ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

映画「フェスティバル」変態ドクフラゴと書いて愉快爽快と読む

☆cine21.com
e0109292_1395274.jpg

     イ・ヘヨン監督がシシコルコルまとめた<フェスティバル>変態キャラ大百科事典




<フェスティバル>は、普通の人たちが人知れずうちでぎゅうぎゅう押しておいたが、別名「サディスティックな性的趣向」をどのように堂々と露出を楽しむのか、についての映画だ。

祝日連休。 シャッターが一斉に下ろされた商店街を通っていた。 ふと、その閉じられたシャッターのうちどこかで誰かの秘密かつユニークな性的ファンタジーが、実際に起こっていないかと、突拍子もない気がした。 要するに米屋のおばさん、ジョンパサおじさんがお互いに『鉄のお母さん、ヨンヒのお父さん』を叫んでSMプレイを楽しんでいるか、またはする。 それをきいたり、エロチックされていない、わいせつするのはするが可愛くて明るいコメディーで解いてみたいという欲求がおこった。 その壇上にはすぐに『偶然の機会に手錠と鞭を見つけた後、心が揺れ始めている隣の奥さん』のイメージに要約されており、そこに私が話すことのできる最も愉快で爽やかな水位の質の悪い冗談を加えてストーリーを作った。

映画の基本設定をアイコン化すると、こうだ:SM、ランジェリーマニア、人形シプドクフ、バイブ、制服フェティッシュ、性器ジプチャクジュン...
そして、スクリーンでは、これらはそう表現される:シン・ハギュン、オム・ジウォン、シム・ヘジン、ソン・ドンイル、リュ・スンボム、ベク・ジンフイ、オ・ダルス...。
この記事は、そのキャラクターたちに関するレポートであると同時に、
「サディスティックなキャラクター」をこれよりもっと変態同じことができないほど'輝かせてくれた俳優たちへの熱いラブレだ。


2010年11月9日
by kazem2 | 2010-11-09 13:14