ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[外信記者クラブ]映画の海に『海』がないなんて...

☆CINE21.com
センタムシティへの移行は、釜山(プサン)国際映画祭が惜しいの理由
e0109292_1901866.jpg

                    CGVセンタムシティがあり、デパートの建物の外観。



今年の釜山国際映画祭で外国人記者らのプログラマが最も多くした話は何だろうか?映画?パーティー?食べ物?天気?すべてではない。来年の釜山映画祭が、魂が感じられないのコンクリートドミインセンタムシティに移っているという事実だった。

釜山(プサン)国際映画祭が発展の過程で最も困難な2番目の局面に入りながら、映画祭の一つの時代が暮れているという感じがするのは、キム・ドンホ委員長の退職のためだけではない。みんな好きで尊敬するキム・ドンホ委員長は、国際的なレベルで許容でき、身近な感じで、釜山(プサン)国際映画祭を刻印させてきた。これは、他の誰もあえて真似ることができないの成果である。誰がこのようにペオナゲ社交的で外交的でありながら、優れたビジネス感覚とすごい謙虚さの美徳まで装備することができるか?さまざまな面でキム・ドンホ委員長が懐かしいだろう。でも、映画祭に特別な雰囲気をドヘジュン海雲台ビーチもたくさん懐かしいだろう。

単純に映画を集めて見せてくれると映画祭がされているわけではない。特に、外国のゲストに映画祭は、心が似ている人々に会い、関係を強化し、新たな関係を結んで気持ちの良い環境での事業もして、視点も、破壊の相互作用の社会的なイベントである。映画祭を運営する人々はしばしばこの重要な要素 - 映画祭の地理的位置 - を見落としている。一番良いの映画祭は、映画の上映館と食べたり飲んだりすることができる場所が徒歩で行き来できる距離内にいるのだ。シャトルバスやタクシーに依存する必要がないので、人々と出くわすことができるだけでなく、このような環境では、一週間あるいは十日余りの間、同じ空間を共有する人々の間に一種の共同体意識をサクトゥゲする。

カンヌ、ベルリン、ベネチア、トロント、サンダンス映画祭は、そのような点では同じです。釜山(プサン)国際映画祭の初期の南浦洞の頃にも似た雰囲気があり、それはまさに外国のゲストたちが、毎年、釜山を追求する理由だった。映画祭は海雲台(ヘウンデ)に移し、小沢初めには適応することは極めて困難でしたが、やがて人々は『ミニカンヌ映画祭』のように浜と曲がりくねった通りは、路地裏のレストランやカフェを好きになった。

センタムシティでは、このような雰囲気を享受することができない。新世界デパートの地下のフードコートは、こぎれいですが独特の雰囲気がない。夕方には周辺の他のレストランやドアの開いて店を見つけることもできない。夕方にタクシーに乗ることも難しく、シンセギェナロッテから夜遅く映画を見た観客は、ドアの閉まるデパートの隣にある小さな入り口に集まっていかなければならない。過去2年間、何人かのゲストは、特にセンタムシティホテルに宿泊した映画祭のプログラマーたちは、特別の約束をせずには釜山からの人々はほとんど会うことができなかった。前はこうでした。

外国人によく知られていない都市富川(プチョン)にある富川(プチョン)国際映画祭は、小さな規模でこのような社会的疎外感をよりよく解決した。すべての上映やイベントの場所や施設が高麗ホテル周辺でゴルオダニルすることができる距離に位置し、周囲の路地には、良いレストランやバーが夜遅くまでドアを開けて、家族的な雰囲気が感じられる。もちろん、富川映画祭は、釜山(プサン)国際映画祭よりも規模がはるかに小さい。

映画祭に来る観客は、感情的に保守的である。すべての変更を嫌い、特に場所が変わるのを嫌っている。 2000年ベルリン国際映画祭がセンタムシティ地域と同様のポツダム広場の地域に移ったときに皆が嫌っていた。しかし、幸いにもすぐ近くにレストランやパブができた。ポツダム広場は、文化的に豊かでエキサイティングな首都の中心部に位置しているがセンタムシティはそうではない。海雲台(ヘウンデ)の最大の魅力は浜だった。これで、ほとんどのゲストは、その浜をもう見ることができなくなりそうだ。

文:デレクエリー(<バラエティ>シニアの国際評論家)
写真: チェ・ソンヨル 2010.10.27

翻訳以西の遅延
by kazem2 | 2010-10-27 19:00 | Comments(0)