ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「who are you」 イ・ソム    映画<おいしい人生>

☆CINE21.com
e0109292_13391756.jpg




- ファッション界では誰もが知っているモデルだ。

= 90年生まれである。 2008年のケーブルチャンネルMnetのモデル選抜プログラム<チェックイットガール>で優勝しながら、ファッションモデルとしてデビューした。 <W Korea><ボーグ>など、様々なファッション誌での写真集を撮ってきており、多くのデザイナーのファッションショーに参加している。

- <おいしい人生>で演じたミナはどんな人物なのか。

=チョ代表(リュスンス)が江陵に来て、偶然に出会う20歳の女だ。実際の私の姿と似ている面が多い。監督は、『ただ君を見せてくれればいい』と言われたほどだ。

- 初めての映画だ。やってみると、モデルとどのように違ったのか。

=モデルは、画像を撮るときに、エディタ、フォトグラファーとのホフプマン神経使います。一方、映画はスタッフたちと一緒に袋キョヤする。違ってもあまりにも違った、とても不思議だった。

- 感情にどっぷりはまって撮った場面は。

=車の中でチョ代表と一緒にというユ・ジェハの<私の心に映った自分の姿>を聞く場面。元々は、ミナが直接呼ぶことで設定された場面なのに修正された。 <いつか>を呼ぶシーンは現場を訪れた歌手イ・サンウンシの前で直接呼んだ。カラオケで練習して撮ったんですが緊張してますよ。

- 映画が好きだと聞いた。

=劇場で、大きなスクリーンで見ることを好む。特に、シネキューブ! (隣に座ったジョ・ソンギュ代表者の顔色を見てから)まあ、スポンジハウスでも多くの場合、ページを捲る。 (笑)

- 現在のイ・ヒョンスン監督の<青い塩>でお世話に敬意友達に演技している。
現場を訪れたパク・チャヌク、ポン・ジュノ監督の賞賛の評判だ。

='ポン・ジュノ監督の映画の中でどのようなことがあるか』は、イヒョンスン監督の質問に急に気がでて<魔女>(<マザー>と<メイド>の合わせた言葉)と答えた。 (笑)

- どのような俳優になりたい。

=自由奔放な俳優?!モデルは、ひとつひとつのカットの異なるイメージを表現することがイトジャンナ。演技もそうだといい。引き受けた仕事をすべて消化したいと思う。

文: キム・ソンフン
写真: オ・ギェオク 2010.10.26


映画「青い塩」にキャスティングされていたから 
最初にソン・ガンホssiのサイトでアップされたんですね
モデルの写真を何枚か見ましたが 素晴らしいです
ベビーフェイスなのに 妖艶で人を引きつけますね
by kazem2 | 2010-10-26 13:47