ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

インタビュー リュ・スンワン監督

☆10.asiae.co.kr
e0109292_23231336.jpg




リュスンワン監督"リュスンワンを捜さなければならなかった"
文: イ・ジヘ 写真:チェ・ギウォン Twitterを送る未トゥデー送信最近の送信ネイトを送る

10年。 永遠に『アクションキッド』仕事のようだったリュスンワン監督が映画<死ぬかあるいは悪いか、または>で映画界に登場した地図はすでに、それだけの時間が流れた。 これまで10編を超える映画を撮りながら、興行に失敗したパターンではなく、長期有給休暇も持っていて、人々が自分の脚本をもう好きではなく心配しており、ずいぶん前の打撃子の発言が恥ずかしくなる年齢になった。 そう、リュ・スンワン監督が"生きて感じたことの結果として出てきたこと"が映画<不当な取引>だ。 <不当な取引>は、以前の彼の映画の中で感じたものとは異なる種類の衝撃を与える。 今2010年の大韓民国がジングロウルほど真っ青に生きていてジャンル的快感をくれた数本の前作とは異なり、生き生きとした現実感で観客をジトヌルンダ。 彼に何があったのだろうか? リュ・スンワン監督の"変わっていないが、変わったもの"について聞いてみた。
*この記事は、ネタバレが含まれています


前売り率1位に観客たちの反応もそうだし、開封前に出てくる<不当な取引>関連の記事もとても好意的だ。 インタビューする味ナゲトダ。

リュスンワン監督:
謙遜してんだけど良くはいい。 (笑)ほど、評価が重要となるから。 でも、こういうことでも興行にならないと、いつでもいい新しい映画は出てきて、新たな才能も毎年出てくるから<不当な取引>にも、数週間後のみになっても、過去の映画になってしまう。 意味のあるスコアが記録されない限り、ますます私たちのような職業を持つ人々は困難になる。 そして、私のような十年働いた人には、期待値と呼ばれることもだんだんなくなる設けるとますます不安感が大きい。 今年三十八なのにこんなに若い年齢ですでに引退を考えなければと。 (笑)

"映画を作るの態度が変わったようだ"
e0109292_23287100.jpg


引退なんて。 <不当な取引>は、リュ・スンワンと呼ばれる監督に一つの電気、あるいは新たな出発点になりそうだ。 多くの人々が、リュ・スンワンが変わったと言っているし。

リュスンワン監督:
根本的に変わったことはないが変わったのはあるようだ。 他の人の脚本で作成されている可能性もあり、最も表面的には<不当な取引>を撮るときに肉体的にも精神的にも今までで一番少ない大変だった。 実際手を抜いて撮影したのがされることが多い。 (笑)なぜそうだったのだろうか考えてみれば映画を作るの態度が変わったようだ。 不本意ながら、昨年の長期有給休暇を過ごした。 <TACHIMAWA LEE>興行失敗の後、通過するのが難しい時期を送ったのですが、その時が、今振り返ってみれば私に変化させるのに決定的な役割を果たした。 進行していたプロジェクトが投資しておらず、準備もされたが伏せたりもして。 昨年1年だけ草稿を書いたシナリオが6~7方だ。 本当に多くのことを考えさせている時期であった。 有名なものと有能なのは違うよ。 ナビゲーション座標に撮られたリュ・スンワンの現在位置を感情的ではなく、冷静に振り返るとなった。 それとともに、『ああ、過去10年間、私はして幸せに映画をしたんだな、監督の権利を知らずにヌリョワトんだな』と考えられていたよ。 だから今は、その義務を履行しなければならない時期だと感じた。

その監督としてのウイムランどのようなことを言うか。

リュスンワン監督:
なぜ私の映画への投資はダメ? なぜ人々は自分の脚本を嫌い? これらのことを心配していた。 要するに、リュ・スンワンという名前が与えられるの固定観念、先入観というか? 初めから新人監督だったらどのような固定観念もなく、違ったこともできないではないかということもあったし。 重要なのはそのような時間を過ごすんだから、私はこれまで、お好みの映画を作ったということを確実に分かるよ。 私の好きなものを現わして、威張っていたいした。 なぜ言葉を学ぶ子供たちが大人たちの言葉によっているように私の好きなコスのフォームに従って、やりたかった。 でも、もうそんなものに興味がなくなり、どのような意味があるかシプドラ。 私がどんなにみなければその人たちがなることもないし、何かを飛び越えて他人に認めてもらいたい欲求が大きかったが、彼らとの競争にもならないばかりか、すでに飛び越えることができないの高地にある人々だった。 だから、まったく別のことをするのが正解ではないかと、リュ・スンワンを捜さなければならないと考えた。

あなたの言葉のように有毒リュ・スンワン映画だと言うことができるどのような雰囲気があった。 アクションに特化されており特有のソウルフルなB級の感情というか?

