ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

映画「不当な取引」  リュ・スンワン監督インタビュー

☆cine21.com
e0109292_18444376.jpg

     アクションなしで撮影するだろうという事実及ぼす知っていた



- 不正な形式の容疑者を『学び』と呼ぶものは、警察内での専門用語や『警察ライン』に関する話、そして瓶ビールを生ビールタルドゥトする川局長(チョン・ホジン)の様子など、緻密な計算がうかがえる。

='俳優'という表現は、バク・フンジョン作家の脚本にあったんだけどそんな風に元々あったのと、
私は加えたものなどが混じっている。 私が加えたものにも調査を基にしたものと創作したことがある。 例えば、尾行されることを知っては、『磁石のついた』ということは、まるで彼ら同士の専門用語のように感じられるのですが、ちょうど私が作り出した言葉だ。 ジョンルカレの小説で、情報部(the Circus)のような存在というか。 局長が瓶ビールをチイイク注いで飲むのは、実際の刑事たちと会って見て学ぶことだ。 チョン・ホジン先輩は、"そのまま注いで飲んではどうしたの?"そういって(笑)練習をちょっとした 卓! ふたを取る場面を編集して行こうとした。 なぜなら、それは技術的にきちんとすると、泡の私。 (笑)さて、編集運転手さんがちょうどあのように行くのがおもしろいといってロングテイクに行った。 いわばそっとNGだ。

- 他にも鮮やかなセリフがたくさん見られる。

="おい! 君がこのようなことはちょっとカムプラチさせてはならない"そんなセリフも入れてみたかったのですべてじゃないことができなかった。 (笑)ハンジェドクPDが共同脚色に上っているが、シーンがこのようなことに注意セリフの大魔王である。 "好意が続く場合は権利を与える知っている"、"いたずらをして崖ベンダ"そんなことも自分の作品だ。 そしてまた、この映画が一番を扱った映画でもある。 組織の生活しながら、悪い提案も受け入れなければならないし、それとともに、またご家族で経営して食べて生きて行かなければする高段さがある。 CJエンターテイメントの投資チームにもそのような苦悩を知っている最もたちが多くて、ほとんど自分の映画のように接してくれた。 (笑)そんな周囲の力も大きかった。

- ファン・ジョンミン、リュ・スンボム、ユ・ヘジン、皆疲れ切っている悪人だ。 悪党同士で誰がもっとよいかどうか試合する映画なのでおもしろかった。 そして彼らは、まるで共感を許可していないマイケルだけワークホリックのような人たちだ。

=「善と悪の境界」そんな言葉も今は本当に陳腐ヘジョボリン時代だ。 基本的にキャラクターを描写しながら、何が良くて何が悪いのか、という判断を最大限自制しようとした。 特に、キャラクターの判断はもっとしないようにした。 ファン・ジョンミンとユ・ヘジンが飾られたことが不当な行為だということを知っているリュ・スンボムの場合も悪いノムインのは確かだが、いずれにしろジャプヒョオン容疑者が真犯人ではないようだという判断で、それなりのチェックの役割をするのだ。 ファン・ジョンミンも局長の提議にサンミョンハボクているので。 <不当な取引>は、そのようなよく、悪いという判断よりも事実関係の状況、事件の展開を見逃さないようとした。 そして、彼らがワークホリックという言葉に同意する。 ファンジョンミンとリュスンボムが屋外カフェで話を交わす場面は、明らかにマイケルだけの<ヒット>(1995)で、ロバートデニーロとアルパチーノのコーヒーショップのシーンのようなニュアンスダ。 また、<不当な取引>が自分の映画の中では一番の専門家の注意を前面に押し出した映画でもある。

