ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<ユチョン"10㎏落ちたが、演技も面白い">

☆cine21.com
e0109292_21315416.jpg




(ソウル=連合ニュース)ユン・ゴウン記者

"演技の楽しさを確かに感じたし、これからも続けていたいんです。歌手と演技活動をうまく並行していただきたいと思います"

パク・ユチョン(24)。 彼の演技者デビューは、ぴりっとした。

アジアを号令する東方神起出身JYJのミッキーユチョンじゃなく、演技者パク・ユチョンに臨んだデビュー作『成均館大スキャンダル』が爆発的な人気を呼び、彼は今、歌手と演技、二匹の兎を追うことができるようになった。 すでに演技者としても確かに席を占めたRain(ピ)、イ・スンギに次ぐ製材の可能性が見える。

「成均館大スキャンダル」放映終了後の二日間疲労に悩まされたが、彼の5日夕方ノンヒョンドンJYJ事務室で会った。

インタビューのために、過去6ヶ月間育てた髪をすっきり切って現れた彼は、"撮影しながら、10㎏が陥り、二回の病院で点滴を打たれたが、あまりにも幸せな時間だった"と明るく笑った。

例の定めを守るウイジョトハゴつんつんイソンジュン指導霊の代わりに恥ずかしがり、多くの新人俳優パク・ユチョン終始明るい笑顔を浮かべて、長い話を解いた。 しかし、過ぎ去った時間の中パクユチョンの姿はドクヘトゴ、今の熱狂的な反応が人間の限界をテストするための熾烈な努力のおかげで出てきたことを感じさせた。

- 衣冠定の制限の姿がよく似合った。 普段韓服を着ることも一つ。

▲全然ない。
祝日も着ない。 ところが幸いにも似合うという音を聞いて良かった。 髷結い韓服を着ることに対する恐怖はなかった。 むしろそのようにして、時代劇に出演する歌手としての私の姿と分かれていると考えていた。 最初の撮影の時の演技が未熟見ると台詞なしに歩いていくのシーンを中心に撮ったが、「士らしい」という言葉を聞いて気持ちよかった。 しかし、一方では外観がよく似合うというので、演技もそれに合わせて上手にしなければならないという考えでより多くの負担になったりした。 母が撮影現場に一度、密かにいらっしゃったが、現場で扮した私の姿を見て別人ながらもよく似合ってびっくりしたとよろしいですよ。

- 史劇セリフが容易ではなかったのに。 また、セリフがとても長かった。
e0109292_21361742.jpg

▲実際大変だった。
それさえもフュージョン時代劇だから、セリフを史劇トーンにしないと注文を言っていたが、どうしても時代劇への固定観念がある見たら史劇トーンを続けて意識するようになったよ。 与えたこの年齢でもオリンデ私は何度も正統史劇トーンにセリフを打とうとして大変だった。 セリフ暗記は基本だと思ってたから完全に覚えようとした。 ドラマ序盤「後半に行けば2時間寝かせてもらうの問題になる」という言葉を聞いて、実際にそのような状態に追い込まれたが、それにもセリフのNGはしないしようと努力した。

- デビュー作であり、JYJ公演と並行して殺人的なスケジュールだったにも毎回よく姿を見せてくれた。

▲病院に二回に運ばれながら、俳優たちが本当に苦労して仕事をするんだなと感じた。 時間が少しでも出れば食べることよりも睡眠ジャヤし、演技に対する負担に気楽にご飯を食べることができないで食べるようになったよ。 食べればすぐにオンヒョソざっとつまみ食いの距離にテウォトドニ10㎏が抜けた。 移動しながらも、睡眠ジャヤにセリフを覚えて立ち往生しそうでもなかった。 その中で、公演スケジュールまで消化しなければならなかった。 そのように陥っているかよりもむしろジャプセンガクイで持ち上げ、痛み、なによりシナリオにのみ集中するようになったよ。 撮影場にいくら多くの人が集まってもデボンマン目に入った。 終盤には特に時間にチヨトヌンデだからもっと努力した。 公演のために数日空にしたので、他の俳優たちがNG出すのって、私は出すかける違うと思うし、申し訳ない気持ちにできるなら何回かに[OK]を受けるとは思って準備をたくさんした。 「前回の話より演技がよくられたよ」という話をたまに聞くことはしたが自分にそんなことを感じる余裕は全くなかった。

- 演技をしてみたらどうなのか。

▲本当の楽しさがあった。
楽しみは確かに感じたが見ると欲がずっと生じていたよ。 父親役のキム・ガプス先輩がとても素敵な演技を見せてくださってよく指導するいただき、大きな助けを受けた。 先輩と呼吸を合わせながら、鳥肌が生えたことは一、二度ではない。 途方もない『フォース』をプムオネ喋るのおかげで、私も予想よりも良い演技をこなすこともした。 似ていたい俳優が二方だがキム・ガプス先輩とユン・ソク先輩だ。