リュ・スンワン監督:
リュ・スンワン映画、リュ・スンワン映画のために自分の映画は、私が見ても大きな共通点がない。 リュ・スンボムが頻繁に出てくるというようサムバクジルを頻繁にするん以外は。 (笑)<クライングフィスト>と<TACHIMAWAリー>が何の関係があり、<チャクペ>と<死んだり、あるいは悪いか、>のジャンルのカテゴリ内に追いこむて考えてみたならば星の関係がない。 <不当な取引>も良いニュアンスで何かが変わった、変わったと言うから、気分はいいが、そこについて否定も肯定もできない。 わざとじゃないんだから。 映画監督は、結局、映画で言うんだけど、これまで私が経験して感じたことが集まって、映画になったんで、2010年のリュ・スンワンが生きて感じたことの結果が<不当な取引>に出てきたのだから、また次の映画がどうなるかは私も知らない。

具体的には映画を作るの態度にどのような変化があったか?

リュ・スンワン監督:
昔は作家、フィルムメーカーの称号を得て何から何まで関与している'すべて私に従ってください'こんな式だったならもうちょっと肩を組んでいくようだ。 監督の最も重要なことはンとオッケーを区別すること、それが最初で終わりだ。 だから、むしろ選択の幅が広くなっていたよ。 <アラハンジャンプンデ作戦>(以下<アラハン>)まで、俳優たちに自分の話し方をトシかの誤解によって求めるようにディレクションを与えたが、<クライングフィスト>をしながら、ちょっと変わった。 <アラハン>ときは、気に入らなければちょうど投げ大騒ぎだった。 リュ・スンワンは、現場での人々協力するという噂もあったから。 (笑)もちろん、スタッフたちと一緒にプスィオプして、そっと追突事故ではあったが(笑)絶対に殴ったことはない。 良い脚本と良いスタッフ、素晴らしい俳優が決定される映画の半分以上は終わっただろうと頭では分かっていたが、<不当な取引>しながら、それを体に感じた。 ああ、これが本当に楽だということ。 素晴らしい俳優たちが分かって映画の中で生きてくれて、良い撮影監督がいい角度で撮ってくれて、良い照明監督が分かって照明チョジュゴ、よい編集記事が分かっても切ってくれて、良い音楽監督が分かって、音楽的に擦ってくれて。 私はこれいいですね、あれジョトウンデヨマンとなるのだ。 だからストレスも少なくて。

"<不当取引>の中ジュヤンイヌン、実際の私の姿"

e0109292_2329672.jpg


<不当な取引>はあなたのどんな映画よりも映画の質感が現実的だった。 ジングロウル程度で、今私たちが住んでいる大韓民国の現在性が強調されていたよ。

リュスンワン監督:
運が良かったのが、この脚本に出会ったのも幸運だったが、映画を作る過程で、デスノートのように一連の事件が起こった。 元の脚本で、同様の事件は、児童虐待事件のために一山署に大統領が訪問して、瞬く間に事件が解決されていたんほどだった。 俳優たちも、最初台本をもらったときは『これが話になって? このような反応だったが、撮影の準備大詰めに 事件が起きたのだ。 最初はこれがどうしたトクイニャした事件が一波万波も大きくなるから、むしろスタッフたちが恐怖ネドラ。 映画がドキュメンタリーになっているのだから俳優たちも伏せジルカブワ心配して。 でも怖いか怖いというよりも帰るのが理想だった。 これは何? どのように反応する必要がされて? ジャンサトソクのみ思うには、どのラインを越えて行くから。 外圧の恐れがなくはないけど、実際にも、今までなかったし、いずれにしろ、我が国の成熟度を信じた。

ところで、俳優たちが話にならないと感じたのが意外なほどに映画の中に登場する人物や組織の面々は、国民的共感するレベルである。 検察と警察の不和や軋轢争い、公共機関の不正は、公の場で、どこでも行われていると思ってんじゃない?

