ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[キム・テウ] 少しずつ変わる「利己的な」俳優として

☆cine21
e0109292_20451211.jpg

                     <不可逆>キム・テウ

イ・ミンギ主演の映画「クィック」にも出演しているそうです^^



元の大きな背より大きく見える。 少しやつれたようにも感じると思う。 例の人が好きに見える笑いの代わりに、男性的な雰囲気が上回っている。 今日のように長い髪型にレザーブルゾン姿も全く不慣れである。 折れ決心して修理するようではない。 明らかな変化のポイントが見つからないことができないと、キム・テウが言う。 "眼鏡をはずした。 ラセック手術まで6ヶ月ぐらいになった。 眼鏡のない素顔が与える変化が大きいようだ。 自分の口で言うきまりが悪かったが、みんな『良くなった』と言っていたよ。"変わったのは実は見た目だけではない。 娘を失った悲しみと怒りに徐々に破滅していく<不可逆>の'チュンシク'は、それまで俳優のキム・テウと彼を隔てるもう一つの分岐点となった。

- 今回の映画は、どのように参加することになったのか。

=この映画は、元の映画振興委員会のシナリオ選考結果だった。 初めて受けたのシナリオは、町内の人々の割合が今よりも大きかった。 人々が事件をめぐり、自分たちのイトソクをセットする俗物根性に焦点を当てた内容だった。 私は、もっと人物に焦点をおいてほしいと思って描き起こさせてはいない。 そうするうちに5〜6ヶ月経って再度連絡が来た。 これまで監督も決まってるシナリオも修正された。

- 再び受けたシナリオは好きドゥルドンが。

=最初は今のノ・チュンシクボダイジョンジンが演じる遊説陣がしたいと思った。 ノ・チュンシクウン誰が見ても起承転結がはっきりした典型的なキャラクターであるのに対し、犯人として疑われる遊説陣は恐怖はあるけど俳優の立場で挑戦したい気持ちにさせているキャラクターだった。 一方でノチュンシクのような典型的な人物を別の深さを表現してのも悪くはしないシプドラ。

- 単純に誘拐事件に焦点を当てた映画ではなく、事件をめぐる社会的な偏見を眺める。 視野が斬新で、結果的に作品もよく出てきた。

=実は私が考えたシナリオは、今とは少し違いがある。 いわば親しくなることができた二人が、社会の偏見で、結局破局を迎える、そんな映画だったらと思った。 田園住宅が立ち並ぶ街で、肝心の元の根下した人々が疎外されているので、遊説陣に会って、一種の同質感を感じることだった。 今のノチュンシクウン何か事情があって一人で子供を育てるが田園住宅の豊かな人々と同様の階層のように修正された。 監督と私の考えが違うので、決定が必要だった。 私はこの仕事をしない場合でも、または監督の色に合わせでも。 この場合、後者を選んだのだ。

- ノ・チュンシクウンどんな人物なのか。

=線が明示されてキャラクターだ。 子供を亡くした父と呼ばれる状態は、すでにシナリオに完璧に表現されていた。 私は、モルイプマンするとされて別々に用意することが必要な役割だった。 私は、表現を研究したいと思った。 子供の遺体を最初に発見したときに嗚咽する場面が代表的だ。 ショックに対する反応は、地震の現場でよく見ることができる。 ビデオをよく見るととても驚いて、皆の呼吸ができないよ。 悲しみは、その次に来る感情である。 すぐに涙を見せてくれるというよりも驚いて口を得られるような表現に気を使った。

- 研究について、自ら評価をするには、。

=ゴルフを考えてみましょう。 練習はたくさんあるが、実際打つときに、フォーム矯正を一つ一つ考えながら打たないことはない。 練習して筋肉が慣れてしまえば、実際の状況で、そのまま出てくるようだ。 実際に現場では口を得られるでもそのような考える暇がない。 練習をしておくの高さどのような表情で演技することになるかは私も知らないことだ。

