ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

へウンデにて キム・ジウン監督パート2

☆asiae.co.kr.news
[PIFF +10]キムジウン監督、"次の映画は、<ダイハード>類のアクション映画"
e0109292_17453669.jpg

               先日のツイッターの記事ですね





キム・ジウン監督に2010年はどのように記憶されるか?

映画<ノムノムノム>に続き、クランクインに入った<悪魔を見た>は、本人が脚本を書いていない最初の映画だったし、自分自身を"極端に運転して配置する"だけに、心理的に大変な作品だった。さらに、完成した映画は2回に制限上映が判定を受け、彼を"狂って暴れさせる"を作った。そして、紆余曲折の末に公開された<悪魔を見た>の坪は非常に分かれた。 9日の第15回釜山国際映画祭(以下PIFF)で前後に切られて出て行った<悪魔を見た>は、完全な姿で観客と会った。しっかりとした悪魔と一緒にPIFFを訪れたのキムジウン監督に、これまでの話を聞いた。
*この記事は、ネタバレが含まれています


ディレクターズカット<悪魔を見た>の前売り開始9秒で売り切れるほどの反応が良かった。公開当時には、精神的苦労もシムヘトヌンデ感想は格別のようだ。

キム・ジウン監督:
最初に封切りした<悪魔を見た>は大きく性質の違いはないとしても、『ああ、これで完成だ』と思っていたことを第三者によって破壊されたままで見せてくれたのだった。誰がそう言っていた。美術にみると、図を毀損したか、または同じだ。完成した絵を毀損した場合、それは一種の犯罪ではないか?国家機関の名前とした個人と産業の商品を掘るという考えを聞いた。完全な状態の映画を韓国の観客に示すことができて嬉しいと同時にすがすがしいさびしい。本からだけ見たの検閲を受けたのだから。過ぎ去った昔の話や、伝説のような仕事を直接行きました。映画一本ながら、星のものをすべて経験するんだなと思ったりして。 (笑)歴史は進化し、進歩的だと思ったが逆に戻る場合もあるようだ。

公開当時、国内の交錯ピョングァヌン別の方法で、海外、特に北米での反応が良い。トロント映画祭でも反応が熱かったと聞いたが、直接チェガムハン現地の雰囲気はどうだったか。

キム・ジウン監督:
映画が終わって劇場の中に入ると感じられるものがある。いっぱいになるような感じというか?ここ数年の間に通っていた映画祭の中で最も火照っの反応だった。トロントはカンチョロム拍手喝采が一つの型に位置するところもないのにみんな拍手喝采をチドラ。 (笑)そんな感じを受けたのは初めてだった。国内では<悪魔を見た>が出たときに評価が非常にガルリギンしたが、海外でよく見た人は、自分のチェゴジャクで打つ人も多い。
e0109292_18254943.jpg


"映画を作るということがどれだけ繊細な作業であるかどうか"

ところが、今回のディレクターズカットは人肉に関連する会話の部分を除いては、制限の上映は、判定を受けたのが不思議くらいゲボンパンとの差がほとんど感じられない。

キム・ジウン監督:
物理的にはライトレールとテジュが人肉の話を交わしたの部分が添加されたことが一番大きい。周辺をモニトハン結果としては、今回のバージョンがはるかに良いと言っていたよ。さらに他の映画を見たようだという話もあり。映画というのが本当に不思議なことだ。いくつかのホフプマン変更しても、他の味をつける。調理法にたとえると、材料と加熱温度差によって料理の味ぱっと変わるように。映画を作るということがどれだけ繊細な作業であることをもう一度考えるようになった。ただ多くの人々がライトレールや洗浄のセックスは神が抜けたことを惜しんでいたよ。 (笑)

そうでなくても、その部分が不思議だった。ゲボンパンでは、その二人の戦士が含まれて出したがディレクターズカット版では、まったくのセックスの神自体が抜けているよ。

キム・ジウン監督:
時間的なこともあったし、タイミングがちょっとでマトドラ。スヒョンのが車の中で、彼らの話をヨトドゥトダガ出てくるのが食事の終わり頃なのにセックスのシーン、その中に入れようか、タイミングの問題があったよ。また、その場面で狙ったのは、サディスティックなセックスを通ってライトレールの無慈悲さが表れることだったが撮られたのは洗浄がより積極的だったよ。 (笑)そんな感じが強くて、その瞬間には、ライトレールが文字よりも洗浄がよりドドゥラジヌンような気もした。大きな理由はないが、もう一つちなみにゲボンパンを編集するときに二人の関係についての説明が省略され、強姦が文化間で切り替わるように見えたよ。そこでどのようにレイプされる女性が好むことがあるのかの話があった。といって、二人の関係の設定をくっつけるも何をして。従ってそのような不必要な誤解をなくそうとした。でも、なくしておいてみたらすっきり一方、粘っこい肉食の感じがドルハドラ。また、そのシーンを印象的に見た観客たちが惜しくて、DVDには、再度入れようである。 (笑)多分DVDが実質完全ディレクターズカット版なるんじゃないか?

