ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画「不当な取引」 思いっきり直撃弾

☆cine21.com
e0109292_23295284.jpg

権力の歪んだ食物連鎖のジャンルを勢いよくヘジプオ出したリュ・スンワン監督の<不当な取引>




自分との戦い。 リュ・スンワンの<不当な取引>を説明するのに最も適切な表現であるようだ。 彼の署名の転移のようなアクションシーンは、完全に排除されたことや同様の状態で、彼はほとんどのドキュメンタリーを演出するように意図して襲い掛かる。 私たちがよく、リュ・スンワンという名前に向けて期待すること、ジャンルやアクションという軸にもたれて期待すること、そして映画ファンの監督の作品をヘジプギのために他の'一血統映画'を利用トオルリョボということは、みんなから遠くに逃げている。 彼の前の映画と明快につながる積集合の方は、リュスンボムという俳優ジョンドラルカ。 <不当な取引>の中にはジャンヒョンことの<ゲームの法則>(1994)もあり、ボン・ジュノの<マザー>(2009)もあるが、かすかにホン・ヒョンスクウイ<境界都市2>(2009)の感じもベオナンダ。 いわばこの映画のオリジナルを追求するという行為は無謀である。 むしろ、リュ・スンワンという名前を捨てて向き合うとき、多くのことをのぞき見ることができる。 <不当な取引>が前のリュスンワンの映画とは全く違うという点が重要なのではなく、重要なのは、彼が自分だけのオリジナル'を作成するために、死力を尽くしたという事実である。

リュスンス完食アクションはない

大韓民国のチェックと警察とのスポンサーとの記者が、一方のスリラー映画を撮る。 連続殺人事件が起こり、全国民が衝撃に陥る、続いた阻止の失敗に叱責を受けた警察は、最後のカードを取り出して持ち上げる。 偽の犯人である『学び』を作って事件を終結にすること。 事件の担当に指目された広域捜査隊のエースチェチョルギ(ファン・ジョンミン)は、警察出身ではないという理由から、いつもの昇進が失望されたが、昇進を保障してくれるという川局長(チョン・ホジン)の条件を受け入れ、事件に飛び込む。 彼はスポンサーの海建設社長ジャンソクグ(ユ・ヘジン)を用いて事件とは無関係の容疑者を犯人に操作して事件を終える。 一方、不動産業界の大手、金会長(チョ・ヨンジン)にスポンサーを受ける検査ジュヤン(リュ・スンボム)は、チェチョルギガ入札汚職の件で、金会長を拘束させたという事実に憤慨彼の後を掘り始める。 このように映画を作ったのは、リュスンワンだが、映画の中で、彼らはそれよりもプラスの映画を作る。

<不当な取引>の検査(リュ・スンボム)は、緻密に脚本を組んで警察(ファン・ジョンミン)は、渾身の力をつくして演出し、スポンサー(ユ・ヘジン)は、そのディレクティングが気に入らないも堪えて熱演を繰り広げる。 他の俳優たちとは異なり、直接食卓にも弁えなければならない手間があるけれど、とにかく賞を受けることができるので、いやコウォーも控える。 偉そうなやつ一つが、興行は、製作前から保障されている。 ファンディングの心配もなく公開スクリーン数を心配する必要もない。 全国4000万の人口、各家庭のTVドラマですぐにワイドリルリジュダ。 しかし、彼らの映画は、スターのキャスティングをしていないせいですぐにゆがむ。 一寸の虫にも五分の魂というのにいくら付いていることのない無名ビジクオプベオルルキャスティングしたのですが保証や福祉に神経をチック当然の帰結である。 だからこの映画は、それ自体で、韓国社会の縮図でもあるが、ちょっとやり過ぎとすると見る人によって映画の中の映画の作成の過程を通じて、いわゆる映画版の高段さも垣間見ることができるだろう。 いわば映画監督でもゴムサゴン警察でも映画の一つの作成本当に大変だ。 そして、偶然にも皆に俳優のキャスティングが一番大変だ。 だから<不当取引>は、映画の作成についての映画であるかもしれない。 訳もなく、とんでもなく<シラノヨンエジョジャクダン>という映画を引き込む寝る<不当な取引;ボムジュェジョジャクダン>くらいになるだろう。
e0109292_23312167.jpg


<9時ニュース>『PD手帳』を見るように

おそらく'直撃弾'という表現は、<不当な取引>のような映画に使わなければならないことと思う。 近年、このように迫力の韓国映画を見たことのないようだ。 権力層の上部に向けての挑発がさわっを暗示して皮肉な程度ではなく、ただ頬を殴りつけ粉砕はほどだ。 児童を対象にした犯罪は、検査とスポンサーの汚い癒着、大規模な建物の入札汚職、そして真実はそっぽを向いたまま、そのすべてを笑って楽しみながら手をこまねいているマスコミ。 このように、<不当な取引>を満たしたの事件は、まるで<9時ニュース>私の『PD手帳』類、そして、ドキュメンタリーのように、現在の私たちの社会のトップニュースをスクラップしておいたようだ。 いら立つベベツイスト電線を一つ一つ解決していく心情的に事件を展開しながら、リュスンワンは'すべて分かりながらなぜそうなの?』という心情的にはなかなかモムトゴリヌンことはない。

