ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

【ソウル=ニューシース】異聞院の文化批評

☆issue.media.daum.net
悔しいだと? 有名人や芸能人はあっても安い
e0109292_1965998.jpg




ソーシャルネットワーク Facebookの 創業者のMark Zuckerbergの話を取り上げた『社会的ネットワーク』が18日、国内封切りされる。 『ソーシャルネットワーク』は、米国での封切り前から大きな話題を集めた映画だ。 素材になったのMark Zuckerbergという人物そのものの話題性ドクイオトダ。

全世界207カ国にもわたって、約5億5000万人の会員を擁する世界最大のソーシャルネットワークの創業者、250億ドルにのぼる企業の価値、26歳では約69億ドル(日本円で約8兆円)の財産を保有することにされた史上最年少の億万長者...、この程度の顕著な人物の実像を掘るにはコンセプトだったので、むしろ注目されていないことが不可能だった。

映画が公開されると、米国のメディアは一斉に好評を吐き出した。 ロートンのトマト の集計によると、英語圏の250人の評論家のうち243人(97%)が好評だった。 アワードデイリーオペレータサーシャストーンは、『社会的ネットワーク』をオーソンウェルズの『市民ケーン』にギョンジュギまでした。 それとともに『社会的ネットワーク』を「王の演説」、「127時間」と一緒に2011年のアカデミー賞作品賞の有力候補に挙げた。

このような批判系のファイルを開くと、Zuckerbergは、本人の話題性に支えられ、『社会的ネットワーク』は、興行でも良い反応を得ているのに成功した。 特に商業的素材と身近なアプローチを持たないれていないにもかかわらず、映画は封切り初週、北米では2244万5653ドルを稼ぎ出し週間興行1位を占めた。 12日までに北米地域で8651万6683ドル、海外収益を合わせて1億5195万9076ドルを稼いで気炎を吐いた。 製作費5000万ドルのドラマにしては大変な成果だ。 さらに、アカデミーのシーズンに合わせて封切り館の拡大に入ると、北米地域の1億ドル突破も可能になると予想される。 『ソーシャルネットワーク』は、批判や興行、二匹のウサギを一度に手にした今年の「Eat」映画になったのだ。

しかし、このような雰囲気とは別に『社会的ネットワーク』は、公開と一緒に継続的な論争の種となっていることもある。 さすがに映画の中のZuckerbergが、実際のZuckerbergとの共通点があるのかということだ。 一応映画に登場するZuckerbergの元恋人エリカオルブライト長官は、実在の人物ではない。 Facebookの創業の心理的な要因を設定するために入れたデバイスであるだけであり、実際のZuckerbergは プリシラ チェンイラヌン中国系の女性とFacebookの創業期から現在まで着実に関係を維持している。 もちろん、映画の中ではプリシラチェンの存在自体が削除されている。

映画の中のZuckerbergは、上流階級の家庭出身の学生たちに常にコンプレックスに悩まされるという設定も、一見わかりにくい。 実際のZuckerbergは、母が精神科医、父が歯科医になり裕福な家庭で育ったからだ。 また、映画の中ではZuckerbergが、コンピュータにしか分からない一種のオタクのように描かれているが、実際のZuckerbergは、高校時代からの古典文学に傾倒し、ホメロスの『一理アドバイザー』を暗唱するのが得意だったし、フェンシングチームキャプテンを務めたこともするなど、活発な活動を示した。 Zuckerbergがハーバード大学内の評判のソクルインファイナルクラブに入るために没頭したという映画の中の設定も、事実と合わないという指摘が多い。

一方、Zuckerbergは、ハーバード大学内のWASPのグループに挟まなユダヤ人の家庭の出身という点と、それに従うのジレンマは、むしろ映画の中では全く取り上げられなかった。 このように、中心の茎と基礎人物設定から、実際とは差がついているのでZuckerbergは、本人さえも"映画の中で記載されて、実際の私の共通点は、服の用品類だけだ"と評したのだ。 しかし、このような批判に対し、脚本を書いたアーロンソキンウイの反応は冷淡である。 "正確性と正確性を問う人々にも重要なもの"という立場だ。 一言で『映画は映画であるだけ』というのだ。 Zuckerbergは本人さえもこれに大きな変動はしていないのが実情である。 様々なメディアを使って、実際の自分との相違を表明したものの、『社会的ネットワーク』に名誉毀損の関連で訴訟をするとかではなくている。

振り返ってみれば、この種の議論は、アメリカの映画ではいつもてきた。 『ソーシャルネットワーク』は、これといった特異な事例ではない。 2002年のアカデミー賞作品賞受賞作『ビューティフルマインド』も同じだった。 ノーベル賞を受賞した経済学者、ジョンナッシュの実話をダルォトジマン、一旦ナッシュの妻が夫の精神障害でも、いつも彼のそばを保ったという設定自体からして事実と異なっていた。 さらに、発症後に吐くドンソンエジョク傾向を見せたが、映画の中ではもちろん、そのような部分は扱われなかった。 この他にも デビッドヘルプガトの話を取り上げた『シャイン』など、より露骨な歪曲の事例がいくらでもある。

