ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イ・ヘヨン監督の新作『フェスティバル』に忠武路は'揺れる'

☆フェスティバル公式(予告編)
☆news.nate.com
e0109292_1830321.jpg




[OSEN =イミョンジュ記者]
映画『フェスティバル』が映画界の俳優たちと監督のアクション映像を公開して話題を集めている。

ジョムジャンギロ評判の近所の近所の人たちのヤルトハゴコミカルな夜の問題を扱った『フェスティバル』は、11月18日の封切りを控えてイ・ヘヨン監督のコメディを待ち望んでいた多くの俳優や監督たちの応熱気を込めたアクション映像を電撃公開した。

忠武路の多くの人々が『フェスティバル』を応援した理由は、前作『天下壮士マドンナ』は、新鮮な素材とユニークな発想で、言論と評壇をつかんだし、一気に忠武路のブルーチップに浮び上がったからだ。以来、この監督のコメディを待っていた日本の映画人たちは彼の次回作公開のニュースにときめく心を隠すことができずにいるという裏話だ。

今回公開された映像は『晩秋』の公開を待っているキム・テヨン監督が"自分の映画が公開になるか年末のこの時点で、『フェスティバル』がうまくいくようで最大限のなることを願っているが応援する時ではない"は、愛情混じりのコメントで始める。続いて『王の男』のイ・ジュニク監督、『密愛』ビョン・ヤングズ監督、'バンジャジョン'ギム・デオ監督、『義兄弟』チャン・フン監督、'キムシピョリュギ'イ・ヘジュン監督は、『悪魔を見た』のキム・ジウン監督など有名な日本最高の監督たちがイ・ヘヨン監督に送る応援メッセージが込められている。

さらにオム・ジョンファ、チング、リュ・ドクファン、オム・テウン、リュ・スンリョン、チョン・ジニョン、アン・ソンギ、ムン・ソリなどの韓国映画界を担う演技派俳優たちまで足を脱いでからイヘヨン監督を応援する姿が写っていて目を引く。特に、『天下壮士マドンナ』を一緒にした俳優リュドクファンウン"韓国にはない独特のシナリオだったようだ。欲が出て必ずのようにしようとしたところで書いてみませんか時よ"とキュートな苦情を働かせることもした。

また、映画の主題曲『フェスティバル』を歌ったオム・ジョンファは、自分の歌が映画で使用されることへの喜びを現わして、"イ・ヘヨン監督の奇抜さが映画の中でどのように表現されるのか期待される"とときめく心を隠すことができなかった。

このように映画界を代表する監督と俳優たちが応援を受けながら、強大なパワーを誇っている『フェスティバル』は、独特のシナリオと、男女間の愛情行為を面白く解いたセクシーコメディーにすべての期待を一身に受けている。 『セックスイズゼロ』以来、これといったセクシーコメディではない昨今、このような笑いを待ち望んでいた観客たちの期待感を一層高める。

忠武路の名品俳優シン・ハギュン、オム・ジウォン、シム・ヘジン、ソン・ドンイル、リュ・スンボム、ベク・ジンフイ、オ・ダルスなどが主演を務め、話題を集めた今回の作品は、来る11月18日封切りする。

rosecut@osen.co.kr
by kazem2 | 2010-10-22 18:34 | kim jee woon | Comments(0)