ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ピンク映画出身の風変わりな江戸時代  映画「雷の木」

e0109292_19183588.jpg
☆piff.cine21.com
                     <雷の木>の広樹隆一監督

*映画「雷の木」は邦題は「雷桜」です



博樹隆一監督が演出した作品のタイトルを見ただけで知ることができるもの。
彼は代表作ともいえる<バイブ>を含め<挑発的な関係:M><バクー市、SMロープマスター>など、ピンク映画出身の映画監督のダウンロード素材を主に扱ってきた。女性の欲求とセックス、コミュニケーションの問題に関心が多かった彼が、江戸時代を背景にした時代物の<雷の木>を演出したことは、一種の『浮気』に近づいて見えた。さらに、主演俳優が純粋な青春の表情を持つ蒼井優と岡田将生だなんて。 <雷の木>は、森の中で父親と二人きりで育った少女ライ(蒼井優)と、徳川将軍秀斉の17代孫成みち(岡田将生)の悲劇的な愛の物語だ。村の人々に鬼と呼ばれていたライの顔を覆っていたマスクを成道がボトギョネン瞬間、彼女の背中をぜひ抱えた彼が、"風が気持ち良い、このままでいてね"とささやいた瞬間、二人は一緒にすることない現実を抜け出して恋に落ちる。叶うことのない愛の物語に加えて、出生と成長の秘密、親と子の葛藤がぎっしりヨクインダ。

"既存の時代劇とは違う感じを与えようと努力した。領主の服を過度に派手ではないように作成しており、音楽も、日本の古典的な印象を持続していない"二人の男女が出会う場面では、現代的な青春映画のような音楽が流れ出て、江戸時代の雰囲気は再現が伝統の上の存在感が科していないのはそのためだ。風と桜の花を連想させる二人の男女の付き合いは、何よりも重要だった。特に、<もののけ姫>のように登場する蒼井優という俳優の存在の力が重要だった。 "蒼井優は、神秘的な画像の所有者なのに、この映画を見ると、彼女にこんな姿もあるんだな、と驚く人々がかなりのだろうと思う。"博樹隆一監督は、日本に帰った直後の10月25日から中神源氏の小説を脚色<軽蔑>の撮影を始める予定だ。休むことなく映画を撮るの力を問うと、遊び心いっぱいの顔で、"女?"と笑う。これ、冗談だけではないのだ。

文 イ・ダヘ 写真バク・スングン
by kazem2 | 2010-10-16 19:13