ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[キムヘリの映画の日記]見知らぬ人に露出され、欲望

☆cine21.com
e0109292_2029820.jpg

                 バッハ以降の音たち




10月22日

高校3年にわたって手紙を取り交わした中学校卒業生のYは、実に久しぶりに展示会をするのデビッドフィンチャー監督の<ソーシャルネットワーク>時事と重なってしまった。 映像は見られますが、友人と会うことはできなくなった。 オジェトバムマンしても、Twitterの近所には、寝室の電球を耕ケトゥリョトネ、ソスルバラムイ窓辺に吹いてくるシシコルコル増えてた私は長いボトエゲンこの形態である。 別の例見つけて目ブルプトゥルこともなく、私はまさに世相(世态)だ。 だから今日、人々は、直接歳マトデジまま[接続]になることを願って、クラブのメンバーとなることを望む。 私達がよく分からない、これを優先するのには理由がある。 よく知らない人は、恐れる必要はない。 彼らは私を離れたり、サンチョジュルから。 今の世代が最も恐れている言葉は"あなたに反対する"、"私と戦おう"ではなく、ブロック(block)、あるいは絶縁(disconnect)のような言葉だ。 <ソーシャルネットワーク>の主人公であるフェースブックの設立者のMark Zuckerbergは、このような大衆の欲望を見抜き、ツクタクツクタクアルゴリズムにしてしまった天才だ。 彼が作ったのは、完結された実体ではなく、鎖を接続する方式であり、世界中の人々がその中に飛び込んでいると、フェイスブックを作成して進化させた。 つまり、『Facebook』(facebook)は、名詞ではなく動詞になった。 '動詞'といううごめく表現で、希望を見るジングロウムウル見るかは選択事項である。

Facebookの事態に巻き込まれた多くの人々の発言を集めた映画<ソーシャルネットワーク>は、全体的には<羅生門>の複雑で微妙な変形で、室内のシーンに限定すると、<12エングリトップ>も連想させる。 方、分極された人物のMark Zuckerbergは、寒冷な心を抱いて残るアメリカンドリームの実装育つ点では<市民ケーン>のチャールズフォスターケーン、<偉大なギャツビー>のギャツビー、<ゴッドファーザ―>のマイケルコレットオネ、<ゼアウィル雨ブラッド>のダニエルプレーンビューと一系統に所属しているといってもいい。 映画を一度見た直後の迅速な印象を刻むの要素は、アロンソキン作家が書いた台詞だ。 ハーバードの横柄な英才教育は、二つ三つのことを抜き去りながら制圧する話をする。 謝罪や感謝をしなければならない時にヨンケ他のトピックを見つけて会話の枝を打つのもジャンギダ。 場合によっては、彼らが口の中で転がしているのが言ってるのかみそりの刃かどうか知ることができない状況だ。 たぶん、この映画のシナリオの厚さは平均の2.8倍ではないか。 <ソーシャルネットワーク>のミョトギョプシクエンコードされたセリフを聞いてみると、私の口から出てくる密度の低い言葉は、代替マルイルカろばなのか劣等感が襲っている。

10月23日

押入れの表示順序発見<魔女の宅配便> DVDプレーヤーに挿入して横目にみながら床を拭く。 部屋の床をゴルレジルハルするたびに、[完了]誰かに電話がかかってくるといいのにと思う。 <嫉妬は私の力>で、何をするのは、安否の電話で"部屋のふく"の三文字に応対していたパクヘイルのクールなセリフを一度自分の口でやってみたい。 ジブリのアニメを見ていたら、かつて少女だった私の中でも、眠った魔女があるそうで肩をすくめるとなる。 久しぶりにまた本魔女のキキは、私の記憶よりもはるかに不安定で神経質である。 そういえば、そのほうが自然かも。 なんだかんだ言っても、キキは、他人の大都市で生まれて初めての独立をしようとするヨルセサル少女だから。 また、他の宮崎駿アニメの主人公風の谷のナウシカカナもののけ姫が母性愛の代わりとしても遜色のない偉大な少女性を実装しているキャラクターならば、キキは、偶然にも、魔女の家系に生まれ、平凡なヨジャエダ。 もっと待てば、キキはちょうど町に出て仕事を探して大人としての生活を開始しようとする若い現代女性の肖像である。 彼女が定着を図る都市キリコは、ロマンチックなヨーロッパ各国のきれいな画像を集めた街の風景としての少女の想像を膨らませてるけど、いざ人々は冷淡である。 彼女は空を飛ぶことができる素晴らしい才能があるが、それだけでは、自らを維持することができない。 ゆえに、社会的な観点では'無益である'。 都市に適応しようと努力している間、本来持って生まれた能力は徐々に失われていくのに、代わりに何を得るかは不確実でヒステリーのカールれるキキの姿は、若き日の時点での生活の根拠地をオムギョボンすべての人になじみのあることだ。

