ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

オリバーストーン監督 狂気の戦場で悪魔を見た

☆piff.cine21.com
e0109292_13383782.jpg

  <ウォールストリート:マネーネボスルリプス>釜山見つかったオリバーストーンの映画の世界



1986年<プラトーン>でアカデミー作品賞と監督賞に就き、<ニクソン>を作成し、1995年ごろまでに10余年の間オリバーストーン監督は、ハリウッドで最も論争の的に監督の中の一つであった。ブロックバスターブームが最高潮だったハリウッドでは、オリバーストーンは、気丈に『政治』の映画を作った。いや単純な政治映画ではなかった。私たちが住んでいる世界の正体が一体何なのか、オリバーストーンは、真正面から突っ込んで、政治や経済、そして文化まで縦横無尽に歩き回って、挑発的で情熱的な映画を作り上げた。オリバーストーンが彼の映画たちで見たいと思ったことは何だろう?おそらく、彼は<地獄の黙示録>で、フランシスコッポラが見せてくれた『闇』を見たいと思ったのではないか。そして、救い受け取りたくなけれ望んだ。イエスキリストのように両腕を広げて死んだ<プラトーン>のエリアスの会社のように。

闇との対面のために、ベトナムに向かう

オリバーストーンは、1974年<没収>(Seizure)で監督デビューした後、シナリオ作家としての名声を得た。 70年代末から80年代初めまでの男の香りが漂う、暴力的な映画たちでオリバーストーンの名前がよく登場した。アランパーカーの<ミッドナイトエクスプレス>(1981)、ジョンミリEarthの<コナン>(1981)、ブライアンデパルマの<スカーフェイス>(1983)、マイケルチミノの<続きオブドラゴン>(1985)。暴力と狂気の世界で生きていく、生き残る男たちの物語な作家がすぐにオリバーストーンだった。 1981年に演出した<ハンド>は静かに通過したのに、1986年に作成された<サルバドール>と<プラトーン>が結局事故を打った。約600万ドルの製作費をかけた<プラトーン>は、「救いと恐怖のアイロニー、そして情熱に満ちた」秀作という評価を受けて、北米だけで1億3千万ドルを稼いだ。アカデミー賞まで総なめにしながら、オリバーストーンは、瞬く間にハリウッド最高の監督の一つに浮上した。

以来、オリバーストーンは、<ウォールストリート>(1987)、<トークラジオ>(1988)、<7月4寿命>(1989)、<アウトドア>、<JFK>(1991)、<天と地>(1993>、 <オリバーストーンのキラー>(1994)、<ニクソン>(1995)を作って猛烈に非難の渦の中にいつも持っていた。この映画は、ほぼ1つのキーワードにつながっていくと言うことができる。まさにベトナム戦争のことである。1946年生まれのオリバーストーンは、エール大学を中退してベトナムに行ったが、当時は徴兵制だったから、誰でも行かなければならないだろうが、オリバーストーンは、自分で学校を辞めて、世界を漂って通った後に申し出た。、数ヶ月の間、船員の生活をしたりして、ベトナムでの英語の先生も後。ベトナムがどんな所なのかよく知っていながら、オリバーストーン監督は、自ら参戦をしたのだ。オリバーストーン監督は、当時、米国と欧州をさらったの平和運動、公民権運動の信奉者ではなかったむしろ、オリバーストーンは、自分の闇と、世界の狂気を満たすために戦場に向かった。

ジェームスリアドンの評伝<オリバーストーン>の証言を書いたマイケルダグラスは、こう言う。 「オリバー氏は、ハリウッドを感動させようと映画を作るのではなく、お金のためにはもっとない。世の中に影響を与えようと芸術をすることももちろんない。オリバーストーンはしないといけないので、つまり彼自身の悪魔を征服しなければ、精神異常を勝ち抜けることとし、打楽器的な傾向と対決しなければならないのですることだと私は考える。」それなら彼の狂気は、どのように作られたのだろうか?