- 「食膳にストガラクマンオンウばいい」は、セリフをリュ・スンボムが、ファン・ジョンミン横で平気でいる。 ところどころに隠れているユーモアのコードがある。

=その台詞をわざわざゼカリヤに入れたのが合っているファン・ジョンミンは、リハーサルや撮影の時もそうだし映画見ても、絶対にダメウトドラ。 (笑)スンボムがも『これ、必要にして? そうだったが『私は、以前にコメディーちょっと試みて分かるこれパン出て』と言い張っていた。 でも、本当にそれは私がしなければならないことだ。 撮影、音楽、ロケーションすべてみんなも最高によくしてくれたし、私は本当にいいものだけを選択するとされた。 そして、<不当な取引>は、本物の俳優たちの映画だ。 三人の俳優がそれぞれリードする場面を撮影するとき、本当に細片の映画を撮るような気持ちだった。 みんなの生のグデロイルときに輝く俳優たちだから心配も多かったのですが、特別な指示なしに投げて置いても、最高を抜いて出す人々であってはないか。 考えてみればスター3人が一度に記載されてアンサンブルをなす映画が私としては初めてだ。 それでまた娯楽映画、大衆映画として学んだことが多い。

- <不当な取引>は、あなたの前の映画と、意識的に決別しようとする感じがある。 一応一緒に連想されている他の映画があまりなくて、自分だけのオリジナリティを持っているだろうという意志がうかがえる。

=私の手帳を見ると、確かに知ることができるのに撮影の数週間前から、すべての映画や小説をぴったり壊した。 密かに反映されている側面が多いので、なるべく遠く離れて、この映画だけを考えてしようとした。 そうするうちに、本当に禁断症状が来たときに見た映画は<不信地獄>のような映画だ。 (笑)私の過去10年を振り返ってみれば、それこそ自分の好みで作成された10年だったようだが、一様に誇る大会に出場したような気がする時もある。 誰かに応じて、したくて超えて思い、また、好きなものを存分に陳列したいという欲求のために自分の映画がエガトイに見えることがあった。 それがまさにこの10年だったようだがもちろん、その過程の私の映画を愛する。 <不当な取引>は、自分の好みそのものよりも、なぜ今この作品を選択したのかすることが重要である。 プロの映画監督として、自分の好きなものを一方的に表現するだけで重要なのではなく、どのような職業上の任務は、この映画が要求される状況と時代的な感情、そして彼の視線が非常に適切に連結環境とのタイミングも考慮するようにならない時にてきたようだ。 加えて心の中で、職人としてのブランドを作りたいという欲も大きかった。

- 他の作家たちと一緒に使っても、いつも自分のシナリオに最初から関与していた<不当な取引>はバク・フンジョン作家の作品だ。

=正しい。 <不当な取引>は、まったく別の作家が完成したシナリオを受けて作成された私の最初の作品でもある。 以前にもそのようにすることができる場合が多かったが、その時はなぜかそれが「私の映画」ではないと思うので、躊躇したりもした。 重要なのは「完全な私の映画」をするのではなく、『良い映画』を作ることなのにね

- あなたの映画でアクションがないということは本当に意外だ。 言い換えると、意識的にそうだったような気もするし。

=ファン・ジョンミンが誘導するように有害陣を攻撃する場面、ゴルフ場でのサルヘシン程度を除いては、本当にないのに、事実上、この映画自体がそのようなスタイル化されたアクションを必要としない。 個人的には本当に苦しくて与えるんようではした。 なんでもいいから戦ってブスォヤに何度も言葉で電話をする方向に行くのだから。 (笑)編集する時もずっと見ていれば『今頃ツクタクツクタクヘヤているのではないか? 考え方があってその程度にそう移っなるのか? そうだった。 昔、等しい場合は編集室で『このくらいの時間が経てば何人ぐらい死んでいる』は、見積もりがぴったり出てきたが。 (笑)



글 : 주 성 철(文:ジュ・ソンチョル)
写真: チェ・ソンヨル 2010年2月11日
by kazem2 | 2010-11-04 18:54 | Comments(0)