ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[チウンの『最近の臨時の頭の中に入るつもりだよ']短編小説:葬儀場に行った日

☆cine21.com
ある女性の友人母親喪条文のエピソード
e0109292_2014478.jpg




#文字を一通

目を開けて、携帯電話を開けると、文字が4つも来ていた。 どうしたんだよね。 それぞれ別の送信者から送信されたような内容の文字。 「XX母親スクファンで逝去。 XX病院葬儀場31号。 出棺水曜日」 女性はすぐにあちこちに文字を送った。 『何時に行くんだ』、『誰と行くんだ』。 調査の結果、既に出発した人もいて少し遅れて行く人もある。 そちらについておいありますね。 「出発する頃にはついといてくれ」という文字を最終的に女性は素早く準備を開始した。 素早くシャワー、素早く水気をふいて、素早くクローゼットから黒い長袖のワンピースを取り出した。 素早く服をフルゴは、完全ダリル必要はないね。 これは女性が持っている服の中で一番の葬儀によく似合う服だ。 実は唯一の似合う服だ。 女性のワードローブには、ぴったり二種類のオトバクエない。 一つは、とんでもないムデボク。 手前がペトゴナ、またはひも(?)だけか、背板がないか、前面が完全に輝くか、フルカラー、または、二重の数々を同時に満足させたり...。 その他には、完全にばかげてチュリニングプ服。 礼儀に反するほどの薄い化粧を手早く終えて靴を扱っている。 スニーカーが圧倒的に多くの女性の下駄箱で、唯一の選択肢は11cmムデヨンハイヒールだけだった。 それが唯一の黒の靴ですか。

女性は一緒に行く友人に交通費としてバナナミルクを一つ握ってくれた。 コンビニATMでお金を捜すついでに目に留まり買った。 女性の出発地は、ソウルの西の端、そして病院は、東の端だった。 長い川辺北路を午後6時退勤時間の速度でのろのろと走った。 車の中で、友人や彼の母親の話は一つもしなかった。 彼らが交わした話だとは精々、酒は左にドルリナ右にドルリナ。 でも、最近盃ドルリナ? 彼は宗教が何だったよ? キリスト教だっけ? あご両親は、他のジョンギョイルこともできない。 なんだか仏教のだが...行ってみればわかるまあ。 しかし、彼の兄弟が何だったよ? お姉さんがいた。 そう私は会ったことあるよ。 一人だったのか二人だったのか。 ところが、封筒は、そこにいるんだろう? いくらにするんだ? 5万ウォン? 何時に席を開かなければ帰りのマクヒルカ? ああでも、最近の会社はどうなの? こんな留意あえてしなくても良い話だった。 近くの人の近い人が亡くなったのは女性には初めてのことなので女性はただ戸惑うばかりだった。 『悲しい』、『大変だ』という考えは、頭の中に入るが心につながってはいない。 女性は友人に彼の母がたくさんピョンチャンウ時という話を何度も聞いたが、それは死につながるとは思っていなかった。 女性は、まだ『私たちは、いつの日かすべての先端を右になる』という当たり前の事実が届かないいない年齢だった。 話が少しの間切断され、窓の外を見ると、川で63ビルが見えた。 ビルのてっぺんには、すでに濃い黒、根元には、まだ赤色が残っていて、その上には細めの青のグラデーション。 秋の夜と冬の夜の境界線だった。

#奇妙なことだね

菊の花輪は、廊下の両側をいっぱいに埋めていた。 鼻を突く香りに花輪には、調和を書いていないんだなと思っていた。 コンビニのすぐ隣にBierカニがいることに驚いたが、考えてみればこれも当然のことだ。 女性はやっぱり、この靴は普段の神ではないと思って廊下を歩いた。 グラグラニヤニヤと靴を脱ぐが常駐の場に立っている友達を見た。 友人は、大きな洋服を着ていたがサイズが合わなくて、まるで父の洋服を着た男子中学生のように見えた。 おしゃれなので、体にぴったりな服ばかり着ていた人がどうしてあんな服イプオトウルコし、心の中で舌を冷たいが彼と目が合った瞬間の女性の心がクァルルン落ちた。 その目は母を失った動物のそれだった。 それを見てようやく「母親スクファン」という単語が「私の友達は、もはや彼の母親と一緒にいることも、話をすることも、内部をすることもない」と同じ意味であることが分かった。 どうしようかと、私の友人は、もうどうしようか。 急に涙がいきなり出た。 突然の感情の温度変化に女性も当惑した。 最大限のドゥルキリョゴ背を向けて密かに手のひらで顔の水を拭き取るのに一緒に行った友人が菊の花を渡した。 前をみると、最初に来た人々が花をおいた後、ムクニョムマンしていた。 ああ、酒は内部回してもなるんだ、女性は安堵した。 なぜなら、結局、どちらの方向に回すのが正しいかどうか調べていなかったからだ。 友人の母のきれいな白黒の写真の前に菊を置いて黙祷をした。 まるで小学生のように「もいいところ行ってください。 そして友人を守ってください」と祈った。 女性は友人の家族に挨拶をして白く腫れた顔の友達と握手をした。 手を握ることでは足りない気がして友達を抱きしめた。 失礼かもしれないけど長くギュッ。 女性がよろけて隣の部屋に行き、家族は友人を追及し始めた。 代替その女性は誰なの。 なぜなら、女性が自信を持って選んだワンピースは、長袖の黒の胸も廃止おらず、長さも膝の上に断定したが、実際に太ももの奥トゥイムが入っていたからだ。 女性はその程度トゥイムは、すべての服に入っていると思っていたようだ。 着てきたコートも富んでいる灰色のアルパカなので、きちんとしたイメージよりボクブイン側にはるかに近かった。 そして、友人をするというの熱い抱擁は、おそらく一番前で苦労していた彼のガールフレンドの心を不快にさせたのだろう。 女性の足りない部分がまさにこのような場面だった。