その紆余曲折の末にリリースしたディレクターズカット版<悪魔を見た>は、公開当時劇場で見た時より、映画自体のみに焦点があって良かったよ。

キム・ジウン:
元々私の映画は2回を見なければならない。時間が経てばもっと良くなる。 (笑)

なぜだろうかと考えてみると、最初見たときは精神的にとても大変で映画をまともに楽しんでいなかったようだ。ゴア性は予想外に濃厚な方ではなかったが彩度やコントラストを落として強調した陰湿な雰囲気が終始一貫して持続してジトヌルリヌン感じだった。むしろ、本格的に血が跳ねる乱切りの部分では、安藤になるほどに。

キム・ジウン監督:
映画が初めて出たときは、残酷で恐ろしいですが問題にのみ焦点を合わせることになって圧力になるのに、今はこの映画のために、いくつかの反応との議論が行われ、距離感ができて、そのような事だ。そのようなことから自由になり、映画自体を楽しむことができる雰囲気に行ったし。映画の要素を楽しむことができるようになったようだ。

そうするうちに疑問点がより生じていたよ。事実最後の、ライトレールを死刑にするスヒョンの方法がとても独創的な一方、家族の手によって死に遭うのがライトレールという人物に、果たして復讐になるのかという気がした。

キム・ジウン監督:
もしかしたら最後にスヒョンも、その方法がライトレールに復讐になるかならないかは分からなかったのだ。復讐ということ自体が成功したとしてもホマンハルしかない。失ったことに対する補償を受けようとするものだから。そこでスヒョンがが感じた生き残った者の悲しみのようなものをより強調しようとした。本当に胸が張り裂けるのは、生き残った人々は、家族ば。スヒョンは、自分が経験した心理的な苦痛をライトレールに肉体的苦痛にガヘトヌンデ、最終的にそれは誤った判断だったという気がして刹那ナマ心情的な苦痛、家族に変形される苦痛を与えたいと思ったのだった。そして、それは復讐というよりは呪いだとしかできないようだ。最後にスヒョンのがライトレールに"お前が死んでも苦しかったらだろう"としたが、それは"これからもっとゴトンスロウォジルよ"のように恐怖感を与えるの脅迫ではなく、呪いだ。結局最後には悪態を下すしかない復讐者のジレンマを表現したいと思った。一方で、家族たちによって死を迎える復讐はスヒョン自分でもこれだけで欲しいと思っているんだ。自分が適当なものを同じように返すのだが、家族はどのように分かるかね?それにもかかわらず、そのような復讐をしたのがスヒョンがが悪魔と結託する瞬間だったし、悪を懲らしめるために最終的に悪になるしかない崖っぷちに立った状態だといえる。

その瞬間がまさに悪魔を見るようになる時であるのか?

キム・ジウン監督:
そうですね。多分スヒョンは、最後に救われ、と思ったのかもしれない。倫理的に正当性を付与することができない復讐だけれども、その瞬間にはそこまで行きたいと思わなかったのだ。悪魔になるしかない状況にまで行くことになった男の壮絶で悲しい復讐劇がそこに出てこないではないかと考える。それが結局は自分との戦いのようなものだがライトレールには、どのような一抹の後悔を持っているか、本当に苦しかったのかは分からないが、スヒョンはみるんだみた状態で、最終的に決定したことだ。最終的に破壊された一人の男について、その場面を通って話をしたいと思った。


"寂しさは、私の映画の印象"

e0109292_18263595.jpg

それでは最後にスヒョンの涙は何だったのでしょうか?
悪魔になった自分自身への同情なのか?

キム・ジウン監督:
さまざまな方法があるだろう。復讐を完全に終えた快感と同時に、亀裂、自己の内面たちは、なぜこれほどまでになったの?なぜ私にこのような生活が落ちたかの自己恥辱感、ジャミョルガムような複雑な感じが聞いたことがあるんだ。その涙は、自分のヨンミンイルこともあるんで、大変な復讐の端に来るホタルハムイルこともできる。

そのような復讐をする虚しさとは逆に、<悪魔を見た>では特にキム・ジウン特有のユーモアがドドゥラジンダ。異質というだけ。ライトレールが兵士たちと出会うでもテジュが手に刺さった抜きを引くときにハンドヘルドこれで抜けるとか。頑固だと言うほどにユーモアのセンスを発揮した。 (笑)

キム・ジウン監督:
それは瞬間的に火花が起きる感じでくるだろうと映画と合うか合わないかは私も分からない。 (笑)ただそれがとてもビリビリに来て入れたのだ。でも、それが人生を生きる姿ではないだろうか?私達の日常では非常に深刻な瞬間にも無茶でコミカルな感じが生じるのだから。そして、人生は、近くに見てみると悲劇だが、一歩離れて見ると、喜劇ではないか?

