理化したりした。 シンハギュンが演じる警官ジャンベは、自分の無力に恥ずかしさを、性器のサイズで隠そうとする男だ。 しかし、実はそれほど大きくないというのが問題。 そうかとドンイルが演じたキボンは、マゾヒスト的な性的欲求を他人にさらすことを恥じている。 しかし、事実上自分が自分の姿を先に恥ずかしがり屋のジレンマに陥っている。 懸念とは異なり、二人の俳優は全然恥ずかしされなかった。 若手イケメン俳優たちがスーツ足を誇るよりも自信があふれて見えた。 ほんの少し、それらのバーバリーのコートを着てみたいという衝動を感じた。

文: ガンビョンジン 文: ジャンヨウンヨプ 写真: チェソンヨル 2010.11.15
by kazem2 | 2010-11-15 18:52 | Comments(0)