ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

不当な社会に向けて、リュスンワンの直撃<不当な取引>初公開

☆cine21.com
e0109292_23123312.jpg





一時 10月20日(火)午後2時
場所 往十里CGV

この映画
連続殺人事件が起こり、全国民が衝撃的に追い込む。続いたの阻止に失敗した大統領が直接事件に介入し、捜査中に有力な容疑者が死亡する事故が発生すると、警察庁は、最後のカードを取り出して持ち上げる。偽の犯人である『学び』を作って事件を終結にすること。今回の事件の担当に指目された広域捜査隊のエースチェチョルギ(ファン・ジョンミン)は、警察出身ではないという理由から、いつもの昇進が失望されたが、昇進を保障してくれるというハイレベルの条件を受け入れ、事件に飛び込む。彼はスポンサーのジャンソクグ(ユ・ヘジン)を利用して'俳優'を立てて国民を相手にしたイベントを完璧に仕上げになる。一方、不動産業界の大きな手ギムフェジャン(チョ・ヨンジン)からスポーンを受ける検査ジュヤン(リュ・スンボム)は、チェチョルギガ入札汚職の件でギムフェジャンウル拘束させたという事実に憤慨彼の後を掘り始める。おりしも、自分に割り当てられている連続殺人事件の犯人を調査していたジュヤンウン調査の過程でチェチョル瓦ジャンソクグの間に取引があったことに気付き、チェチョル機に、別の取引を提供する。

マルマルマル

"映画を撮る前にはならないそうだったが、撮ってみるとドキュメンタリーになった。誤解の素地があることができますが、特定の機関を攻撃しようとしたものではない。終わりのない食物連鎖の構造が面白かった。誰か誰かの足を引っ張って、再先端の足首を取れた人がまた初めての人の足首を取る構造だ。勝者も、敗者もなく絶対的に優位を占める人もいない。個人的な考えで権力の最上位には、市民が必要になると思う。ところが、そのような市民に正確な情報を提供するのがマスコミの役割である。それが歪むときに問題になるだろう。それが腐敗すると、この映画の中の現象が発生するのだ。" - リュ・スンワン監督


100自評

世の中にこれより加えた映画がない。検査が緻密に脚本を書いて、警察は、渾身の力をつくして演出して、スポンサーはディレクティングがないコウォーも参照して情熱的に演じる。あまりにも汚れてこじれており、どこから解凍するかどうか困る。 <不当な取引>のような映画こそが『直撃』という表現が似合う。文句せずに、スピーディーに、コアに入りまくりヘジプヌンダ。ファンなら誰もが密かに期待したそうなリュ・スンワン監督ならではのアクションシーンはないが、あえてそのような事実を認知することができないほどの迫力と闘志にあふれている。リュ・スンボム、ファン・ジョンミンをはじめ、助演たちのマッカルナは演技がその後をしっかりで支える。
ジュソンチョル<シネ21>記者

文: ジュ・ソンチョル 2010.10.20
by kazem2 | 2010-10-20 23:12