ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カン・ドンウォン 1%の奇跡

☆cine21.com
e0109292_20392027.jpg

          <超能力者>の超人、カンドンウォン




<刑事Duelist>からの刺客『悲しい目』(カンドンウォン)は、"私の名前は、私の名前は..."という文章を終えて結んでいない。 それでも画家チミルジンしなかった。 カンドンウォンと呼ばれる秘密。 彼は秘密との一致学ぶ。 窓ガラスの雨水のように、繊細が、ゆったりと流れる線で行われた彼の外見は、淡泊な音色の愚直な語り口と奇妙な不協和音を出す。 誰かの深い計略で合成された存在だ。 妖怪人間という話も浮上する。 <超能力者>のカンドンウォンにも名前がない。 ただ『超人』だ。 周辺の空間にいる人々の意志を盗んで操り人形のように操る力を彼が持っている能力である。 超人のヨムドンリョクウン目つきで表現される。 "じゃあ今度は'モトドゥェンヌン'?"にやにや笑いながらカンドンウォンが言う。 <超能力者>の超人はスーパーヒーローというより、突然変異である。 世の中のために能力を発揮する医師は、いうまでもなく、自分を押し出した世界との関連を結んだとする意志がない。 という途方もない悪行を企画されることもない。 彼は人間を蔑視し、自分なりの方法で生存している空っぽの未知数の存在、つまり、X - MENである。 そういえば、映画<エックスマン>の脳波を操縦するの慈悲に来て、人類を敵視する磁気君の土を一点にムンツングリョトダゴ表現すると、似ているのかもしれない。

"超人は断絶された状態で生きてきたし、すべての人が私の思いどおりに操ることができるため、本質的に人間を見下す傾向がある。 その点を拡大していきながらキャラクターを作りました。 <超能力者>のシナリオを見た方々がその能力になぜ銀行は、内部のトニャ、政権奪取や地球征服はなぜクェハジかと尋ねてくださらなければ、キムミンソク監督と私は少しも疑問を持ったことがない。 超能力者でも自己の性格が違うんじゃないですか? お金や権力に無関心なのがこの人の性格です。 そして、私でも銀行は、内部のトルゲトオヨ。 最近のような高度なシステムに尾踏まれて仕事を育てようとか、少しずつ盗んでいる塵を集めて泰山で買うほうがナトジョ。 (笑)"

大都市に隠れ住んでいる猛獣のような『超人』は、彼の正体を一人で調べて追跡する疎外階級の人物が登場する<超能力者>のシナリオは、ポンジュノ監督の<怪物>と襟が擦れる部分がある。 もし、漢江(ハンガン)にウンヅンハンモンスターに個性を与えられれば、超人のような形状ではないか。

"超人は、一種の怪物がそうです。 怪物は、漢江(ハンガン)に隠れ住んでたまに出現し、不思議な事を行って帰ってんじゃないか? そのような怪物に「君はなぜそこにそうさに、外に出て生きろ」と笑えるようなことじゃないですか。 そこが楽でそのように住んでいるんだけど。 (笑)超人は基本的に腹を抱いたケリクトゴ、狂気とトルギガています。 殴って割る場面でも、感情の振幅を強打してくれました。"

俳優の7年目、これからが始まりだ

186cmの背とスポーツカーのスポイラーのように滑らかな手足、筋肉を念頭に置いた練習は別にしていない習慣が付いているカンドンウォンは、着地の瞬間、動作の結びが特に美しい学ぶ。 ほとんどの前作にも肉体的に巧みな人物に悔しかった。 <刑事Duelist>と<戦友>の並ぶものがなく、軽量で流麗なワイヤーアクションはもちろんのこと、ムクムクハン人物として出てきた<義兄弟>も簡素一つぴったり落ちるアクションを示した。 一方、<超能力者>の超人は、物理的な破壊力を自分の体で表現することができない。 チョジョルヒ走って転がすことは相手役のギュナム(コス)の方だ。 代わりに超人カンドンウォンが渉猟していたのは、目の演技のアルファからオメガまでだった。 <怪物><良い奴、悪い奴、変なやつ>の演出部だったキムミンソク監督のデビュー作<超能力者>の試験を訪れたポンジュノ監督は、カンドンウォンをこのように優しく励ましていたという。 "お前、目玉落ちるだろう?"