そのようなユーモアと一緒にキム・ジウン映画特有の雰囲気とすることができるの寂しさも相変わらずだった。血と肉が飛び交っている状況であれば、血が振れるはずなのに、映画のオープニングから妙に寂しい感情が流れていたよ。

キム・ジウン監督:
元々私の映画が多スルスルハジではないか。コミディイン<反則王>もそうだったし、<長靴紅蓮>や<甘い人生>は、淋しさ、そのジャチェゴ。さらには<ノムノムノム>も寂しく終わってから。 (笑)、その寂しさが私の印章のようなのではないかという気がする。私は世界をして寂しく住んでいる。 (笑)人生はどうせ寂しいと思うのだから無理に回避しようとするわけではないみたいだ。ただどうせ寂しいものだと思っているんだ。

今年初めに<悪魔を見た>撮影中に"昔は他のものは知らなくても、映画の作成時だけは力が出たが、最近は映画を作るのが楽しみがない"と言われた。その状態で映画をすべて作成するまでも続くなったのか?

キム・ジウン監督:
<悪魔を見た>のような場合はそうだった。いくつかの理由があるだろうが、一応映画の内容や雰囲気のせいで最も大きかった。復讐に狂っていくには男と狂気のやつ、常に犠牲にされる人々の話だから非常に自分自身を催促した。しかも復讐劇を非常に臨場感に表現になるからもっと大変だった。今まで作った映画の中でのジャンルのロマンが最も少ない事もあったし。そして、あまりにも休まず仕事だけしてきたようで疲労が蓄積された状態だった。日程もタイト、疲れた状態で、後ろが詰まってから、心理的圧迫を受けた。さらに、両方とも作成してからも、限定上映がを2回受けた。そして、私が書いた作品ではないため、テーラーのように、他人をお願いすることを、正確な寸法にぴったり落ちて出さなければならないという強迫が生じていたよ。映画的な遊戯より細かく裁断して、オーダーメイドでぴったり合うように出さなければならないという考えがあった。私はその中で遊ぶことができなかったの映画だったようだ。


"ハリウッド映画は、来年4月に入る予定"
e0109292_1827779.jpg


今までの映画を終えておいてそのような問題が解消された今の状況ではどうなのか?

キム・ジウン監督:
今はすぐに映画を作りたいと思う。しばらく前に、<ゴムオガンホ>を見ましたが、武侠映画を作ってシプドラ。本物の武侠映画の一つ作ろうか? (笑)<ノムノムノム2>の武侠にすると面白そうだ。 <ゴムオガンホ>は、西部劇の悪役の前や、昔のカンフー映画のアクインジョンのような感じがあったがそのような映画を作成すると、おもしろいんだったよ。そのような映画的ロマンができた。

性格上、そのような時が多くなかったようだが生きてきて復讐したいと思った瞬間はありますか?

キム・ジウン監督:
今回の審議がそのように出た時? (笑)一度もこの問題については強力にアピールするか、抵抗したりすることはなかった。結局、封切りが目前だから狂って暴れて、爆発の一歩手前だったのに、自らを押した。製作者、投資家の立場をすべて受け入れながら、私が分かって削除してみたら大変だったよ。自分で自分の映画に検閲をするのが本当に普通の苦痛なのではないよ。 『これ、大丈夫か?もっと切るべきか?心配している中で、より多くのジャルラトウミョンする周辺の風のようなものも感じられて。そういったものが本当に耐え大変だった。初めての映画作りながら顔を赤らめて語気を高めた。でもまあ過ぎ去ったことだから。さっき言ったように近くで見れば悲劇だが、離れて見ると、喜劇だろ。 (笑)

次の映画は気分転換を兼ねて、明るい作品していきたいとしたが、何か浮上するか惹かれるのがあってるか? <マックスアンドジョンクメン>は、シナリオを米国にボネノトは、状態といったところ。

キム・ジウン監督:
<マックスアンドジョンクメン>シナリオはほとんどグリーンライトが入ってくるほどに完成されるが、キャストの問題で撮影が遅れて、他の映画が先に打って入ってきた。まだすべて確定したわけではないが、とりあえずは、<ラストスタンド>が来年4月から撮影に入る予定だ。少し軽やかでコンセプト上では、暗い部分がないアクション映画だ。うーん... <ダイハード>類の映画だと思うとなりそうだ。 (笑)

記事の入力2010.10.12 14:19最終変更2010.10.12 14:26 0 0
Commented at 2010-10-13 17:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2010-10-13 18:50
☆17:34の非公開さん
こんばんは~

ありがとうございます^^

そうですね
どこかで読んだような記憶があります^^

でもこの写真は初めてみましたよ

韓国の映画には最初は嫌悪感しかなかったのですが

時間が経つにつれて 面白さが解ってきて

虜になりましたね^^

韓国の映画界の中で生きる人達にも愛着がわきましたね

ツイッターでつぶやく彼らの日常に
その背景がみえたりして 面白いです

ジウン監督は特別に魅力がありますね^^

来年はハリウッドですね

楽しみにしているんですよ
by kazem2 | 2010-10-12 17:46 | kim jee woon | Comments(2)