ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[シネスコープ]の新しい実験では、新たな発見の場

☆cime21.com
e0109292_19221693.jpg

   #10月8日、ソウル木洞雨水ポンプ場_ <27年後に>現場




第2回ソウル国際秒の短編映像祭事前制作支援作の撮影現場

雨水ポンプ場の地下に至ったら濁った霧の向こうに堂々と立っているタイムマシンが見えた。 タイムマシンとは少し離れたところにはサングラスをかけた人々がソゴンゴリミョ話を交わしている。 近くに近付いて、彼らの話に耳を傾けてみるが、慣れている言語にもなぜか一度に内容を把握することができない。 猿町に遊びに行ったチンパンジーになった気分というか。 誰かがサングラスをかけた。 二台の大きなモニタを留めて見ると驚異的な3Dの世界が目の前に繰り広げられた。 ない、目の前に広がる立体映像よりも不思議だったのは立体映像が作られるまでの過程だった。

第2回ソウル国際秒の短編映像祭3D立体映画事前制作支援作のうちの一つシンテラ監督の<27年後>の撮影現場には不思議なゴトツソンイヨトダ。 カメラとモニターは、仲良くペアでかかっていて、2台のカメラから入ってきた映像を合わせて、機械、立体の程度を測る機械など、不慣れな装置が、モニターの下で輝いていた。 目を見開いてじっくりトゥトオボニタイムマシーンもどうも怪しい。 モーテルでよく見ることができるシャワーブースを改造するなんて! シンテラ監督は、"創造性を絞って作成されたタイムマシン"だと自慢する。

e0109292_1926533.jpg


<27年後>は、たった一度だけ使用することができるタイムマシンを開発したシム博士(キムジョンシク)が、宝くじに当選を狙って1年前に戻すには、瞬間、暴漢の侵入で1年前ではなく27年前に北朝鮮に行くことになるという内容のSF映画だ。 上映時間5分でものすごい逆も隠れている(初段編映像祭は、『3分、映画の発見』というスローガンを掲げているが、3Dは5分の上映時間まで可能にする)。 実際<27年後>はシンテラ監督が準備中の3D長編映画<AM 11:00>のいくつかの技術的課題をテストするためのパイロットフィルムです。 [完了]この日<AM 11:00>のシナリオのコンサルティングを担当したクリストファーボグルロが出国する直前に、<27年後>の現場を訪問した。 クリストファーボグルロは、ハリウッドの指折りのシナリオコンサルタントとして、<ファイトクラブ><斜めから>などが彼の相談を経て完成された。 <AM 11:00>はボグルロがシナリオのコンサルティングを担当した最初の韓国映画化だ。
e0109292_19272187.jpg

e0109292_19283455.jpg

今年の初段編映像祭は、3Dの事前製作支援プログラムを新設し、シンテラ監督の<27年後には>をはじめイドヨウン監督の<ハムスター>、ギム・ホンイク監督の<手配チラシ>は、以上の3編を3D事前製作支援作に選定した。 3つの映画は、さまざまな3D装置を使用した。 <ハムスター>は、キヤノンのDSLRカメラとレッド院カメラまで、共通的に使用できるリーグ(3Dメーカー『NOON』で独自に開発した装置)を使用しており、<手配チラシ>は、パナソニックの両岸カメラAG - 3DA1で撮った。 <27年後>は、<アバター>に使われるソニーHDCT - 1500カメラと3オルリチリーグを使用したところ、三つの作品の中で最も高価な装置(オクダンウィラする)が動員された『初段編系のブロックバスター'だ。 高価な機器はすべて協賛。 シンテラ監督の口元に笑みを残していなかった理由が分かった。

#10月11日、ソウル龍山(ヨンサン)のある家庭_ <告白>の現場

e0109292_19295591.jpg


"ここでやってんですか?""映画チクオヨ""どんなヨウンファンデ?""短編なんです""いくらウォンの?""3ブンヨ""見ようとすると、終わってね。"超短編映画<告白>の撮影が行われた一個人宅門の前で映画のスタッフと近所の住民が交わした会話のひとこまである。 正しい言葉。 3分静かに、3分のカレーを調理する間、映画の一方が終わる。 近所の住民が玄関に入った場合は、より驚かないだろうか。 堅木の床をじっとり濡らした赤い血。 つるぎ倒れた祖父。 祖父の上に乗って[OK]を射殺するように首を絞めるの祖母(キムジヨン)。 この恐ろしい光景を記しているかわいいDSLRカメラ。 代替これらが何をする人なのか問わざるを得ない道理がないだろうからだ。

キム・テギュン監督の<告白>はチョン・ジウ監督の<さあ、撮ります>、ユン・ソンホ·バク・ジェミン監督の<ワクワクヨウンチュングォン>、ユン・テホ監督の<Breakfast>と一緒に初段編映像祭DSLR事前製作支援作に選定された。 キム・テギュン監督は、モニターの前に座っておらず、撮影監督の横にぴったりくっついては、"フォーカスなの?""フォーカス出たの?""フォーカス大丈夫?"という言葉をメコト繰り返した。 DSLRは、カメラが小さくて軽く、機動性に優れているという利点がありますが、深度が浅く、フォーカスアウトされやすい欠点も持っている。 キム・テギュン監督は、DSLRが十分に可能性のある機器と言いながらも、"素人ではなく、プロが商業映画と同じ条件で、DSLRのカメラのみ変えて撮ることは大きな意味がないようだ"と慎重に語った。 制作費削減のためではない場合は『私はなぜDSLRで撮るか』という悩みが伴わなければならないということだ。

<27年後>の現場を訪れ、スタッフたちにソルロンタン一杯ずつ心に抱く初段編映像祭ソミョンス執行委員長は、"新しい技術を実験し、新しい技術を共有できるようにすること、それが私たちの映画祭の役割であり、目指すところ"と言った。 シンテラ監督が3D映画を撮って試みた実験の結果、キムテギュン監督がDSLRで映画を撮っていた悩みの結果は11月5日から11日まで、ソウル九老区一帯で開かれる初段編映像祭を通じて確認することができる(www. sesiff.org)。

文: イジュヒョン 写真: チェソンヨル 写真: ベクジョンホン | 2010.11.02
by kazem2 | 2010-11-02 19:22 | Comments(0)