リュ・スンワン監督:
ところで、私がシナリオに導いたのは事件や物語の構造ではなかった。 私は、出版社からの考えた演出の1度もなかったし。 興味あったのは、この事件の巻き込まれてしまうの個人だった。 食べて生きるために嫌でも頭をジョアリゴひざまずいている必要がして、いつの日か、この関係が逆転されるだけみてラして毒を抱いて生きる人々が多いのではないか? 僕もそうだし。 (笑)それで、この話が現実と重なる事が生じた場合にも恐怖をあまり感じていないことであり。 これは個人的にもっと傍点が写っているという話だったから。

その個人の関係で、絶対的な強者も、絶対的弱者もないというのが印象的だった。 毎時権力の構図や勝敗の行方が変わってお互いにかまれ、物理というのが、入り口も、出口も見えないボクマジョンだった。

リュスンワン監督:
特にその中で、ジュヤン(リュ・スンボム)このような場合は、自分の姿がたくさんある。 映画監督が、独裁が認可された専門職だ。 映画の中でジュヤンイ捜査官に"それちょっと選んでみて、"これでは捜査官が"何の名目で、令状を..."という。 これにより、ジュヤンウン"私はそんなことは分からなくて、ぜひ知っておく必要ゲトヌンデ"こんなだ。 それは私が現場でよく使う言葉だ。 "交渉? 私はそんなことはよく分からなくて、そこにぜひ撮りたいんですけど"そう。 (笑)もちろん、私も助手の生活を試みることによってそれがどのくらい大変かはならない。 でも、倫理的に不安な状態で、権力を負けるようになるのだ。 誰が私より良いアイデアを出すと、"本当に奇抜なさるのは、監督していく"こういって。 捜査官にとってはジュヤンイチョロム。 (笑)(類)スンボムががよくするしかないのが、私はこれまでしてきたのを見ているから何をしたいのかをとてもよく知っているのだ。 また、そのように監督が独裁権力を持っているようだが、制作に入るまでは、製作者、投資家との甲乙関係でウルイダ。 ところで撮影入ると、甲の統制を受ける権力を振るうを、いくつかの峠を越えたジャンソクグ(ユ・ヘジン)となる。 また、撮影が終了されている状態では、その権力はますます平準化がされている。 監督は『私達既にオプジルロ進んがどのようにしてみよう'こういう人だから。 その際、新しい権力、言論と観客が表示されます。 現場で管理されなければな対象がアブの対象になるんだ。 制御しなければならなかったの視聴者から"その映画に懸命に作ったから楽しんで見てください"そうなるのだ。 (笑)<不当な取引>は、映画の作成過程とされるように似ている。 そのような普段の私の人生のパターンが映画の中に出てくる。

そう、あなたと密着している映画の現実感が与えられるの重量のせいか見てからモルミナルほどだ。 映画の中の不当な取引は、そのまま現実へと繋がって改善の兆しが全く見えないので。

リュ・スンワン監督:
速度の差はあるだろうが、私は私達が住んでいる世界が少しずつ良くなっていることを信じる。 私は子供のころ時には道端に旗下降式あれば停止して敬礼していた時代だったから。 でも、少なくとも今はそうではない。 監視する視線があり、どんなふうにでも真実を表わしている。 速度が速く行われることもあり、ドディル時もありますが、いずれにしろ、少しずつ良くなっているようだ。 どの世界や人々の住む世界では腐敗のないところがなく、人間がすべてガンディナイエスキリストのような生活を純できないじゃないですか? 思考の問題のようだ。 映画の結末も考えに沿って別の方法で受け入れることができるんじゃないかな? ジュヤンイガ調査を受けに入って、職人さんが隣にあるけれど、私はそれについて何としていない。 ただ、その世界があるゴトプンイゴ<不当な取引>の中の事実は、もっともダルもなくそれがダダ。 残りは見る方々が決定することだ。

"私をめぐる錯視現象があるようだ"
e0109292_23295984.jpg


他の人が書いたシナリオで映画を作るのはどうだったか。 いつも自分の脚本で映画を作ってきた。

リュ・スンワン監督:
脚本自体と距離を置くことができて楽だった。 ンとOKを出すの判断基準において、監督たちが皆知っている場合が少ない。 監督も知らない。 (笑)私のような場合には、特により多くの方法では。 私は脚本を書いた場合には分からないことをバレるのが容易ではない。 過ちを認めること嫌いなんだ。 ところで、他の人が書いた脚本だから解釈に沿って別の方法で表示することもあった。 よく知らないアリソンハルときは、はるかに楽に支援を受けることがあったよ。 脚色する過程で、俳優たちとの意思疎通も楽だし。 私が書いた住まいについて議論する時は『これはこういうことなのになぜか理解ができなくて'こうだった。 かつて同じ場合のように作業している人々の別の考えを認めていない。 ところで<不当な取引>は、基本的な世界を私は作成したのではないでしょうか私の考えだけが正しいのではないことがあって、技術だけでうまくすれば良いのだった。 重要な小道具にクローズアップ入り、環境を示すときはロンシャトウロ撮って、俳優たちの演技が良かった時をチェックしてOKし。