- 市場通りで、同性愛の告白のシーンが圧巻だった。 涙を流すのを見て多くの人が驚いた。

▲その場面は本当に時間がなくて夢中で撮った。 放送がポンクナル状況だったので、NGを出しても直す時間がないほどであった。 龍仁民俗村と見物する人がとても多かったのですが、NGを出すと演技だけソンヘイン状況ですから、必ず一度に適切に行こうと思った。 幸いにも二度ぶりにOKを受けた。 最初は、あまりにも涙がたくさん出てきてNGが出た。 涙が自然に出て胸がいっぱいだった(笑)普段の俳優たちが一体どうかととても不思議だった。 完成した作品には悲しい音楽でもカルリジマン現場には、音楽もできないじゃないですか。 「どのようにあちらかなあ。 誰がそばで音楽を流して株や」したが、私は感情に没頭したら泣かせていたよ。 その後、涙や感情の神に自信がついた。

e0109292_2137137.jpg


- イ与えたとしては、いつで最も幸せだったし、俳優としてはいつ幸せにしたのか。 また、どのような悩みをしたのか。

▲当時の釘感じたが2日に撮影終えて帰る車の中で台本を再び見て振り返ったらイ・ソンジュンはグクチョバン父が成均館の入学を祝うとしたときに一番幸せだったようだ。 演技をしては、『これから私が演技をしてもできるんだな』みたくなる良かった。 アンタカウォトドンは与えたこの歴史の一線を引くほど大きな抱負を持つ人なのに、私は演技が下手であることをちゃんと全部表現されていないようだ。 序盤のカチルハムグァ後半の人っぽくなる姿が徐々によく混合されなければけど、僕が未熟なので何度も序盤の幼い姿が出てくるようだった。

- 最終回が議論になっている。

▲もう少し延長しなければならなかったがグプヘトドンのは事実だ。 率直に言ってハッピーエンドではないことを望んだ。 最後の最後に重い話が多かったが、最後まで悲しげに持って行って終了したら、どうだったろうかという風があった。 しかし、20回の台本を受け取り、これを行うに結末になったら、この中で見どころをやろうという気がした。 コミカルな部分が入っていってよりは残念だったようだ。

- 『ユチョン』が誰なのか知らなかったというのは30-40歳代の女性たちが大挙してファンに加勢した。

▲話は聞いたがまあなぜだろうか。(笑)龍仁で撮影するときに限りおばあちゃんが『イ・ソンジュン』と言いながら僕を調べてうれしされた。 ご家族の方々が『おばあちゃんがイ・ソンジュンを見てときめいておられる』と言った。 昔の話だからだろうか。 感謝している。

- いつから演技がしてシプオトナ。

e0109292_21381280.jpg


▲東方神起2集活動後から演技をしたいと思った。 この前に思ったことを一度に演技して感じたことなのに、演技しながら、ストレスを受けるよりも、それを使って解くのが多いようだ。 俳優は演技をしながら、感情をネジルゴ様々なキャラクターがドェボルことがありますので、それを使って多くのことをプールすることができるようだったが、実際やってみるとそうだったよ。 元々私は、ぎゅうぎゅう我慢が後に爆発、満面イソンジュンは、最初から間違ったことを正して行ってよかった。 アクションシーンも緊張を緩めるために参考にされた。

- 歌手ではトップスターなのに今回の撮影で、新人のように謙遜したと褒め言葉が多い。

▲日本に進出する際に再び新人で帰った経験がある。 その時の人気が多いが少ないが、同じ人であり、人格的に違うのではないのに人気が多いと、それをチネリョゴしてはならないという気がした。 そして、演技では新人だったので、当然新人ダウォヤしたと考える。

- イ・ソンジュンは、朝鮮の未来を心配していた。 パク・ユチョンの悩みは何か。

▲一応すぐにはお父様がとても痛むいただき、心配になる。 病院にいらっしゃるのドラマ撮影しながら、たくさんの釘用意心が痛かった。 それ以外に最も近い人の人から尊敬される人になりたいと思う。 周囲の人々から実際こもった心を受ける人になりたい。 これまで私は、忙しく過ごしながらチェンギョヤている人なのに、釘の食事に招待がある場合は、もう本当に心に用意してあげたい。 今までのことで私も健康な人になりそうだ。

pretty@yna.co.kr 2010年11月7日
by kazem2 | 2010-11-07 21:32