ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【外信記者クラブ]見てみたい!ポン・ジュノ、イ・チャンドンのドキュメンタリー

☆cine21.com
セバスティアン国際映画祭『ノンフィクションシネマ』注目は、韓国の作品は、ただ一方でもない

e0109292_12582336.jpg

                 58回セバスティアン国際映画祭のポスター



去る9月の終わりに開かれたセバスティアン国際映画祭は、21世紀のノンフィクションのシネマ』に焦点が当てられた。時期の面で非常に適切な選択だったと思う。過去10年間、『ドキュメンタリー』という用語自体が限定的に考慮される同様に多くのドキュメンタリー映画は、形式の面で興味深いの発展と革新を遂げた。映画監督たちが実際とフィクションの間の境界を意図的に行き来して真実と事実性に関連する概念をもっと深く探求しながら、新しい種類の映画が出現した。

セバスティアンで上映された全40本のドキュメンタリーの中でアジアの映画ではワンビンウイ<チョルソグ>(中国、2003)、ユーティリティ版の<S-21,クメルルジュ殺人ギギェ>(カンボジア、フランス、2003)、アピッチァポングウィラセタクンウィラシータクーンの<正午の神秘的なもの>(タイ、2003)と河瀬直美の<空、風、火、水、土>(日本、2001)などが含まれていた。しかし、韓国映画は、一方でもなかった。それだけでなく、今回の映画のシリーズの一環として発表された260を渡って達するの特別小冊子に掲載されたいくつかの文や映画のリストにも、韓国のドキュメンタリーには全く言及されなかった。

その点、キム・ドンウォンの<送還>(2004)のような作品に言及していない、著者とプログラマを責めるのは当たり前だが、実は韓国のドキュメンタリーは、外国人には全く知られておらず、大部分は外国人の観客よりも国内の観客を対象に作成されている。高度の市場性のあるテーマを扱ったよく作った一方の韓国のドキュメンタリーが表示され、世界に知られ、広く普及される日がいつか来るかもしれない。しかし、上記の特別小冊子に掲載された文等を見ると、ドキュメンタリーでは、当然、その地域の問題に関与し、そのため、ドキュメンタリーの監督たちが国内に焦点を合わせることは一般的である。ドキュメンタリー映画が国際的に知られているショートカットは、すでに長編映画として評判の高い作家監督のドキュメンタリーを作るというものです。 <舞踊>(2007)は、中国の紡織工場を創造的に表現されたドキュメンタリーというより、ジョージア章カーの作品は、それも彼の作品世界の重要な一部として導入され、そのように受け入れられた。有名な映画監督たちが偶然に、あるいは継続してドキュメンタリーに外遊するのは普通のことです。よく知られている例として、ヴェルナーヘアチョーク、スパイクリー、アグネス正しい、アッバスキアロスタミとマーティン少しシーズなどの監督たちがそうだ。これらは、強い個人的な視野とスタイルを作品に吹きこもうとしながら多くの場合、長編映画の仕事を完成することにより、主題にアクセスする。韓国の作家の監督であるイ・チャンドンやパク・チャヌク監督の長編映画の長さのドキュメンタリーを制作するには、いくつかの映画祭で広く導入される(それらのフィクション長編映画ほどではないけどね)。そして、このような監督がドキュメンタリーの形式を扱う方法は、非常に興味深い。同時にボン・ジュン ホナ ホン・サンス監督のドキュメンタリーを作ったと考えると、これも新鮮な衝撃に近付く。

これは、ドキュメンタリーが持っているリアリズムの概念だ。観客は、ドキュメンタリーを見るときのフィクション長編映画を見る時とは別の方法で、その事実性について、特定の予想を備えています。したがって、リアリズムの映画で実験をしているジアジャンコ監督は、ドキュメンタリーを試して見たいと思うに値する。リアリズムは、韓国映画史の重要な映画の流れだったが、過去15年間に導いてきた主な創造力はジャンルとの実験だった。韓国の有名監督がドキュメンタリーを作成するために特別な関心を示していないのはそのためだろうか?

何人かの監督たちはすでにドキュメンタリースタイルで実験をした。たとえば、ポン・ジュノ監督は、CCTVの特性を生かした<インフルエンザ>という30分のフィクションの映画を作った。イ・チャンドン監督は、リアリズムの美学を追求するという点で興味深いの場合に属する。彼が今後のドキュメンタリーを制作するには、これは現在の彼の作品を完成させる自然な選択である。もちろん、イ・チャンドンの写実主義は、厳格なルールに基づいており、ジア章カーネルの実験的なアプローチとは大きく異なることも事実である。

私は、フィクション映画やドキュメンタリーの距離があまりに遠く思っているようでもある。音楽と古典映画がマーティンスコセッシにインスピレーションを与え、政治的な事件がスパイクリルル刺激したように、このような映画監督たちのドキュメンタリーを作成するには、それをチュ・ドンハル強い個人的な関心が必要である。私はA級韓国の監督たちが、10年のドキュメンタリー映画を作ることを望む。その最終的な作品の性格が予測不可能だからこそ期待が大きい。

文:月時計パケト(koreanfilm.orgオペレータ)

翻訳以西の遅延
by kazem2 | 2010-10-15 12:58 | Comments(0)