そのように技術的な側面だけを強調されていることをより困難にする監督たちもあったが。 自分の芸術をするのではなく、技術者に転落したものと感じることもして。

リュスンワン監督:
そんなこともあり、私はそんなことより当たるより。 むしろ距離をヅニカ多くのことが見えて。 独裁権力を振るう味ドルハンデ(笑)映画を作りながら入る考えは、権力を握っているのが成立するが、そうだな。 良い映画、よく作った映画を作るのが肝心。 <不当な取引>で、私の役割と責任は何なのか心配しており、演出者の義務を追求して達成しようとする時多くの権利を享受した。 人々が競争的に良いアイデアを出したし、本当に調った食卓にスプーンあげた人は私だった。 (笑)

食卓の感想パロディのように<不当な取引>は悲観的であり、曖昧な全体的な雰囲気に比べて、笑いのポイントがかなり多かった。 本人が脚色する過程で、追加になったのか。

リュスンワン監督:
最初にブラックコメディの要素が敷かれてあったりするのが常であった。 ジュヤン中心に、ユーモアのコードがたくさんあった。 元のシナリオに比べて、詳細なものは変わったものはありますが、基本的な軸は大きく変わったことはない。 もちろんジュヤンイな場合は、詳細の記述で私をよく反映しながら、ちょっと'トゥッポジャプ'コメディーになることができる。 (笑)個人的に映画を見ながら笑いが好きで、ユーモアを重要視するので、そんなことがあったようだ。

<チャクペ>を作成してからは、リュスンワンの世界を証明したいと思ったと言った。 <不当な取引>を作成するときは何を証明してシプオトナ。

リュ・スンワン監督:
あの時の、リュ・スンワンと、今のリュ・スンワンは異なっている。 <チャクペ>を作成するときに、リュ・スンワンと<不当取引>を作成するときに、リュ・スンワンはまた違って。 そのときにどんな意図でそのような話をしたことを明らかに覚えていますが、今ではそれが私には何の意味がない。 そして今、リュ・スンワンの世界ではなく、私が選んだ映画の中の世界が重要である。 実は最近は自分の名前に関して負担を備えています。 映画よりも名前がアプソトドンことも多かった。 それが、観客が映画を見る上で、固定観念や先入観に作用していたよ。 例えば、<不当な取引>は、リュ・スンワンがマンドゥルオトダン理由だけで、<アラハン>のような映画を期待した観客には意味がなく、失望感だけ抱かせてくれるのだ。 映画を見るときにそのような期待はあまり助けにならない。 僕も、そのようなエラー犯したりするのに、見たい映画を頭の中にそして行く場合があります。 クリントイーストウッドの新作が出たとすると、期待して行ったが気持ちよく裏切られてくる場合もありますが、「これは何です」こういう場合がある。 でも、振り返って考えてみればそれが私の問題であって、映画の問題ではない。 映画自体を私が間違って見たんだ。 映画に何の期待がなければ、むしろ実体をもっとよく見よう。 だから、リュ・スンワンの世界を証明するこれも今見れば打撃幼く'切り'を展開したのだった。 それをどのように証明であり、証明すると、何をする。 内容証明でも送るのか。 (笑)ただ目に見えるように撮って映画を作成するとされているのに。 私は自分の映画に申し訳ないことが多かった。 さらに<不当な取引>を持つ高さの記事を見ると『リュスンワンならではの活魚などシンシンハムイ生きている』と言っていたが、私が今まで作った映画の中で新鮮なのがあったか? <血も涙もなく、>がそのようにサクサクになりましたか? (笑)私をめぐる錯視現象があるようだ。 フィルモグラフィーについてや自分自身についても。 さらに芸能に出た監督だから、リュ・スンワンは、言葉も上手で笑わせるんだと思って。 ところで、今日声をかけて見れば分かるがボボクうなって迷わずではないか。 すき間もすごく多く、その才能が優れており、キラキラのでもない。 しまいには、たまります試験で落ちたのか。 (笑)私の先入観はこの映画を鑑賞する上で良い作用をするようで映画に申し訳ありませんが、この度は、ちょっと少ないようでよかった。

2010.11.01
by kazem2 | 2010-11-01 23:23 | Movie