ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

異聞院の文化批評「『裸足の夢』のアカデミー賞外国語映画賞

☆issue.media.net
e0109292_16572096.jpg




【ソウル=ニューシース】異聞院の文化批評

第83回アカデミー賞最優秀外国語映画賞のエントリー受付が締め切られた。全65カ国で1便65便が受理されており、この中で一回『選別』過程を経て、2011年1月25日に5本の最終候補が選ばれる予定だ。数えきれないほど見ても良くより話すこともないが、韓国はいまだに受賞どころか、その5本の最終候補作にも聞いたことがない。

今回の応募作品を見ると、いわゆる『スタープレーヤー』があるが目立つ。フランスからの出品したハビエルボブワ監督の『神と人間』、タイで出品アピチャポンウィラセタクルウイ『前世を記憶する分泌叔父さん』、メキシコでの出品したアレハンドロゴンジャルレジュイニャリツ監督の『ビオチプル』などだ。 5本の最終候補に入る可能性が高い映画だ。

韓国では常に意識している日本の作品は、中島哲也監督の『告白』に決定された。ベストセラー推理小説を映画化した作品であり、既に日本国内で40億円以上の興行収益をあげたデヒトゥジャクイギドである。中島監督は、国内で「不良姫モモコ」、『嫌われ松子の一生』などでよく知られている。日本は2年前に『グッドバイ』で5本の最終候補作突破はもちろん、受賞の栄光まで享受している。

それなら、韓国の作品は?キム・テギュン監督の'裸足の夢'である。多分『裸足の夢』が最終的な選択されたというニュース自体が不慣れな場合もある。通常、このような結果が出れば、100余件以上の記事があふれ出てくるものだが、今回は違ったからだ。あるポータルサイトの記事の提携に基づいてみると関連の報道が、わずか10件にすぎなかった。媒体として計算しようとするビジネスワイヤ、ニュース、スターニュース、国民日報、ノーカット、マックスムービーなど6か所の記事が出た。昨日放送されたドラマの内容まで書いて出す芸能メディアさえ報道を気にしたということだ。

理由は何ですか?様々だ。一応キムチの汁から飲んだがひどい目に見た事例があまりにも多い。あとは、キムチの汁もの飲んで、ただのストレートのみで報道したがビョルダルリ人気がなかった。大衆が失敗事例に既に疲れているからだ。特に熱い大衆の反応を見せたのポン・ジュノ監督の『マザー』でさえ脱落の苦杯を飲むアカデミー賞外国語映画賞の出品は、ハリウッドの高いムントクマン毎回材までさせてくれる『絶望の手順』のように考慮されるようになった。そうするうちに自然の外国語映画賞自体に興味が離れてしまって、もうその作品の選定は、これ以上の話の種がなくなっている。

次に、『裸足の夢』があまりにもセンギョンハン映画だったという点がある。ビピョンギェやマスコミからの特別な注目を受けていないうえ、大衆の反応は寒かったした。最終的に集計された観客動員の結果が、去る7月16〜18日の週末興行収入で8570人で、8位に輝いたのだ。この時までの累積観客数が33万3227人だったから最終的な観客動員数は40万人以下と見なければならない。かなり大失敗だ。結局、大衆がナトソルオいうべきヨウンファニ記事の価値もそれほど離れての記事化が気にされ、当初の記者たちさえもで見た可能性が高い。

一方、応募作品の選定プロセスがつまらないという点もの記事化に消極的になるのにイルジョハンものとみられる。今回も例年とほぼ同じように6本の映画が受付を終えたが、その中で、いわゆる「ドゥェルソンブルン」の映画がなかった。 『裸足の夢』他受付小'クルムルポソナン月のよう'、'飽和の中'、'メイド'、'詩'、'ジャガイモのシンフォニー』などだった。ほとんどの国内の評論家でさえ、好き嫌いが分かれた映画らなので、誰がポプヒゴンみんな星の観点性がないように見える状態だった。

一部では、 カンヌ国際映画祭 脚本賞を受賞した『詩』を抜いて、何の受賞歴のない『裸足の夢』が出品作に選定されたことについて、議論を予告したが、一応作品選定自体に興味が落ちたうえ、芸術志向のカンヌ国際映画祭の味と大衆指向のアカデミー賞味は明らかに異なっている点がよく知られており、人気街自体がモトドェトダ。 『覇王別姫』を抜いて'美しい時代'で、'橋ルとワルツを'を抜いて『グッドバイ』に賞を与えたアカデミー気味だ。 『詩』よりむしろ『裸足の夢』より『アカデミア美学』であることは正しかったのだ。

