ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

映画「クィック」CJエンターティメントと手を握る!!!

☆news.nate.com
e0109292_22384688.jpg

嬉しいですね!
これで映画「クィック」も世界に披露されると思います



[JESキムイング]
CJエンターテイメント(以下CJ)は、『ブラザーフッド』の興行神話を創造したチャンドンゴン、カンジェギュ監督と手を握る。

CJは9日、釜山海雲台グランドホテルで'CJの夜'行事を持って、チャンドンゴン主演の『マイウェイ』を含む、2011年の映画のラインナップを公開した。

CJは今月末、リュスンワン監督の『不当な取引』を皮切りに、来年上半期までに12本の韓国映画を披露する。カンウソク·カンジェギュユンゼギュン·カンヒョンチョルなど興行性を証明した監督たちとギムゴク·キムなど、実験性の強い監督まで幅広いラインナップを取り揃えた。

この中でも『ブラザーフッド』以来、実に7年ぶりにカムバックしたカンジェギュ監督の『マイウェイ』が目立つ。この作品は約300億ウォンの制作費が投入されるブロックバスターとして知られている。第二次世界大戦中、ノルマンディー上陸作戦を背景に、日本軍にジンジプドェドイツの兵士になったものすごい運命の人の話を盛り込んでいる。

チャンドンゴンが主人公であり、日本のオダギリジョー、中国のファンビンビンが出演する。元々は、SKテレコムの映画部門では、単独で企画したが、最近、CJが共同配給の形で合流し、来年のラインナップに追加された。チャンドンゴン、カンジェギュ監督のコンビが『ブラザーフッド』で作成された歴代韓国映画興行3位(1174万人)の記録を内心期待している様子だ。

このほか、去年の夏興行の神話の主人公ユンジェギュン監督の『7鉱区』と『クイック』、『スピードスキャンダル』のカンヒョンチョル監督がメガホンを取った『サニー』、今年のベネチア国際映画祭に招待された'バンドクピ』を演出したギムゴク·キム兄弟監督の『ホワイト』などが進行中だ。

'7鉱区』と『クイック』は、少なくとも100億ウォンを超える巨額が投入され、'韓国型ブロックバスターと呼ばれる。作品性と興行性に満遍なく強いユンジェギュン監督がプロデューサーとして参加し、また、一度の『海雲台』の神話を狙っている。
『ホワイト』は、アイドルグループの成長過程と恐怖を組み合わせたユニークな素材の作品だ。ガールズグループティアラのとは、艇が主演を引き受けて演技変身が期待される。

釜山=キムイング記者[clark@joongang.co.kr]
日刊スポーツ 原文 記事配信 2010-10-10 17:02


他のメディアではソン・ガンホの「青い塩」もあげられています
CJエンタのホームページに2011年度のライナップはまだアップされていませんでした
by kazem2 | 2010-10-10 22:33