スポンサーが代理人に渡したの高級時計が再び、"最近の携帯電話に時計みると時計のガレージ通うことはない"と記者の袖口に満ちている。 記者の他の袖口は、韓服を着た妖精の寄生の首をかける。 すべてのものが回り回って渡され、閉じて抱いて、この社会を支えている。 壊しれるべき絶えない不正や汚職の悪循環。 どうせ彼らはゴミライター大韓民国の主権は国民におらず、ただ彼らの財布から出てくる。 もっととんでもない事は立派な暴力シーンや悪口か見ることができない映画が『社会の指導層が、国民を相手に操作をする』という設定のために映像物等級委員会から青少年観覧不可判定を受けたという事実である。 一目瞭然「大韓民国生活白書」として、教育的な効果も大きいが妥当な映画に下された、極めて不当な決定である。 汚くてみじめではないコプという言葉、こういう時に使う。 はい、映像物等級委員会もそのように、自分たちだけの映画の一つ作る。 しかし、学習の良い演出が良くないことである。 そのたびに後進の映画を作りながら継続投資を受ける演出もない。
e0109292_23333171.jpg

e0109292_23351371.jpg

フィクションとノンフィクションを行き来するの技量抜群

リュ・スンワンの映画はいつも他の映画を類推して再構成するか、「アクション」や『コメディー』という顕微鏡を使って覗き込む場合が多かった。 いや、監督本人の意図とは関係なくいつでもそのように願っ見るように訓練になってきたようでもある。 しかし、<不当な取引>は、従来のフィルム累アール、政治スリラー、あるいはアクション映画と比較しても、独創的な点がある。 例えば、ゴルフ場で行われる殺人事件のシーンの場合は、"あれ? あれ?"の中に妙な目つきだけをやりとりして右往左往しながら、事件は終結する。 「傾向、ハンギョレ新聞、朝鮮、東亜」のような具体的な名称が登場するのはもちろん警察署内の『警察のライン』の存在は、実際の人物と会社名をパロディ化したような、名前など、ずっとフィクションとノンフィクションを行き来するの腕前も抜群である。 何よりもまず映画の中の誰かに期待のストーリーをたどるか、特定の人物の境遇に感情移入して作成する装置がない。 <不当な取引>の最大の楽しみは、見る人にとって快適な川辺の固体飛び石を一つずつ踏んでいくことから来るのではなく、足を踏み出すたびにホトディンゲするという点で来る。 だから、新しい事件が起こっている反転が続くたびに、常に緊張して作る。 多分それは映画の中のシーンが、独創的というよりはそのようなリズムの循環が独創的である。

その中で、ファン・ジョンミンとリュ・スンボムとユ・ヘジン、彼らはここ数年間、ほぼ最高の演技をして見える。 彼らは、誰がより多くの悪人であるかどうかの賭けをするようだ。 相手を攻撃するために、資料や証拠を準備し、またそれを期待された当事者は、それ以上の証拠を提示しようと東奔西走する。 攻撃と防御、私はお前を加えた証拠や資料を持っているということから来る優越感。 それは、相手の草食と技術を看破し、より大きな秘技を研磨したコスの余裕とも同じだ。 だから<不当取引>は、リュ・スンワンの映画の中で一番のアクションがないではない、終始一貫して口先だけの戦いへのアクション映画ということもありませんが、まるで慣れている彼のアクション映画を見るような合意の快感を与える。 従ってこれはまた、リュ・スンワンの映画が明らかに正しい。 いわば彼のファンなら誰もが密かに期待したそうなリュ・スンワン特有のアクションシーンはないが、あえてそのような事実を認知することができないほどの迫力と闘志にあふれている。 イ・ソンミン、ジョン・マンシク、キム・スヒョンなどの助演たちのおいしそう私はたばこはまたその後にしっかりで支える。

気持ちのいいことは、リュ・スンワンが自分のエネルギーを失うことなく、より経験豊富で、洗練さになってなったということだ。 通常、一人の映画を語るときに、その2つを分離して言う場合が多かった場合は<不当な取引>は、それが一つに出会うとてもエキサイティングな経験であり、当代の現実とジャンルの映画が遭遇する非常に特別で、独創的な事例だ。 ちょっと食傷気味ですが、他の言葉が思いつかない。 リュ・スンワンはまだ進む。
e0109292_2336279.jpg



글 : 주 성 철(文・ジュ・ソンチョル) 2010年11月2日
Commented by moe at 2010-11-03 19:36 x
この写真の左の俳優さん、よく出てますよねー^^

右の俳優さんは、アクシデントカップルの男性主役だった方かな?
Commented by kazem2 at 2010-11-03 19:55
☆moeちゃん
まいど!

うん
よく見る俳優さんでしょ^^

アクシデントカップルのファン・ジョンミンよ

この俳優さんはキム・ジウン監督の「甘い人生」の
やくざ役で知ったし 一枚目の左側の俳優さんはこれもまたキム・ジウン監督の「ノムノムノム」でチャンイの用心棒の役をしていたし リュ・スンボムは監督の弟だし~日本でも知られた俳優さんばかりだね~

記者たちの評判がいいね

この秋一番の映画になるかもね

あ ドンちゃんの「超能力」があったわ~

きっと日本でも上映されるような気がするわ^^
by kazem2 | 2010-11-02 23:25 | Comments(2)