ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

19歳の少女の人生を描いた映画<タイガーファクトリー>

☆Piff.cine21.com
e0109292_11542574.jpg




<タイガーファクトリー> The Tiger Factory
オミンジン/マレーシア、日本/ 2010年/ 84分/アジア映画の窓

男の子は400ドルだ。女の子は、それよりも、多くの2500ドルで取引されている。 <タイガーファクトリー>は、赤ん坊を売って買う取引で'工場'で扱われる19歳の少女の人生を描いた映画だ。日本に行くためにお金が必要な女の子のポーンはレストランや豚の飼育場を行き来しながら仕事をしている。一日でも早く、多くのお金を稼ぐために、ポーンは叔母の『ベビーファクトリー』事業に参加する。インドネシアの移民の人々と関係を結び、子供を産んでくれることだ。叔母は、赤ん坊を購入しようとする人に言う。 "あの子は本当にかわいいでしょ?だから子供は美しいですよ。どうですか?"これは実話だ。 <象と海><水を捜すの火の上の女性>を使用して、世界的な神として登板したオ・ミンジン監督は、新聞では、ミャンマーとインドネシアの移民を利用して赤ちゃんを取引するという記事を発見した。彼は素材が付いている現実を告発的な興味から脱して、ひどい生活を貫通する少女のイメージに注目する。赤ちゃんを産んでお腹がオフのままで寂しく寝ているpingの途方に暮れた表情、ひたすら妊娠のために関係を持つ人にでも慰安を探そうとする必死さに、視線を捕らえる瞬間だ。倫理的判断を去った少女の切実さは<タイガーファクトリー>が観客に突きつけられる諸刃の剣である。どのような基準にしても痛くない道理がない。

文 ガン・ビョンジン2010.10.10
by kazem2 | 2010-10-10 11:54