e0109292_20442739.jpg


"その時だけでも、既存の目の演技とは異なることを示した者は、決定と「ヒムジュジてはならないだろう」と思いました。 しかし、いざ撮影に入ると、そのショトイ要求される表現の強さがあるから、仕方がなかったんですよ。 底をついた集中力に引き上げる時に力を抜くことはないですね。 結局、「目玉パジゴトネ」そうでした。 (笑)後半作業に加わるCGも勘案して演技しなければなりませんでした。 能力を発揮していないとき超人のヌンイヨ?...まぁ、こんなん? (細くて斜めに目をチトゥンダ。冷ややかな軽蔑がオリンダ。)実は地球征服の理由は、目が疲れてかも...。 (笑)超人の能力が無限のものではなくドンネマンジョンボクマンしても、脱力するために、地球をどのように...ハハ。"

実際に目の演技は、怠惰な批評が人の俳優の演技力をけなすときに常套的に取り出して好みのカードだ。 この点だけ見ても、<超能力者>の超人は俳優に少しの冒険が続くの役割である。 映画が進むにつれ、孤軍奮闘し、観客の同情を買うの相手役ギュナムグァ比べると、超人は映画の導入で、カリスマで、周囲を曲げてつかんだ後、ますます疲弊していきながら堪えるする悪役だ。 さらに、超能力に免疫があるギュナムウル除けば、一場面の中の人物たちがともすればかかしがされているせいで相手との相互作用して相乗効果を作成する余地も少ない。 統制された演技の条件を抱きしめて、その中で適切な表現を発明する方法、時には何もしないことで映画の流れに身を載せる方法。 <義兄弟>の経験がもたらしたベウムイなかったならば、カンドンウォンは<超能力者>が、今のように自信を持ち、フンクェに迎えることができなかったかもしれない。 計画を楽しんで仕組みづくりになイゴンギェジョク人間のカンドンウォンが13本の映画やドラマを作った経験7年目の現在を"俳優としての出発点"と呼ばれる所以である。

"<義兄弟>の松脂院は、感情を少しだけ発散しても、キャラクターが崩れるようにギリギリでした。 繰り返しの状況も多く、すごくイライラさせられるんです。 ところが、同じような制約をソンガンホ先輩はあまりにも自然に解放さとげんですよ。 'これがそう! して、ふらりと跳躍もし、監督が異議を提起すると、『ええ? して、すぐに別の解釈を見せてくれる姿が印象的でした。 もちろん、先輩と他の自分なりの方法を見つけることが、最適な答えを出した後、それを掘り下げるそれまでの私のやり方を、あえてこだわる必要がないですと悟りました。 依然として混乱の中で、<義兄弟>を撮ったんですが、完成した映画を見て、本当の自分が抱えている。(<義兄弟>で、彼は少し前にヤングピョングサング主演男優賞を取った。)何もしなくても映画の流れの中にいるから大丈夫だね、何かを行うできればよく、何もしないと、それはそれで良いことがあるんだ。 そういえ何役やってみたいことが何度も生じてしまいました。 映画は、計算をしても前のシーンが丸ごと飛んでもあり、どのような演技が選択されるか分からないから正解がないでしょう? だから<霊能者>を撮る前に<カメリア>の<ラブフォーセール>で、もっと意識的に実験してみました。 楽ジニージェスチャーもとても自由で、演技することよかったですね。"
e0109292_20491379.jpg

『私たちの世代』への責任感

ヨンギジョク達成感だけでなく、キャリアから見ても、いつしかカンドンウォンは、韓国人俳優の軍のホリダ。 提案も多くなったが、そこから出発することができることもできた。 現場の楽しさを感じ、集団創作のメカニズムを習得して責任感と愛が訪ねてきた。 数年前から彼のインタビューを読むと、"『私たちの世代』は、より良くしていかなければならない"という言葉にのぞかせる世代の意識、活気がイェジョンマンていない産業での自分の席を探すの程度を超えては彼の積極的な態度が視線を握った。 <義兄弟>が2番目の長編だったチャンフン監督に続いて、まったく異なるスタイルの別の新人キムミンソク監督との作業で、カンドンウォンは、新たな楽しさと満足を感じている。 会社を介して受信した場合だけでなく、信頼を築いた映画人と映画を想像することになった。 そして、間もなくカンドンウォンは、軍服務にスペースを備えています。 彼の映画は、お互いを待ちながらイェビハルする。

"張本勲監督も私が兵役終了するまで、面白いシナリオ書いておいて待つとしている。 (笑)映画界を職場にと考慮さ始めたのはもう古いされたのよ。 良い新人監督がある場合は、作品をすることが必要だと信じることもありますが、安全せてばかり行くと、まず底部にデータが楽しさがないから当然の方向ですよねまあ。 どんな意味のある道を歩くというのではなく、映画が多様化しれなければ力を育てても長く生き残ることができるから。"

文: キムヘリ 写真: ソンホンジュ (写真部長) | 2010.11.08
by kazem2 | 2010-11-08 20:37