ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[シネスコープ]どんな団結成模擬なのでしょうか?

☆CINE21.com
e0109292_18335073.jpg

ソウルアートシネマテック専用映画館の建設のための2番目の最大スポンサーの広告撮影現場
左から、コヒョンジョン、イジェヨン監督、ソジソブ。






"監督、私達の年齢が何かどうです?"10月16日、延世大学のキャンパス、イ・ジェヨン監督を挟んでコ・ヒョンジョンとソ・ジソブの年齢の盛土が盛んだ。スタートは、コヒョンジョンだった。 "カラオケに行って踊ればゴルグルプヘドという音を聞く"は、コ・ヒョンジョンの言葉に"私達が不足しているのが何ている"とソ・ジソプが相槌を打ち、顔、体型、肌、水泳の実力を行き来してお互いを賞賛していた途中イ・ジェヨン監督が"私は非常に...。年齢(が不足しないか)?"という言葉でブレーキをかけると二人の俳優が怒っている設定である。ハプニングは、やはりコ・ヒョンジョンの一言で一段落した。 "監督、ギェドゥルウンビールの味も分からない。"ソウルアートシネマの『シネマテーク専用映画館』建設のための最大の2次スポンサーの広告は、こうして幕を上げた。

今年4月、初のテープを切った最大のソウルアートシネマ第一次スポンサーの広告は、パク・チャヌク キム・ジウン·リュ・スンワン·チェ・ドンフン監督、俳優のキム・ヘス ウォンビン、リュ・スンボム コン・ヒョジン イ・ミンギなど韓国を代表する映画人たちの出演で話題を集めた。彼らは、"シネマテックだからこそ、一国の映画産業、文化の自尊心"(ポン・ジュノ監督)ということに意を集め、出演料全額をシネマテーク専用映画館の建設資金として寄付した。 6ヶ月ぶりに再開された2次後援広告の面々も1次と大きく変わらない。イ・ジェヨン監督と俳優コ・ヒョンジョン ソジソブ、俳優のキム・ミニとキム・ハヌル、<無敵者>に一緒に出演した俳優ソン・スンホンとチュジンモ、キム・ガンウ、イ・ジュニク監督と俳優チョン・ジョンミョンがシネマテックのために、それぞれ4つのエピソードに出演する。

イ・ジェヨン監督とコ・ヒョンジョン、ソ・ジソプが出演した最初のエピソードの撮影現場には"自発的に話してから、このセリフに入る"の撮影のコンセプトからアドリブがカットごとに溢れ出た。休み時間には二人の俳優と談笑を交わしての撮影だけ入ると、言葉がなくなるのイ・ジェヨン監督を置き、コ・ヒョンジョンが"(CF)監督は、この学習のシュート入ると、言葉がない"と不平を言う。横でその言葉を聞くのイ・ジェヨン監督は、笑顔を交えながらも、まだシュートが入って黙殺無返答である。この監督の沈黙(?)には、それなりの事情がある。 "広告の撮影に不安があって、これまでCFを一度も撮ったんですよ。今回もできるなら撮影をしないだろうが、何とかシネマテークが存在すればという気持ちに出演するようになりました。"広告出演の恐れがある監督さえ撮影現場に出るようにすること、それがシネマテークの力であるのだ。シネマテーク専用映画館建設のための最大の2次スポンサーの広告は、11月中旬からTVや劇場で公開される予定だ。

文: ジャン・ヨウンヨプ
写真: ベク・ジョンホン 2010.10.26
by kazem2 | 2010-10-26 18:33