ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[エディトリアルチーム] 映画<不当な取引>、本当に豪放ね

☆CINE21.com
e0109292_21434100.jpg




リュ・スンワン監督は、『映画界の神童』と呼ばれ、映画界に飛び込んだ。しかし、デビュー作<死ぬかあるいは悪いか、>を見て、多くの人が予知したのとは異なり、彼のキャリアはあまりよくプルリジンなかった。大変なヒット作もなく、美学的に完全な達成を成したと断言できる映画でもなかった。彼の映画は、エネルギーが沸いてすごく走ったけど、どこか整えていない感じだったし、くさしこむキャラクターたちが顕著になったが話の中にスムーズに入らないことができなかった。彼は映画の中で何かの意味を立てれば最後までプッシュ付だったが、その'過剰'を表わす器は、未完成なままだった。

最近の試写会を通じて公開した<不当な取引>は初めて、リュ・スンワン映画の完成といえる。予想していたリュ・スンワンピョアクションは、目をこすり捜さなければやっと目に見えるの代わりに、その場には、尾に尾を水のように密なプロットと息をのむ緊張感、鮮やかなキャラクターが席が埋まっている。 「韓国型ノワール」を一段階アップグレードしたと言うことができるほどだ。また、『不当な取引』にむさくるしいスポンサー - 検察 - 警察 - 言論の接続に関する問題提起は、強烈この上ない。ジュ・ソンチョル記者が言ったように、それこそ韓国社会の'直撃弾'と言える。リュ・スンワン監督の大ファンならウェリョマイナスの履歴は知らなくても、<不当な取引>は、パワフルなエネルギー、明確なキャラクターは、最後までミルオブトイギ、独創的なコメディーまで、リュスンワン監督の良さを憂いを込めたながらも正方形の映画的な論法を使って、これを解いていくという点で、彼のチェゴジャクに挙げるに値する。インタビューで彼はこれまで自分の好みに応じて、映画をしてきたが、今回は客観的な必要性に従ったとしたが、彼の好みがあまり普及していないという点を考慮すると(監督、ごめんなさい...ペコリ)グエゲナ映画界全体でもよい事ではないかと思う。

ところが、誰もがこの映画を楽しく見てはいない模様だ。試写会後の記者懇談会で、一部の記者たちが不愉快な表情だったという話が聞こえてきてね。 <不当な取引>には、代理人と結託した日刊紙の記者が登場する。彼の代理人に接待と賄賂(それも限定版の高級時計!)を受け取り、これに相当する記事を書く。日刊紙にしばらく身を置いた経験を振り返り、考えてみれば、今の時代にそのようなレベルの賄賂を受け取る記者があるだろうかと思ったりするが、この映画が、最終的に韓国社会への痛烈な批判を図るという点を考えると十分に容認できる程度だ。そういえば<深夜のFM>にも非倫理的な放送の記者が登場する。最近、韓国映画に頻繁に登場するこのような場は、<ダイハード>のミプサン放送の記者のように映画のクリーブランド頁岩かもしれませんが、ある程度韓国的現実を反映したものでもある。メディアが社会を監視し、権力を牽制する役割を適切に行うことができないのに、どうして<大統領の陰謀>や<ペーパー>を期待するだろうか。
<不当取引>に好意的なのが、リュ・スンワン監督とある種の「不当な取引」のためではないか?
私は、限定版の高級時計にもホクハジいない記者だって。最近、携帯電話、腕時計のよく当たるね。 MacBook Airのならもう分からない...。 (急遽)

文: 解析の
by kazem2 | 2010-10-26 21:44