ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

映画「フェスティバル」レースが素肌に触れて...ああああああああああ

☆cine21.com
e0109292_22355643.jpg




結婚20周年記念プレゼントとして妻に与える下着を買うが、何らかの理由で何故かそれを本人がそのまま「着てしまうの」国語の先生、グァンロク。 シナリオを書く時から「グァンロクイラ書いオダルスラ読む」というジョークで始まったこの文字は、文字の指紋の最初の文をモニターに上げた瞬間から、撮影最後のOKの分まで一度も悩んだり、躊躇する必要はなかった。 カーブ度なしでひたすらジクジンマンており、正確に、そこに旗をさすことに成功した、高純度の「初心のままのキャラクター」だ。
e0109292_22381313.jpg

              ランジェリーマニア、グァンロク役のオ・ダルス

もしあなたが、オ・ダルスという俳優と女性の下着を同時に思い浮かんだが不快感や不気味な絵が描かれたとすれば? 私はそれを『暗算の限界』とすぐに返事する。 女性の下着と一緒にカメラの前に立ったオ・ダルスの姿は、爆発的に笑わせたりするが、同時に、おぼろげに美しくまでである。 さらに、特定の場面では、まるで妖精の転移のように神秘的で霊験までである。 それはまるで映画<アバター>の視覚的なショックとビギョンハルこともあるんじゃないかと思う。 写真を見てください。 あそこにすき間が果たしてあるか? <フェスティバル>で、美学的に最も完全なミジャンセンは、まさに'グァンロク役と呼ばれたオ・ダルス'そのもの、その姿だった。

2010年11月9日
by kazem2 | 2010-11-09 22:36