- 撮影の過程で苦労して食べたことはなかったか。

=昨年8月以来の楊平で석달半撮影した。 状況が正確だから演技は楽だった。 むしろ心が大変な撮影だった。 二つの場面を除いては皆大変な場面だった。 考えてみてください。 子がなくなって、ある日死体に会って、司法解剖に行って、それに憤慨して、復讐をしようとする場面だ。 ほとんどの状況にはならない言葉だ。 心があまりにも良くなかった。 前日どんなに撮影が大変でも、朝にメニジョラン会えば挨拶もして話も破壊が、今度は沈黙で一貫した。 その場で撮るの状況を考えると言葉が出てくるのだ。

- 通常は衝撃を受けても『サクイヌン'の役割を主にした場合は、ノ・チュンシクウン異なっている。 明らかに感情を噴出する役割である。 ギム・テオラン俳優の新しい面である。

=私の持論は、映画を見るとき、'ナム・ソンシクPFC'であれば、そのままそこに抜けてみるとなると思う。 それを見て出てきて'キム・テウ、前作と同様の演技』と評価しても構わない。 あえてその反応を直してみようと『今度はやくざにしよう』という考えはない。 私は、<顔のない美女>も<キッチン>も、ホン・サンス監督の映画もすべて異なって演技した。 見る方々が『いつもキム・テウは似ている』と呼ばれるには、私の不足してそのようなんで、自分の過ちもきっとある。 ところが、考えてみればKBS公採タレントで演技を初めて起動するとき、いつもの大学院生、医師、弁護士くすぶっている途中ドラマ<徳>で乞食ボスして、<女は男の未来だ>からの邪悪な姿も見せてくれて、もうノ・チュンシクような役割ものではないか。 60〜70歳まで演技する間、このように少しずつ変わるとされる。 早急な心はない。

- 初期の作である<共同警備区域JSA>が今年で10周年を迎えた。 これまでの演技生活を振り返るきっかけだったはずなのに。

=支持難解語、芸術の殿堂で<かもめ>の公演をしてからそのような思いをした。 中央大演劇科出身なのに、留学がせようとした放送局の試みを見て、ここまで来るようになったが、久しぶりに再び舞台に立つことになったのだ。 ところで初日の初公演では、自殺して死ぬ演技をしている途中メンバダクにそのまま落ちた。 腕に金が行ったからどのように苦しかったのか。 公演を見ていた先輩たちは『あの子の演技は実際上手だ'と思っていたよ。 (笑)当時の所属事務所が変わって飲み会を行ったが、足首をジョプジルロ怪我をして、どの位でており、<キッチン>製作報告会のときは、舞台の裏で待っている1.2mの高さの上だけで下って膝を負傷した。 細かい傷のために休ませて余裕が生じたら、これまでの作品を振り返るとなった。 どのような作品は、私がその年齢でどのように文字を引いて行ったのかよくやったと思うこともある一方で、他の人も褒めてくれて私も満足していた作品ですが、釘みようと思うこともあったよ。

- 俳優のキム・テウが挙げるのは、ワーストは何か。

=あまりにも多い。 ホン・サンスの映画を例にとる<よく知りもしないくせ>のような作品である。 の比較を見れば<女は男の未来だ>がはるかにジャルヘトドラ。 自分の姿で、それが見えていたよ。 <女は男の未来だ>をするときはもっと真剣に、人物だけに入ろうとするが、<よく知りもしないくせ>には余裕が見えていたよ。 相手を心配する姿もよく見えて。 それは良く言えば上手だということなのに、結局オジラプが広いことだ。 キム・テウは、現場で人が良く、心配することで有名だが、もうちょっとあるである必要があるんだすることを実現した。 そのような心を持つことにした作品が<不可逆>である。