それならそれさえものうちの『アカデミア美学』だった『裸足の夢』、それにも記事にさえならないほど期待値が著しく低かった『裸足の夢』は、さすがにアカデミー賞外国語映画賞部門にノミネートの可能性がイトギナしたのかな?いったんこれを判断するには意外にも映画のクオリティが大幅に重要ではないが奇妙な前提から打ち出す必要がある。何よりよくするオトネオチョネ曰可曰否する必要がないということだ。

まさに、過去アカデミーのみがしてもそうだ。ノミネート5偏重に入ったペルーの『悲しみのミルク』は、一般の観客たちの評価を見ることができる、インターネットムービーデータベースの評価で10点満点の6・8点を得ており、米国内の批評家たちの反応を見ることができる ロートンのトマト 集計でも35人の評論家たちのうち28人から好評をTOCの問い合わせと、約80%の好評率を見せている。一方、最終的に候補作選定から脱落した韓国の『マザー』は、インターネットムービーデータベースの『悲しみの牛乳』よりもはるかに高い8.0点を記録しており、ロートンのトマトでも、『悲しみの牛乳』とは注目度自体が相違を傍証するように、なんと105人の評論家がレビューをエクスポート高まっており、そのうちの100人から好評をTOCの問い合わせと95%の好評率を見せた。アメリカの大衆と評壇の両方『マザー』を圧倒的に好むということだ。

それでも『悲しみの牛乳』が『マザー』を抜いて、候補作選定に入った理由は自明だ。一応、米国内のヒスパニック人口の急増で、最終的には、アメリカの映画のマーケティング担当者、アカデミー賞でも、南米の映画をより多くの配慮を希望する流れが最近になって露骨に捕捉されている。そして、ごく平凡なタイトルとは多少平易な素材に確実に韓国社会の特性を明らかに耐震いない『マザー』よりも記憶に残るタイトル、特異な素材、そしてペルー社会の現実をバンヨウンヘジュは、『悲しみの牛乳』のほうが'アメリカ'で与えられる'外国語映画賞'に適合したという側面もある。結局、一通りの基本'級'はされている映画どうしの競争の場合には、クオリティよりも重要なのが映画の『条件』または『コンセプト』になるという話だ。

このような基本的な前提を置いて、『裸足の夢』の候補作選定の弱さから見てみましょう。まず、アジア映画としてオリエンテッド毛リズムの欠如が大きな障害である。最近になってアカデミーの審査員は、外国語映画賞の選定において、アジアの映画に着実にオリエンテッド毛リズムの反映を要求している。

21世紀に入って、ノミネートされた5本のアジア映画、『ワホジャンニョン』、『英雄』、『たそがれの清ベイ'、'ラガン'と'Good'バイ』のうち4本がオリエンテッド毛リズムの反映が容易な時代劇である。それさえも唯一の現代劇で唯一の受賞作の『グッドバイ』の場合、西欧には存在しない'納棺師'という職業を深層的に扱って、ある意味では、上記の時代劇よりも露骨にオリエンテッド毛リズムを刺激している。現代劇であり、舞台自体が初めから 東チモールの『裸足の夢』は、これに該当する部分が全くない。

素材や製作国間の不一致が問題視されている。これは、偶然にも2年前、韓国のアカデミー賞作品であり、『裸足の夢』と同一のキム・テギュン監督作品『クロッシング』も一緒に持っていた問題だ。 『クロッシング』のアカデミー入城最大の不適格な事由は、北朝鮮の現実を一つ一つ告発した映画の製作国が韓国だというのがあった。局地的な社会の現実は、当然'まさにその国』で語られるべき評価が高くなるからだ。北朝鮮の現実と脱北者の現実を、韓国で対処することは、海外の視覚的に見れば、パレスチナの現実を、イスラエルで対処格されている。

『裸足の夢』も同様である。東ティモールの凄惨な現実とその克服のかどうかを扱った映画は、東ティモールで東ティモールの人々の手によって作られなければ評価が高くなる。いくら韓国サッカーのコーチが中心人物といっても、韓国人の介入で東ティモールの人々が希望を探すというテーマは、韓国資本で韓国人の手によって制作されたという点は、第3国の立場から見たときに多少センツンマトダ。

