ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

映画「TSUNAMI」 チェ・ヒョンシクのプライド

e0109292_22122020.jpg




今日も映画「TSUNAMI」を観てきました
日本での上映中は時間がある限りヒョンシクに会おうと決めていました
ソウルで見た時は発音が聞きとりにくかったんですが
字幕付であることと この一年間で釜山の方言のイントネーションを理解できたおかげで
日本でのヒョンシクはわかりやすかった
何故1000万人以上の観客が感動したのか改めて考えてみました
ヒョンシクが二者択一を迫られた時
どうして自分を犠牲にできたのか
海難救援隊としての教育を受け訓練をしたとはいえ
ヒョンシクの行動は潔くてとても立派で頭が下がります
その潔さは釜山で育てられたからなんではないかと思うのです
結婚や恋人を選ぶときでさえ 自分の気持より親、兄弟の気持ちを優先させる
自分の気持ちよりも地域のネットワークを大事にするという
釜山気質というものがあるような気がします
釜山のリゾート開発の許可が下りたにもかかわらず 
津波の日に会長さんは区役所に取り消しの申請に行きました
会長さんもお金儲けより地域の人の気持ちを優先させました
命綱を切れば死ぬかもしれないというときヒョンシクの顔はゆがんでいました
覚悟を決めるまで苦悩の表情を見せますがすぐに覚悟を決めたヒョンシクは
笑っています
観客はヒョンシクの釜山で培われた性格とその高貴なプライドに感動したんだと思います
このシーンは何度見ても泣けてきます
チェ・ヒョンシクは素晴らしい釜山ナムジャでした
by kazem2 | 2010-10-11 22:16