- 心を食べたらモトドゥェゲされていたが。

=わざわざモトドゥェゲ区ではなくて。 (笑)私の心配は、むしろちょっと生意気なのではないかと考えるようになったのだ。 監督と一緒に戦っている見てみようこんなものではなく、対立が起こるとき、ないと思うときに自分の主張をもっと確実にした。 の心配もいいけど、今は少しのエネルギーを自分の役割の上で追い込むことだ。 私は楽なようだ。 今日の写真撮影の時も、前に等しい場合は「そのことができなくてどうしよう」とオーバーした場合は、今では写真記者の方が変だと思えばの話もよろしいでしょう。 私は自分の感じるようにしようというのだ。 それでも人々が一朝一夕に変わるわけではない。 スタッフたちは『変わったんのに。 演技もそのままなのに'こういうことだ。 (笑)

- ホン・サンス監督の作品を使って飾らない自然な演技スタイルに慣れてきた。 そのような作業環境も、演技に変化を与えたようだ。

=別に洪監督の映画の影響だと説明することはできない。 それより前には、台本を持ってダルダルダルウェオミョ撮影シーンを考えている場合は、今はシナリオにないシーンが多く思うようになる。 それが年輪であり、年齢だったこともポジションから来るヨユイルこともできる。 現場では、列のテイクを行って、一場面のかは、その過程がもうイライラしていない。 結局そのシーンのためにすることだ。 私は、新人の方は、現場の状況をすべて気に書くが、今ではそのようなことに対する余裕ができた。

-30代を過ぎてもう40代だ。 自然なナイドゥルムも俳優を変化させている大きな要素ではないか。

=ある日見たら、現場で私が一番年齢が多かったよ。 もう監督も私より年齢が若い場合が多い。 イム・ジェヨウン照明の記事と<アクセス><バス、バス停><共同警備区域JSA><顔のない美女>に続いて今回が5番目の作品だったが、現場のマスク大人があってどれもいいか分からなかったよ。 <アクセス>時には完全に赤ん坊だったが今は先輩になった。 だから、言葉の一つでも多く注意するようになる。

- そういえば、常に新人監督との作業を優先してきた。

=私は、新人のかどうかよりもシナリオ自体を見ていければならない。 一作業の監督たちが、次のより多く使ってくれるようだが興行が、初心者のせいか、みんな次の作品のほとんどで入っていらっしゃる。 (笑)しまいには、こちらから『新人監督たちの上に乗る場合は、ギム・テオランしろ』という笑い話がある。 海外の映画祭は、(ソン)強豪型ほど抜けば満ち足りように通った。 (笑)<奇譚>や<リターン>のような作品は、明らかに興行になるジャンルの映画だった。 <リターン>のみでも大ヒットはないが、興行は思っていたゴヨトゴ。 ところが、何度もヨウンファジェマン行って、作品ピョンマンいいことだ。 だから観客も、キムテウがすると、作品は良いの楽しみがないそうになるのだ。

- キム・テウという俳優が興行を妨げるいくつかの要素として作用するのではないか。

=ただでさえ<不可逆>プレス試写の反応もいいのに、私はそのような反応する必要もないのに。 (笑)俳優の前に映画を見るのが趣味だてみると周りで演出することを強く勧められている。 興行映画を見ると、私はよく分からないのに、なぜそうしたい場合もある。 ところで私の普及学ぶ。 それで、最近は映画よく見て自制する。 ジャンル映画に入るとても思う。 意図的にもよりそうなるようだ。

- 次の作品は今までの興行を念頭に置いた作品になるのか? ドラマ<大物>は、ちょっとの出演だが、興行になった。

= TVの力がすごいですよ。 ポータルの検索結果にも上位圏に上がって、知人たちに電話もたくさん受けた。 9年ぶりにTV出たから話題にもなったことだ。 <大物>は、結局、しばらく出演したのかねあれもこれも気を使ってすることができたようだ。 映画は昨年、撮影した<汝矣島>の直後に公開されるんで、<クイック>いくらも出てこないが、見事に出てくる。 そして今は、入ってきた作品がない。 今日もない。 次回作は、均等にするのではなく、ないから待っているのだ。 そうするうちにすぐに起こることだ。 いつもそうだったから。 (笑)

文: イ・ファジョン
写真: ベク・ジョンホン 2010.11.05
by kazem2 | 2010-11-05 20:45 | Comments(0)