過去不可能だったいろいろな種類のカメラの動きと3次元効果を出すことができる、今もジブリのアニメーションの飛行シーンはどきどきする。 キキは、建物の屋根を蹴って反動を利用して飛んでいく方向を回したり、ベングルルほうきを逆さまに上がるとき、そしてグライドを終えて床に第一歩をディディヌン着陸の瞬間には、触覚さえチョングト立つ。 現実的な重力の記述に飛行する首謀者の気持ちを軽くボテンような形状の演出である。 同様の例として、宮崎の作品では人物の感情が膨らむときチマトジャラクと髪も空気を浮かべて膨らむのですが、そのたびに尻馬に乗って自分の胸にも薫風がしみる。 アニメーションでの動きは、フレーム、1フレーム人為的に工夫されたのだ。 これは、一般的に偶然とノイズを含む現実の動きをそっくりそのまま盛る実写映画に満たないアニメの弱点とされる。 しかし、逆に考えると、人間の意志でひとつひとつの刹那を設計して完成した動きには、どこか印象的な面がある。 生気の存在をこれほど憧れて神格化する作業もないのではないか。 聖書の中のシーンを細かく化で、長い時間をかけて、装丁していた修道士たちは、アニメーターたちの全身のではないか? 2001年に作られた100%のCG映画<ファイナルファンタジー>がだまさで悪口を食べていた頃、"昔のいくつかの映画でも人間の男性と女性を表現するのにこれほどの値を払っていない"とし、その意義に感激していたジャンマルクラルランの文を思い出す。

10月24日

"今年の10月には5回の金曜日、5回の土曜日、5回の日曜日の両方が一ヶ月内にあり、これは823年ぶりの仕事だから8人のいい人に送信すると、4日以内にお金が起こる"は、中国の風水に基づいて文字のメッセージが、一部の映画関係者の間で回っているようだ。 L監督がP監督から受けたとし、Twitterにアップロードしたのと同じメッセージを夕方頃J監督が携帯電話で受ける光景を目撃したからだ。 以前『幸運の手紙』の風習の整数(精髓)は、何よりも災害が恐ろしい残りぺちゃくちゃながらも七通の手紙を必死にして自分の利己心とソインベさを削減する時にいたのに。 社会的なネットワークシステムが毛細血管のように広がった頃こそ여덟명転送くらいこともないから自然な反省の時間もはないだろう。

10月26日

ヨハンゼバスティアンバッハの音楽は、ドキュメンタリーからスルレプスチクコメディまで、あらゆるジャンルの映画にすばらしくよく似合う。 <ダイハード>に流れた<ブランデンブルク協奏曲>だって! 旧式ながらモダンで、無邪気な、同時に理性的な音楽だから可能なことであり、特定の感情にモトバクヒジれていない音楽なので、持つことができるプムイダ。 カタロニアノジャンペレポール他のベラの<バッハの前の沈黙>は、バッハの音楽の物性(物性)への注意を引きつけるという点で記念に値する。 ドキュメンタリーとフィクションをひっくるめて、音楽についての映画を標榜するが、演奏者と作曲家の人生についての映画に帰結されるようにマリョンイン通常の音楽映画と違ってポール打鐘という楽器と音楽の間に掲載されている人間を削除したり、一つの変数だけを扱ってている。 エピソドゥシク構成の中にはバッハの家族の再現ドラマを含め、人物が登場する短編が多いが、最終的にダダルヌン感情はメロドラマに浸潤されていない決して擬人化することができない音楽自体のインスピレーションである。 ポール他のベラがとらえたの機械装置からの音楽が発生している純粋な光景は、音声だけを鑑賞するよりも、むしろより多くの音楽を身近に感じさせる。 カメラの先に車輪付きの自動演奏ピアノが近づいて好みの導入部と、私たちの目が楽譜を読むのと同時に耳がそのシルヒョンイン音楽を正確に受け入れて演出した最後の場面だけでも、<バッハの前の沈黙>は長く体の中で共鳴する。

文: キム・ヘリ 2010.11.12
by kazem2 | 2010-11-12 20:29 | Comments(0)