一方、『クロッシング』に続き、同じ監督の映画を出品したので、より高くなった監督の認知度を使って突破を試みることがあるのではないかという期待は、まさにバラ色の希望に過ぎない。アカデミーは、不思議なことに、外国語映画賞に限ってだけは監督の認知度を冷遇する。去る2003年のアカデミー賞で外国語映画賞よりも、一'級'の脚本賞を受賞したスペインの巨匠ペドロアルモドバルさえも4年後に出品した『帰郷』がノミネートを受けて選定においてさえも脱落する屈辱を経験したことがある。アルモドバルだけの話でもなく同じような事例があまりにも多い。結局、外国語映画賞は監督の認知度とは全く関係なく、映画そのものだけで候補作を生み出しているということだ。

ここまでが、代表的な不適格な事由であり、今では資格がある理由を聞いてみることにしよう。まず、『サッカー』が、素材という点は意外にも有利である。米国の映画業界は、妙にもサッカーを題材にした、海外の映画にひそやかな関心を見せている。米国を除く世界のすべての国が熱狂するのスポーツへの苗の興味を示されている可能性がある。チベットの僧侶たちのW杯の熱狂を扱ったブータン映画『ザカップ』、サッカーで結ばれたインドとイギリスの女の子の間の友情を扱ったイギリス映画'シューターライクベッカム'などが皆、米国市場では予想外の歓待を受けて批評界でも良い反応を得たことがある。 『裸足の夢』もここに一歩ゴルチョボルことができる機会くらいはある。

また、とにかく間のアカデミーは、どんなに陳腐で疲れ果てて落ちても、まだ涙を傾けるようにする感動のドラマを好んでいるという点もジプオボルに値する。 「'Good'バイ」は、冷酷な『日本橋ルとワルツを』、乾燥した『クラス』など、話題作を抑えて受賞の光栄を享受するようになった原因の一つだ。もちろん、他の国々も涙と感動のコードの映画をネノァトウル場合、期待される効果は大幅に減少しますが、言葉だ。

とにかく全体的に見た時、『裸足の夢』が過去数年、応募作品の中で最もノミネートを受けて選定する可能性が低い映画だという点には誰も異議をいいにくいようだ。 'クロッシング'よりも、『ブラザーフッド』よりも低い。 『裸足の夢』の選定は、すでに言及したように、今年提出された他の映画にもよりはっきりしていより致命的な対(对)アカデミーの弱さがある見るとのことだ。どうせドギンゲギンイオトダ。

その点、今後の対(对)アカデミー戦略の中核は、全く別の場所で参照する必要がある。いけない映画て無性にどうこう言うてはいけないし、一応は無条件に多くの映画がエントリー候補者の受付をしなければいけない適格者を選別する環境が造成されるというのだ。一度に受け付けることがあったが、内部のした映画の中には『義兄弟』、『炎のように蝶のように」、「豪雨時代』など、もしかしたら『裸足の夢』よりもアカデミー賞にも受け入れられるような映画も多かった。
もちろんビョルダルリ品もかからないエントリー受付をあんなにも嫌う理由も煮卵だけだ。国内でうまくいけば、褒められておいて、さらには世界3大映画祭に出ても、ご好評をたっぷり受けて、訳もなくアカデミー賞欲一度出した『脱落』『失敗』など、否定的なイメージだけがかぶることではないかという懸念が大きいだろう。

しかし、そのような心配はもうたたんでも結構です。言及したように現時点での普及は、これ以上のアカデミー賞外国語映画賞の利益さえしない置いている。期待が全然ない。だから、画像の打撃なんて気にする必要がある。これ以上のドィジプオスルイメージ自体がないからだ。

とにかくも、してもダメだとして映画史上、世界最大のグァンゴタプインアカデミー賞をこのままあきらめてしまうことはできない。 TVドラマ、アイドルグループなど、すべての大衆文化の商品が海外にぐんぐん伸びて行くところでも、韓流のいたずらっ子お世話を免れないの映画産業のならなおさらそうだ。訳もなく顔調える考えではなく、世界最大級の映画賞の中で、韓国映画が唯一の本選に進出していない賞の征服に皆が関心をガジョボル必要がある。一旦ツルリゴと、その次からは初めから高速道路が空いてしまうことになるという点は、すでに世界3大映画祭の例を使って知り合いになる体得した行の知っている。

大衆文化評論家fletch@empas.com 入力 2010.10.16 09:42
by kazem2 | 2010-10-17 16:57 | Movie | Comments(0)