ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

演出「本業」、制作「副業」「副業」走る興行監督たち

☆sisapress.com.news
ユン・ゼギュン チャン・ジン リュ・スンワンなど'兼業'の成功...今年特に目立って



興行の監督に選ばれるカン・ウソク パク・チャヌク ユン・ゼギュン チャン・ジン リュ・スンワンのもう一つの共通点は、製作者であるということです。 実は監督が映画製作を兼業することは、昨日今日のことではない。 監督は製作で物的土台を固めて人脈を形成する。 国内でも1960〜70年代シンピルルムという自分の映画の王国を建設したシンサンオク監督の事例があり、1990年代には、カン・ウソク監督がシネマサービスを使用して、数多くのヒット作を製造しながら映画界ナンバーワンのパワーマンに通すこともした。

今年は特に監督が製作した映画がたくさん溢れ出た。 監督がメガホンを持って興行争いを繰り広げることを超えて撮影場の外でも興行の熱戦を繰り広げる形だ。 監督たちが製作する映画だけでも、映画界の現在の権力の地形をグリョボルことがあるほどだ。

昨年<海雲台(ヘウンデ)>に1千万観客映画クラブに参加してユン・ジェギュン監督の縦横無尽が最も目立つ。 ユンガムドクウン上半期だけで、自分が制作者としてクレジットをあげた<ハーモニー>と<私のチンピラのような恋人>を公開した。 <ハーモニー>は、3百10万人の観客を集め、今年のヒット作名簿に上がった。 評論家から好評を博した<私のチンピラのような恋人>は70万人が見た損益分岐点を越えた。

現在進行中の大型プロジェクトもユン監督の影響力がかかることを示しています。 来年の夏の市場を狙った<7鉱区>と<クイック>はユン監督指揮下に製作されている。 両作品とも制作費100億ウォン台の超大作である。 ユン監督メガホンを掲載した米合作映画<テンプルステイ>の制作費も数百億ウォン台だ。 韓国映画界を揺るがす話題作三編ユン監督イジュウィラクピョラクしているわけだ。 "今忠武路はユン・ゼギュン時代である"という映画人たちの言葉がホツル聞こえない。

映画界パワーマンカン・ウソク監督は、停滞している形だ。 今年の<容赦はない>と<ガソリンスタンド襲撃事件2> <クイズ王>などを相次いで封切りさせたが、興行成績はあまりよくなかった。 自分が演出した<コケ>だけが3万人の観客を越してかっこうつけなレベルである。 しかし、卓越した興行感覚と勝負師の気質を持ったガン監督イギエまだ彼の歩みは、注目に値する。 ガン監督ウンヒューマンドラマ<グローブ>を演出しており、来年の旧正月連休に封切りを目標にしている。

パク・チャヌク、国際舞台でも制作者の活動'注目'

2005年<トンマッコルへようこそ>に成功した製作者の隊列に入ったチャン・ジン監督は、去る10月21日封切りした<味噌>で興行戦線に乗り出した。 2007年<正しく生きよう>も興行させたのは彼が<味噌>で3打席連続興行安打を打つことになるかも注目される。 彼は<味噌>に続いて、自分が演出する<ロマンティックヘブン>で捲土重来を狙う。

忠武路才人リュ・スンワン監督は、過去の秋夕連休に封切りした<シューティング>でメーカー公式デビュー式を行った。 リュ監督2005年に妻のカン・ヘジョン氏と映画会社ウェユネガンを設立し、自分の映画製作を兼ねてきた。 <シューティング>は、損益分岐点をはるかに超える190万人ほどの観客を集めた。 リュ監督興行では、成功的なデビュー式を行ったわけだ。

もう一人の注目見なければならない映画監督出身の製作者は、パク・チャヌク監督である。 バク監督設立した映画会社モホフィルムは、ポン・ジュノ監督の次回作<雪国列車>の制作を進めている。 多国籍のプロジェクトとして推進されている<雪国列車>は、数百億ウォン台のプロジェクトになる見通しだ。 次回作を、米国ハリウッドで進行中のバク監督国際舞台でも制作者として活動している。 バク監督海外の認知度がどの程度なのか見積ることができる事例である。

迫真の描写に込められた「不都合な真実」作成してみるとドキュメンタリー"監督の言葉を実感
この週間のレビュー<不当な取引>
e0109292_20345949.jpg

▲<不当な取引>
ⓒウェユネガン提供

ドンイルボム仕業だと推定される連続殺人事件の衝撃が全国を振る大統領まで出て調査を奨励する。 警察は、偽の犯人を作って事件を終結することにして、広域捜査隊のエースチェチョルギ(ファン・ジョンミン)を前面に掲げた。 昇進を保障するというハイレベルの提案を受け入れたチェチョルて、スポンサーの建設業者ジャンソクグ(ユ・ヘジン)を利用して'俳優'を立てて、イベントを終えていますが、やはり建設業者の支援を受けている検査ジュヤン(リュ・スンボム)が割り込んで状況はますますこじれていく。
善良な人はいない世界、お互いをくわえてかむ食物連鎖の中に、検察と警察は、スポンサーとメディアがドィオンキゴ不正な闇取引が横行する。 取引の背景には、企業の後援を受けた検察は、捜査権をめぐる検察と警察の反目、組織内の学研ディレイによるドラッグして、周期のあいさつにマスコミと検察、警察、企業間の密月関係および児童対象の犯罪が絡んでいる。 今年一年の大韓民国のニュースのヘッドラインの総まとめの版なのか? 監督リュ・スンワンが見た世界は、映画<不当な取引>の物語である。

アクションジャンルの映画を使って独自の世界を構築してきた監督リュ・スンワンの新作<不当な取引>は、誰もが知っているが、社会の『不都合な真実』の迫真の実例である。 既存の作品とは違ってアクションの比重が大幅に減り、ドラマが大幅に強化された。 それなりの変身とも言えるほどの変化だが、厄介なことはない。 比較的タイト組んだ話がおもしろくて、速い展開は物語の吸引力を加える。 減少はしたが、アクションシーンが与えるインパクトは強烈で、後半作業に念を入れたように全体的な絵の「テカル」もいい。 物語を集めていく歳の主役ファン・ジョンミン、リュ・スンボム有害陣が見せてくれる演技の呼吸は言うまでもないことのないレベルである。 ソン・セビョク·チョン・ホジンなど、映画の隅々を満たした助演たちの演技のバランスも一品である。 ムクジクハゴ時事的な話を扱っているが、リュ・スンワン監督特有のコメディ感覚も生きている。 十分に娯楽的であふれるように示唆的である。

多分誰かはこの映画を見て不快がることもできる。 たとえブルピョンヘジ負けた場合でも、最後の場面を見て立ち上がるの後味がひたすら愉快なものではない。 "作ってみるとドキュメンタリーになった"という監督の言葉のように映画が現実と、いやな現実が映画とあまりにも似ているからだ。

[1097号] 2010年10月27日(水) ラジェギ│韓国日報文化部記者
by kazem2 | 2010-10-28 20:37 | Comments(0)