マーティンスコールメッセージとの出会い

オリバーストーンは、1946年9月15日にニューヨークでの株式仲介人のユダヤ人の父とフランス人の母の間に生まれた。米軍だった父は、パリでの母に会い、一緒にアメリカに来て結婚をした。従来の熱狂の中で恋にオリバーストーンの親は、残念ながら、全く違うタイプだった。父は成功の強迫的な、小心かつ徹底した人だった。母は自由で、一方では放蕩な性格だった。それぞれの理性と感性が絶対的な、全く別の遺伝子を持って生まれたオリバーストーンの家は、私立学校の寮生活をしていた15歳でおしまいになった。彼は精神的な孤児となり、同時にすべてのものを突破するという意志が生まれた。オリバーストーンは、自分自身を否定し、新しい自分を熱望した。だから迷いを選んで、60年代の巨大な波に独自の方法で飛び込んだ。 『ジムモリソン』の信奉者として、既成の社会の不信と嘲笑したが、大学生やヒッピーたちのアプローチには同意しなかったのである。負傷して除隊したオリバーストーンは麻薬でやつれているが、ニューヨーク大学映画科に入学し、マーティンスコセッシ監督に会う。すでにかなり前から小説やシナリオを書いてきたオリバーストーンは映画に専念し始めた。

オリバーストーンは、自分が生きてきた世界を覗いて考えている。その中に何があるのか、何が人間を狂気にするか、または正当化するかどうか覗いて見て考えている。味方でも、敵でも選ばない。オリバーストーンは、自分の視線が届くことは何でも解剖して考えている。極めて鮮やかに、同時に論理的な分析を通した。ベトナム3部作と呼ばれる<プラトーン><7月4寿命> <天と地>は、ベトナム戦争の話だ。 <プラトーン>は善と悪と対比されるエイリアスとバーンズを通って、最終的には、そのすべてが私達の顔であることを言う。 <7月4寿命>は、戦場で生き残り、逆運動家になったの像が勇者の話だ。 <天と地>は、ベトナムの女性の立場からベトナム戦争を描いたが、力不足の映画だった。ベトナム3部作は、ベトナム戦争がいったい何なのか、私たちをどのように変えたかについての映画だといえる。

<アウトドア>は、ベトナム戦争が起きた時代のロックバンド、ドアーズ、ジムモリソンの話だ。彼らが何に絶望し、何に反抗したのか、当時の社会を文化的に照明する。 <JFK>は、アメリカで最も人気のある大統領であると同時に悲劇的な死を迎えたJohn F.ケネディの暗殺についての映画だ。オリバーストーンはケネディの寿命を眺望したいつもりはない。彼が知っておきたいのは、誰が彼を殺し、世界は今後どうビョンヘトヌンが、である。オズワルドが殺さなかったこと陰謀論に基づいて、軍産複合体、マフィア、FBIなどの暗殺容疑者を次々と指摘する。そして、再びケネディの静的であり、ウォーターゲート事件で退いた汚名の大統領ニクソンを眺望する<ニクソン>を作る。まるで<プラトーン>のバーンズとエリアスの会社のように、時代の光と闇を同時に描いたものである。それらすべてが、結局は私たちの『父』としながら。

父の記憶と資本主義の貪欲さを描いた<ウォールストリート>は、メディアの暴力性を描いた<オリバーストーンのキラー>などは、オリバーストーンの典型的な映画だったが、後に<アニメギブサンデー>(1999)、<アレキサンダー>(2004)、 <ワールドトレードセンター>(2006)<W>(2008)などは、あいまいな映画だった。 9.11やジョージブッシュのような21世紀の尖鋭な案件を扱う際に、オリバーストーン監督の視線は全く鋭くなくていない。キューバのフィデルカストロとインタビューしたドキュメンタリー<コマンダンテ>(2003)のようにまだ'60年代'を俯瞰した映画も作ったが、挑発的でも破壊的でもなかった。鋭敏な狂気さえ消えてしまった。おそらく、オリバーストーンは、徹底的に60年代に取りつかれていた、20世紀に泊まった人の巨匠だったのではないか。

タランティーノのシナリオを台無しに?

クエンティンタランティーノは、自分が書いた<オリバーストーンのキラー>をオリバーストーンが台無しれたことを示す非難した。オリバーストーンも安物のアジア映画の熱烈な支持者であり、初期のシナリオと映画は、暴力と狂気が乱舞した。それならオリバーストーンとクエンティンタランティーノの最も大きな違いは、やはり遊戯ではないか?オリバーストーンは、自分が直接経験した時代をいきいきと証言することに成功したが、その後の世界を大事にするには、力がブチョトゴタランティーノのように遊戯精神的に突破することもできなかった。オリバーストーンの目的は、狂気と一緒にダンスをするのではなく、緻密に計算して正体を明らかにすることでしたから。問題は、21世紀の世界を把握することにオリバーストーンがとても年をとってということではなく、磨耗というのだ。オリバーストーンの時代は過ぎ去った。しかし、80年代後半から10年間の作った映画は、あの頃のオーラを生き生きと感じることができる秀作たちはまだ価値がある。

文 ギム・ボンソク (映画評論家)2010.10.13
by kazem2 | 2010-10-13 13:38 | Comments(0)