女性は部屋に入るとすぐに自分たちが泣いたという事実がひどくきまり悪くなった。 知人たちが見知らぬ黒姿でじゅんと座っていた。 視線を避け、隅にアンウニ親しいお姉さんが"お前も泣いたんだね。 私もその子の顔みたらちょうど涙が出るよ"と言いながら手を取って再いきなり上がってきた女性は、今回は、よく我慢して出した。 テーブルを殺さフルウニ誰かは、すでに顔がボルゲトゴ、誰かはパルス名にした。 誰も彼と彼の母親の話をしなかった。 女性はいつ泣いたかと言うようにすぐにコロコロとうなって冗談をしても、虫によく仕事の話まで持ち出した。 こちらは餅前ピーナッツが無限におかわりされている居酒屋のようだった。 奇妙な雰囲気。 人々が少し抜けてようやく友人は、しばらくお尻を付けることができる。 友人は、まだ実感が出ないと言った。 『恋愛だ別れた翌日のような?』という言葉が浮かんだが、そのような話をするほどに鉄がないわけではない女性は、言葉をぐっと飲み込んだ。 過度に明るくても、過度に暗くもなく、先頭になる言葉を見つけるのは容易ではなく、不動産関連の冗談を言った。 友達がちょっと笑って幸いだった。

女性はなぜか、ここに長くいちゃいけないと考えていた。 長丁場のためにコーヒーが必要だった。 この中で、女性は自動販売機のコーヒーは飲まないと、ちゃんとしたカフェラテを売っているところを見つけることを多くの人を気にした。 入り口で、スマートフォンで小さく音楽をかけて天井を見ていた姉の夫はアメリカーノをお願いした。 病院のテイクアウトのチェーン店には行ってみると、すでにドアダトアトゴの向かいのブロックに、他のチェーンがあるという話に女性は喜んで8車線の道路を渡った。 ああ、11cmハイヒールは本当に日常生活での神ではなかった。 コーヒーを注文してしばらくも座って待つの狭い店を見回してもどこかの空のテーブルがなかった。 一人の男が店の真ん中に頭をトルグゴに座っていた女性の記憶が正しければ、さっきちょっとヌンインサをしていた姉の夫の2だった。 やはり何と言っていいのか分からないことによって女性は、快適さがないことを知ってもあいさつをせずコーヒーだけちゃんと出てきた。 姉の夫としての葬儀場を守る心はどうだろうか。 ああ書いても深い。

#ホトホトハム

余計な話は続いた。 しなければならないための物語。 みんな平気で変だった。 夜明けになってからの女性は席で起こった。 女性はホトホトさを感じた。 こんなときに『知人がどこで酒飲んでいることをアスタリスクで表示されているアプリケーション'があればいいと思っていた。 金君、現在の青瓦交差点焼肉屋で走るのうち(二時間目)、パクヤン現在の定数の近くのカフェで走るのうち(1時間半経過)、チェグン祠堂の近くビヤホールで走るのうち(5時間目)。 今までぴったりとしていいのに。 こんなときに団体の文字を送信することもないし、Twitterに今すぐお酒を飲む人の手の入ってラと書くこともないし...。 女性はヒュデポンマンずっといじったてた。

おとなしく家に帰ってきた女性の心は何度も席から10cm程度外れていた。 今日の夜までに完成しなければならない文書があったが、女性はしきりに気にもしないのニュースページをクリックした。 急に久々に知っている後輩に連絡が来て、疲れにくくチュルチュルハンついでに素晴らしいことだし、ジャージの上にウィトオトマンかけて彼と彼の仲間たちの酒場に向かった。 すでにお酒の席ではクトパンだった。 泥酔、気絶、シニカル、明るいトーンの苦笑等。 女性はできるだけ気さくに皆と挨拶し、残りのおつまみを吸引しようとしたが、酒の席はすぐに終わった。 後輩の会社の同僚は、『お二人に、まず起きてください』と言われ、女性に酒に酔った後輩を渡してくれた。 私たちは一緒に帰る予定がないんです、という女性の言葉はあまり説得力のように受け入れられなかった。 悔しい気持ちで委任状の記事を呼んで後輩をきれいに送り、女性は24時間のカフェに一人で座った。 隣の席の女の子二人(2年前のイヒョリのような姿の)最近のたて学んだブービーブービーについて熱い会話を交わしていた。 窓の外が明るくなってきた。 女性は知らない人とブービーブービーをして、席を移して本格的にブービーブービーをする感情を初めて少し理解したような気分だった。 泥酔し、知らない人の横で眠りに入る、心も、今は少しわかるようだった。 今日だけは必ず生きている人のそばで眠っていきたいと考え、女性は朝になったのに、テーブルを離れる考えをせずにそのまま座ってずっとブービーブービーの話を聞いていた。 少女たちが女を置いて家に帰ってしまうと願う願って。

奥地には(ミュージシャン) の歌詞を書いて曲を作って歌を歌う人。 2枚のソロアルバムを出し、現在の「かは、との狼たち」のオリジナルアルバムを作成しています。 旅行好きで、本<北海道普通列車>を書き、漫画が好きで、<コーヒー一杯><土星マンション>などを翻訳した。 只今三十の世界に入り、最近は特に分かるようになったのも、知っておくべきことも多くなった。


文:チウン(ミュージシャン) 2010.11.12


イラスト ガンボナ
by kazem2 | 2010-11-12 20:14