ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画「超能力者」あなたはカン・ドンウォンなのかコスなのか

☆issue.media.daum.net
  世の中を見て、2つ目は、相違または等しい
e0109292_21322867.jpg




[OSEN =貞徳県の四角い世の中]
あなたに『違う』ということはどういう意味か。 記載されて異なっているので、あなたは彼を排斥するのか。 それとも逆のような点を捜すことか。 『超能力者』は娯楽映画の外皮を持っているが、その凝り固まったをむいて後は、その中にはかなり真剣な質問が含まれているということを発見することができる。 タイトルは『超能力者』ですが、その他人を見るだけで操ることができる能力を持った超人(カン・ドンウォン)が片方の足がなく、義足をはめているのはアイロニーだ。 また、その超人的能力が唯一の及ばないただ一人、イムギュナム(コス)が最後に電動車椅子に乗ることも、アイロニーだ。 なぜこの映画の超能力者たちは、その莫大な力を持ったにも、まるで、障害を持つ人たちのように描かれるのだろうか。

『超能力者』は、人間以上の能力を持った人々が登場するが、他のスーパーヒーロー映画のように、彼らが地球を救うか、滅亡させるか、という話には登場しない。 スペースも全地球的に拡大されておらず、ソウルのある空間、それも立てた上ガーナ市場通りなど、極めて庶民的な空間に限られている。 目で人を操ることができる能力を持った超人がするのは、地球を手に入れることはない。 ただジョンダンポナ社債を貸してくれる会社、銀行のような所を振って食べて暮らすのが、彼がすることだ。 彼には野望がない。 ちょうどこのように他の存在として生まれ、別の方法で生きていくしかない世界への呪いがあるだけだ。 地球の混乱の欲求が去勢された超人が付いている唯一の欲求は、他の人のように普通に住んでいるのだ。

したがって、この映画は、非凡さが付いている欲望とその欲望の適切な使用、つまり定義のではなく、逆に非凡さが相違され、相違が差別される社会の話を取り上げる。 もう一つの軸に立っている非凡な存在、イムギュ男が外国人労働者たちが付いている兄弟で、生きていく人物というのは、だから意味がある。 イムギュ残りの他の存在につきまして(実際に記載されて、他人にはすべて、他の存在だ)、他のことをして、より、のような点を追求する人物だ。 彼は他人と共感しようとしてコミュニケーションしようとする。 したがって、ある日出くわした超人が『違う』は、その特別な能力を持ったという理由で人を勝手に動いて殺すことにイムギュ残り憤慨している。 興味深いのは、超人が他人を存分に殺すことができるのは、それらを'別の存在』として認識するのであるが、イムギュ男が通り過ぎる通行人の悲惨さを防ぐために死ぬかもしれない状況に身を投げることは、それらをそれでも'のような存在』として認識するからである。 だからこの映画は、超人とイムギュ南の『相違』のさまざまな認識の戦いのように見える。

このような真剣な質問が溢れる『超能力者』は、だから、ただのスーパーヒーロー物を期待して見る観客の後頭部を打つ。 対決のジェットコースターを楽しく疾走するのではなく、他人の前で何かを選ばなければならない葛藤状況が続く展開されながら、私たちに質問を投げることだ。 しかし、この質問を真摯な気持ちで聞いていると、後に"他の人たちとはちがうんん本当に大変だなあ"と頼む超人と、その異なっていることを差別と認識する超人にさえ、"お前の名前が何か?"と問うイムギュ男の意味を持ったのセリフが与えられる理性的な快感を持つこともある。


『超能力者』の、その能力が目に始まるのは、この作品が持つメッセージを明確にする。 『超能力者』は、世の中を見る認識の問題を超人とイムギュ男の対決として描き出すというのだ。 世の中に私達はすべて別の存在として生まれる。 そんな私たちが他人を見る目は二つだ。 彼らは自分と違うという見方と、彼らは僕と同じという見方である。 別のポイントを探しの視野を20世紀までの分類の時代をリードしてきた場合は、同じ点を見つけるの視野は、21世紀のトンソプウイ時代に開かれている。 今は、 ジェレミーリプキンが表すように『共感の時代』だ。 あなたの目はどちらか。 それでも、他人と私を区別し、それをさらに差別にまで、ここでは超人の目である、あるいは他人と共感するイムギュ男の目である。 カン・ドンウォンの点滅ですが、どうもエイリアンのような目である、または、コスのフリモンドンヘ見えても、なんとなく情感に行く目である。

ジョンドクヒョン大衆文化のコラムニストmansuri@osen.co.krブログhttp://thekian.net/

OSEN | 入力 2010.11.12 15:46
by kazem2 | 2010-11-12 20:55 | Movie