ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カンドンウォン"軍服務2年のブランク、全然惜しくない"(インタビュー)

☆asiae.co.kr.news
e0109292_9305058.jpg




[スポーツニッポンイウンジ記者]
[水に会った俳優]がある。まさに映画『戦友』と『義兄弟』を連続で興行に成功させながら演技力とスター性を同時に認められたカン・ドンウォンである。このような過程で、カン・ドンウォンは'花美男'俳優の限界を脱皮して演技も上手な俳優'へと変貌した。最高の全盛期に上がったカン・ドンウォンだが、しばらく演技活動を休まなければならない。軍服務という課題が残っているのだ。

◆2年のブランク、恐ろしいか、または負担いたしね

映画『超能力者』の公開を控えて27日、ソウル三清洞のあるカフェで、アジア経済スポーツトゥデーとのインタビューを行ったカンドンウォンは、これまで常に挙論されてきた軍の話を率直に聞かせてくれた。

"周辺で'2年間の空白が怖いんじゃない。もったいない'という話をたくさんしてください。しかし、私は全然惜しくないですよ。恐ろしいか、もったいないと思ったことは一度もないです。多くの方々が「カンドンウォンは、今が盛りなのに」と呼ばれるのにそのように思ってもアンゴヨ。軍の負担になることはまったくありません。"

グンデラン大韓民国男なら誰もが行くところですが、活動の空白を持たなければならない芸能人にとって負担になるしかない。演技者がろうが歌手になろう2年という空白期はすばらしい。大衆にイトヒルカ気になるのは当然のこと。しかし、カンドンウォンはドムドムヘトダ。

"軍隊に関連する考えは、ただ早く復帰したいと思う気持ちだけです。続けることがよくなっている仕事中毒に陥っている時期に現場復帰への思いが一番大きいですね。懸命に軍の生活してより良い姿を復帰するとされているからね。そのうちに、私はサラ負けたといってもカンドンウォンが消えるのではないでしょう。"

◆やりたいことが多くなった今、自信を持ってすべてのものを発散しています

e0109292_9312916.jpg


『超能力者』は、カンドンウォンに入隊前の最後の作品となるかもしれない。だからといって、特に違いはなかった。彼は、"すべての作品を大切にした"とし、"ちょうど今の時期にしたいことが多くなっただけだ"と話した。

"仕事をするために軍隊を念頭に置いてチクジンはありません。私は、海外に1年ナガイトのだから、それを考慮しながら、演技じゃないアンジャンよ。全く同じです。ただ少し違うのがある場合は、『義兄弟』が終わった後、やってみたいことが多くなったということです。その前までは、無条件に吸収したとすると、今はやりたいことが起こるのステップです。'カメリア'を撮るときにしたいと思うことについての実験をしました。面白くて良かったですよ。はるかに多くのものを自信を持って発散したようです。"

彼は軍隊を淡々と、また当然経なければならない過程で待っていた。 「入隊前の最後の作品」と決めておいたのではなかったが、一作品一作品『最後の』という考えで、自分のすべての事、新たな姿を見せるために、絶えず努力した。

『戦友』『義兄弟』『超能力者』は、そのように完成した映画だ。観客たちはそのために彼の演技に感心し、楽しんでいた。これが'俳優カンドンウォン'を作った底力である。

e0109292_932145.jpg


記事の入力2010年10月27日15時20最終変更2010年10月27日午後四時51
by kazem2 | 2010-10-28 09:35 | ragazzo