ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[ムービーディク]感覚の喜びと神の啓示に立ち向かう

☆CINE21.com
e0109292_11563727.jpg

    カルロスサウスラの<ドンジョヴァンニ>について知りましょう



Q1。ドンジョヴァンニは誰ですか?

実在した人物ではない。スペインを中心に、伝説のように伝わるにはフィクションの中の架空の人物である。スペインの作家チルソデモリーナ(Tirso de Molina)が1630年に出版した本がドンジョヴァンニ関連の最初の出版物に記録される。 14世紀のスペインを中心にヨーロッパを回り、女性たちを翻弄した男の話だ。ドンファン(Don Juan)は、スペイン語の表記である。 Donは、人への尊称語であり、そのため、翻訳しようとするとフアンシ程度になる。彼がイタリアでも大活躍(?)ので、イタリア式の表記の団体のドンジョヴァンニ(Don Giovanni)も一緒に有名になった。スペインでは、お金のフアンで、イタリアでは、ドンジョヴァンニと呼ばれたわけだ。多くの作家たちがドンジョヴァンニを主人公にした作品を発表した。モリエールがコメディで書いたことがあり、(1665)、バイロンは、叙事詩に残すこともした(1821)。しかし、なんといってもモーツァルトのオペラ<ドンジョヴァンニ>(1787)が最も有名で、この作品のおかげで、ドンジョヴァンニは、不滅の人物になった。

Q2。オペラ<ドンジョヴァンニ>はどんな内容?

ドンジョヴァンニは、感覚の快楽を追う貴族である。 2幕で構成されたモーツァルトのオペラの1の幕に出てくる有名なアリア<リストの歌>から分かるように、彼は自分が征服した女性たちのリストを持っている。イタリアで640人、ドイツで100人、トルコで91人、そしてスペインでは、1003人の女性と遊んで出た(リストによると、最も美しい女性は、スペインの女性で、その次がイタリアの女性である)。女性たちを翻弄し、出席した過去のために、結局、彼は復讐をさせられる。ところで、オペラの最後の場面で、どの犠牲者の女性の父親の霊が現れドンジョヴァンニに命をいかしてくれるだろうからチャムフェハルことを要求するのに、彼は最後まで懺悔を拒否する。自分の人生に恥ずかしさがないということだ。それで結局、ドンジョヴァンニは不具塊に陥って死ぬ。もし、懺悔した場合は、ドンジョヴァンニは、地獄に落としていないはずなのに、なぜそのように懺悔を拒否したのだろうか?この結末がその時も議論の対象だった。

Q3。ドンジョヴァンニと啓蒙

ドンジョヴァンニが懺悔を拒否した部分は、これが最終的に重要なのに、その当時、だから啓蒙主義の時代に人々はドンジョヴァンニを介して人間の自由を経験した。つまり、教会の秩序から、または伝統的な慣習の抑圧から本格的に展開すること始まるのが18世紀の啓蒙主義の時代なのに、ドンジョヴァンニは、時代の肖像画のように映った。啓蒙主義者たちの最大の克服対象は、『教会』に象徴される、そのすべてのものだった。ルネサンスの人々が教会の権威に一度の強打に挑戦して、神ではなく、人間中心の世界を作って保護と言っていた念願は、啓蒙主義に会って、実質的に花咲く。神の啓示が退き、まさしく人間の理性が覇権を取ったのだ。ドンジョヴァンニがスターになったのは啓蒙主義という時代的背景が一役買った。恐れをポトゥリギもしていた宗教の命令を無視し、あるいは甘く見て、自分の理性的判断に基づいて、人間的な愛を実践したところ、何が間違っていいかいということだ。しかし、もしあなたが宗教家ならば、天国と地獄を行き来する懺悔の時には、ちょっと躊躇はないだろうか。ところが、ドンジョヴァンニは、一瞬の躊躇もなく懺悔を拒否する。神マッチャンダッコム浮かぶ不敵な存在だ。異性の立場から見ると、宗教のコマンド、死後の世界の審判はないという態度に他ならない。宗教の先端、異性チュルバルインである。

Q4。ドンジョヴァンニとカサノバは何の関係?

モーツァルトのオペラ<ドンジョヴァンニ>のシナリオは、イタリアの詩人ロレンツォてポンテが書いた。彼はユダヤ人にヴェネチアで成長しており、そこでの聖職者のプロセスを踏んで宗教になった。ところが、彼が歴史に名を残した理由は、オペラの作詞家としての能力を発揮したおかげだ。彼はモーツァルトの<フィガロの結婚><浩二ファントゥッテ>、および<ドンジョヴァンニ>の台本を書いたし、ハプスブルク帝国の宮廷作曲家サリエリのオペラを書いた。ところが、その当時のヴェネツィアの詩人であり、社交界のスターがまさにジャコモカサノバだった。ロレンツォ多ポンテはカサノバよりも24歳オリンデ、今までの二人は友達のように進展する中だった。多ポンテはカサノバの生活の中で時代のチョサンイン啓蒙の知識人を見て、カサノヴァの誘いに応じて、伝説のようなお金のフアンの物語をオペラの台本にする。つまり、宗教の抑圧からの自由、神の国を賛美するのではなく世俗的な日常を芸術にするにはカサノバの啓蒙者の肖像と見た。彼のナンボン機は自由恋愛に美化した。離島の恋愛が公に賛美受けた啓蒙の時代の雰囲気徳を見た。いつ恋愛がチャンヤンバトアトナ、抑圧の対象とさえ思えてね。多ポンテはモーツァルトを説得し、いよいよオペラを作る。しかし、内容のブルオンハムのために、<ドンジョヴァンニ>は、ウィーンのハプスブルク家の劇場で初演されておらず、プラハの劇場で公演された。

Q5。カルロスサオラ映画のウォンジェモクが<私は、ドンジョヴァンニ>の理由は?

元々この映画のタイトルは『ドンジョヴァンニ』ではなく、『私』という言葉がもう一つ入っている。だからひたすらドンジョヴァンニの話だけではないのだ。誰かが『自分』がドンジョヴァンニだと主張する話だ。大きく三人である。まず、架空の人物であるお金の朝食です。だから映画の中にモーツァルトの<ドンジョバンニ>の公演が大きな比重を占めている。 2番目の人物がオペラを作るくらいだポンテの表象だったカサノ海。詩人であり、文献学者であり、相場師であり、プレーボーイである。映画でも多ポンテの友達に出てくる。最終的にはオペラの台本を書いたのだポンテ自身である。彼もカサノバに劣らない浮気者なのに、大臣を罷免された理由が女を翻弄したからだ。多ポンテもカサノバのように世俗の美しさで装飾するために一生を送った人物である。天上の世界は無視して、地上を自分の天上に作成しようとした。そのため、サウスラの解釈によれば、真のドンジョヴァンニはロレンツォだフォンテーヌわけだ。

Q6。映画の主人公ロレンツォ多ポンテはどんな人?

多ポンテは、ヨーロッパでオペラの作詞家として飛ばしたが、彼の後援者であるハプスブルク家のヨセフ2世が死んだ後、フリーターになる。仕方なくアメリカに行った。多ポンテは、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語に堪能である。ニューヨークでイタリア語の個人レッスンをしてわずか暮らすした。ところが、この時の授業が縁になって、彼は名門コロンビア大学のイタリア語教授となる。米国での<ドンジョヴァンニ>も公演し、ロッシーニを知らせて芸術界の大物となった。晩年にはアメリカ市民として帰化する。

文:ハン・チャンホ(映画評論家) 2010.10.12
by kazem2 | 2010-10-12 11:56 | Comments(0)