ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[チョンウソン]謙虚さと情熱で、貫禄が滲み出ている

☆cine21.com
e0109292_21462433.jpg

              <ゴムオガンホ>のチョンウソン




情けない男。
強豪を号令した女傑(ヤン・ジャギョン)が'女性'になって得た夫を置いて昔の仲間たちはこのように嘲笑する。 <ゴムオガンホ>でチョン・ウソンは、その『情けない男』だ。彼は一日中馬糞を片付けて、お金が惜しくてヅブポ安さを食べたくてもそのまま行き過ぎて、ナイフに行くの砥石を購入するのが仕事の中で一番大きいドバルイン小市民ガンアセンウル演じる。実はチョン・ウソンのこのような姿には慣れてわけではありませんが、不慣れでもない。 <野良犬>の世間知らずの青年との<豪雨時代>の会社員ドンハを使用して、彼は派手な外見を隠しても、いくらでも俳優チョン・ウソンに聳え立つことができるということを立証して見せてから。それにもかかわらず<ゴムオガンホ>はちょっと違う。この映画でチョン・ウソンはガンアセンウル『演技』するのではなく、生きて出すように見える。まるで映画の一部でもなったように、彼は不必要な力を抜いて、水が流れるようにセリフを詠唱する。これは、撮影現場の日常のようにデハゲなった17年目の俳優の現在との関連がある。 "これからは自分が何をしていることよりも、他のスタッフたちと共鳴して'と'映画を作っていくことが重要に感じられる"は、チョン・ウソンは、唯一の韓国俳優で一人ぼっちで参加した彼の初の海外進出作をそのように終えた。快適に、映画のように。

中国のスタッフたちが最も好きな俳優

もちろん、最初から心の余裕があったのではなかった。 <私の頭の中の消しゴム>を使用してチョン・ウソンを注視したジョンウー監督の積極的な推薦で<ゴムオガンホ>に合流するようになったが、スタッフから"中国語も苦手な韓国俳優が中国映画の主演を務めることが話になるのか"は、話を聞くかと思って戦々恐々したりした。準備された俳優だということを示すために、黒石派のボス役を務めた中国の俳優ワンハクギワウイの対決シーンでは、欲も多く出した。 "何時にどこに出ろする情報伝達が主となる場面だったが、長いセリフに感情までノトヌラすごく困りきりましたです。ある時は興奮してあまりセリフをすぐに打つこともあります。中国のスタッフが驚いてお前、中国語をそんなに早くするなんて! (テイク)もう一度行こう。こんな時もありました。 (笑)"の安定は、スチャオピン監督と妻役を演じた両者の経過の交感を通じて取り戻した。スチャオピン監督は、シナリオのチョン・ウソンと量子卿の意見を積極的に収容したほうがとなり、このため、ディテールの感情とマイナーなセリフが現場で即興的に変化して俳優のアドバイスに基づいて変更されることが多かった。 <ゴムオガンホ>でチョンウソンの演技がいっそう自然に感じられる理由だ。

<ゴムオガンホ>を使用してチョン・ウソンが得られたのは断然『人』だ。ジョンウー監督は"撮影現場で、すべての人々が目の高さを揃えるには、謙虚さと情熱"を、相手の俳優の代わり頃には、"俳優が年齢を食べて治安が姿の標本"を学んだ。父のような監督、クンヌナのような女優が生じたプドゥトハムグァ一緒に"韓国俳優のイメージをあまり大丈夫に残した"自分のためにギトゥクハムド<ゴムオガンホ>の収入である。 "プロデューサーのテレンスウィンドウが撮影の最後にこんな話をしてくれました。 『現場のスタッフたちが一番好きだった俳優は優勢だったんだ。'、その言葉を聞いた時のように嬉しい時がなかったんですよ。"

グローバルアクターだけでは量で蹴る

このように、初の海外進出作をビョルタルで仕上げたチョン・ウソンの次回作は、<アテナ:戦争の女神>である。国情院の一級要員里程优に扮する彼は<アスファルトの男>以来15年ぶりにドラマに復帰した。 'ナルエクション'のための肉が破れて足が折れるけがも拒まないで撮影に臨む中だ。ところで海外で、ブラウン管に自分の領土を広げていくにはチョン・ウソンにはもう一つの目的がある。 "もっと広い市場をカバーする俳優になった後には汎アジア的な、グローバルな映画で、私が(監督)イプボンハルことができるという気がしました。監督をすると運用(おうし座のフィルム)を調えてシナリオ作業もしている途中、それをしばらく延期された理由でもあるんだ"<アテナ:戦争の女神>後にもジョンウー監督が製作する<キラー>リメイク版の彼の今後の演出作に出演を予約しておいたチョン・ウソンは、"監督が何度もシナリオで見せてくれて、自分が演出するとおられる"と笑った。その言葉がただの冗談のように聞こえるだけではなかった。

文: ジャン・ヨウンヨプ
写真: チェソンヨル 2010.10.18
by kazem2 | 2010-10-19 21:51 | Comments(0)