韓国の場合を振り返る。 韓国は事実上、この種の『果敢なフィクション』がほとんど不可能な環境である。 現在生存している人物の場合は、まさにドキュメンタリー的な事実性を確保しなければ、そのまま批判の俎上に上がることになる。 そのためか、生活の人物を扱った映画やドラマ自体がよく作って脂質しない。 ほとんど存在障害者の人間勝利のコンテンツだ。 一見理解ができない状況だ。 米国は、文字通り、訴訟天国である。 少しだけ自分の名誉が毀損されている状況が行われれば、すぐに膨大な賠償金をかけたの訴訟が行われる。 それでも映画は、継続して実在の人物の物語を大事にし、平気で事実を歪曲してしまう。

一方、韓国は、実在の人物の話でもない、フィクションの『春香伝』をモチーフにした'バンジャジョン'を置いても、原発を歪曲したとの反発が入ってくる。 どうしてこのような現象が起こっているのかな?

通常、このような状況の解釈は類似している。 映画ドラマと実際を明確に区別する欧米や欧州の成熟した文化意識、米国憲法修正1条と表現の自由などが取り上げられてものだ。 しかし、本質的な答えは、ちょっと他の部分にある。 いわゆる『セルリセレブリティ』の概念の定着かどうかだ。 韓国では、様々な著名人たちに『公認(公人)』という不思議な概念をつけているが、これをあえて米国式に移動すると、セルリセレブリティ(Celebrity)だ。 文字通りの『有名人』程度の意味だ。 ところが、このセルリセレブリティのためのSEOの認識は、少し特異である。 韓国は、公認の社会的義務と責任を要求しているが、西欧ではセルリセレブリティたちに寛容と寛大さを要求する。 特に、メディアと大衆文化界のアプローチについて、そうだ。 みんなの羨望を受ける有名人を置き、一度『遊んで表示する]普及しているニーズに手当をベプルラというのだ。

韓国で芸能人が自分の稼いだ収入の一部を寄付するなどの方法で社会に還元しなければならない雰囲気がある場合は、アメリカでは自分を悩ますTVショープログラムや自分自身を歪曲した映画やドラマなどを放っておかなければという雰囲気が存在するというのだ。 もちろん、これに従わないことによって、あえて無情だという評価をバトジンが、セルリセレブリティの立場からも、この種の歪曲と批判は、むしろ得になることができるという判断を下している。 何かとびきり私は、才能があって成功を収めてセルリセレブリティがあったが、一応セルリセレブリティとして認識されると、まさにその点のおかげで成功を続けていくことになる構造が用意されているからだ。 そうしたらセルリセレブリティ性の維持を中心に考えてみると、「すべてのニュースは良いニュース」、「すべての関心は良いの利益」という立場に立つようになり、自分自身を台無しに歪曲してデゴンオチョゴン'、世間の話題』になれば無条件良いという計算をすることになる。

韓国はこのような構造が成立になっている環境ではない。 ブリトニースピアやパリスヒルトンのように手錠をはめて刑務所に入ることさえセルリブリチソン維持につながる構造はおろか、何か社会的な問題が生じた時、その人物と、彼の事業領域は、二度と回復できない打撃を被ることになる。 だから、寛容と寛大さにも施すことなく、自分の生活を取り巻くすべての種類のアプローチに神経を尖らせしかない。 韓国の環境では「社会的ネットワーク」のような映画が絶対に出てくることができない理由だ。

ここで一つの興味深い点が藁をする必要がある。 現存の人物さえ歪曲する『ソーシャルネットワーク』を作り上げることができるアメリカでも絶対に歪曲することができないコンテンツがあるという点だ。 まさに米国史(史)関連コンテントゥダ。 理由は単純だ。 実際の歴史を大事にする時、そのコンテンツは、まさに教育的効果を出すようになる。 特に、TVドラマが深刻だ。 こうした点を勘案し、CNNのテッドターナーが製作した内戦の関連コンテンツ『ゲティスバーグ』は、事件の進行過程と時間の配列までも、ことごとく事実に正確に適合するように編集証跡の努力を加えたもので、 ワイアットアプローチが活躍していたOK牧場の決闘も、 1950〜60年代のロマンチックなアプローチへの批判が強く起こり、1990年代に至って、実際の状況に限りなく近くなるように変換される。

しかし、韓国はむしろ時代劇の歪みについては、寛大な方だ。 昨年MBC TV『善徳女王』は、初めからの歴史には存在しないの設定をはさんで入れて、現実の政治風刺劇によくしていって、KBS 2TV『千秋太后』は『現代的な女性像』を付与するために、千秋太后をジャンヌダルクのように扱ってしまった。 『大祚栄』『朱蒙』『淵蓋蘇文』など、高句麗を扱ったドラマは、特に歪みの程度がひどい。 これに対し、歴史学界や教育界では、いつもの反発があってきたが、それでもこのような歴史歪曲は続いている。 これにより、確実に'被害'見る人がいないからだ。

米国が『映画は映画であるだけ』を叫ぶの部分につきましては、話すことができないほどに敏感にしながらも、米国が敏感に、ここでは部分につきましては、むしろ「ドラマは、ドラマのマイルだけ」を叫ぶことができる、韓国と米国の間で正反対の文化環境の一場面である。

大衆文化評論家fletch@empas.com 入力 2010.11.14 08:02
by kazem2 | 2010-11-14 19:07 | Movie