ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

映画俳優たちの爆弾宣言「タレントは映画出演はない」

☆media.daum.net.entertain
e0109292_22411463.jpg




[TVレポート]
映画俳優たちが固く団結して爆弾宣言をした。 "タレントの映画に出演してはいけない"という宣言だった。タレントの映画出演で仕事が減り、生活に脅威を受けている映画俳優たちの本音が含まれている内容だ。タレントは、TVドラマだけに出演し、映画には映画の重ウマン出演するという露骨な方教えて起きるわけだ。今の話ではなく、1970年代末にはそうだった。

映画俳優とタレントの区別が明確な職業ではない。すべての俳優や演技者として呼ばれる。演技者は、映画や演劇、TVドラマなどで専門的に演技をする人をいう。辞書の意味でタレントは、放送に出演する共通のテレビドラマに出演する演技者を早く、映画俳優は映画に主に出演する演技者を言うのが違うだけだ。それでも、映画俳優がタレントの映画出演を防いで出たことが可能だったのだろうか。結論から言えば、実際に、韓国映画界では、このことが可能だった。

2010年の芸能界の流れの顕著な特徴の一つは、アーティストたち』の活動領域の非形成』である。 『クロスオーバー』の全盛時代であり、『ジャンルの破壊'が大勢だ。演技者は、映画、TVドラマ、演劇、ミュージカルはもちろんギャグのプロと芸能プロにまで出演できる舞台があればジャンルの区別なしに出演することができる。歌手が映画やTVドラマに出演することもよくあることだ。

多目的な芸人、全天候型の芸能人が歓迎されるこの時代に振り返る1970年代末の映画俳優による『タレントの映画出演封鎖事件』は、いかにも好奇心が強い。

1979年当時、韓国映画人協会の煙の小委員会(俗称俳優協会、現在の社団法人韓国映画俳優協会)の シンソンイル 委員長は、会員から困った注文を受けて悩みに積まれた。主演級俳優を含む多くの会員たちが、"タレントたちのために出演する機会が減り、生活が脅かされている"とし、これに対する俳優協会レベルの対策を要求して出たのである。

映画俳優の経済的な活動は映画出演がすべてだった頃である。当時、韓国映画の1年の映画制作本数は80本。政府からの承認された20件の映画会社だけで制作をすることができ、1社が義務的に4ピョンシクウル製作する制制作システムだった。俳優たちは、この80編を置き、適者生存の競争を広げなければした。

TVの方は相対的に都合がよかった。当時の放送3社(KBS、MBC、TBS)は、公開採用の形で演技を抜いて公採タレントという名前でドラマに出演させた。膜の選抜された新人タレントは、放送局からの給料の形態の基本的な収入を確保受け、補助出演イルマンジョンその時その時の出演手当がジグプドェ最小限の生活は、解決することができる。そのようなタレントたちが映画俳優たちの領域であるスクリーン外出がだんだん多くなり、映画俳優たちはそれほどの危機意識を感じるしかなかった。

社会の雰囲気も、映画俳優たちを不安にさせた。 1970年代は、軍事的緊張がひどかった時期に、重化学工業を優先していた当時の朴正熙大統領は、カラーTV放送を禁止させていた。当時までにしても、TVなどの電化製品は生活必需品ではなく、一種の贅沢と認識されているからだ。そのような政府が突然、1980年以来のカラーTV放送を予告してきたのだ。

カラー放送を主張した人は、放送関係者ではなかった。科学技術部長官を務めた現韓国科学技術院汚名理事長の粘り強さが根底になった。当時、日本と台湾の新製品サイクルをアプダンギミョ電子技術を発展させている間、韓国にはカラーTVを生産しますがしたが、海外から部品を取り寄せ組み立て生邪魔している状況だった。このような状況では、部品や半導体などの電子産業全体が発展するのが難しかったという汚名理事長は判断したのだ。彼は"すでに世界107カ国で、カラーTV放送が実施されています。我々とできない理由がありません"と、朴正煕大統領を説得し、カラーTV放送の許諾を受けて出した。

当時の映画界は、カラーフィルムで製作された映画で白黒TVに対して優越的な地位を持っているとオチュルヘていた。しかし、一方では大衆の視線が知らぬ間に映画館でTVに移るの変化に不安だった。ところが、唯一の命綱だったのカラースクリーンがテレビ劇場で開かれたならば、演技者の重量の軸がTVドラマでソルリルことは火を見るより明らかな役だった。

映画俳優たちの主張に妥当性があると判断したシンソンイル委員長をはじめとする俳優協会の首脳部は、俳優のキャスティング権を持っている映画製作者や監督たちに"TVタレントをキャストしないでくれ"と説得に乗り出した。議論などの対話を通じて、時には公文書を通じた行政手続等の方法で積極的に映画俳優たちの意を伝え、協力を要請した。

映画俳優たちの注文に多くの映画監督たちは同調した。問題は、資本をジュムルヌンメーカーにあった。昔も今も映画製作者は、映画ではなく、映画を商品として経済的利益を図る企業家たちだ。収益にあってTVタレントを起用するのが有利だと判断すれば、映画俳優たちの訴えは無視してもやめだった。

地域販売店(地方の商売と呼ばれていた)と劇場主らの反発も変数であった。今日は、大企業系列の映画館と配給会社が資本を武器に、制作全般を統括しているが、当時は、地域に拠点を置く劇場主や配給業者が、粒度優先(立稻先卖)形式を借りて、映画制作に影響力を行使していた。イプドソンメランまだ田んぼで育っている稲を事前にお金をもらって売る行為を語る上で、映画界では、地域の上映権を担保に製作前に、地域別の配給業者が制作費を投資する製作方式をいう。当時の映画の90%以上が粒度優先で製作された。

金づるを握った地域配給業者は、キャスティングに絶対的な存在として君臨した。自分の地域で人気のある俳優を、または自分との親疎関係を考慮して主演にキャストすることを投資の前提条件として立てるのが常だった。従って多くの俳優たちは美しい美しさのパスを介して人々に接近してキャスティングロビーを広げることもした。このような配給業者たちの目の映画俳優たちの「生存闘争」は「自分の食器取りそらえる」に過ぎなかった。

当時の主演級俳優だった ゾングユンフィ、 チャンミヒ、 金者屋 など、女優をはじめ、 李零下、李徳華、 ハンジニ、 ガンソクオ などは、すでに放送局公債または特別採用を介してTVドラマに出演し、全国的人気を得ていた。製作者と配給業者が、これらのキャスティングを要求するために、映画監督といって反対する大義名分が確実にあるわけでもなかった。配給業者の圧力でそのうちに映画俳優たちの要求が受け入れられていた雰囲気が『なかった日のホームへ戻る始めた。

製作者と配給業者の圧力で'TVタレント映画出演封鎖作戦』に失敗した映画俳優たちは、そのまま座りこまずしなかった。劇薬処方をするに至った。俳優たちだけでは力が弱いと判断した俳優協会の首脳部は、制作スタッフを相手に参加を呼びかけた。撮影、照明、音楽、美術、編集などの資本を除き、制作の全分野のスタッフに一緒にいてくれることを公式に要請した。

幸いにもその映画界の義理は、組織暴力団も手と同じくらい類別した。先輩後輩の位階秩序も格別トゥンシルした。当時、ソウルの明洞一帯を牛耳ったギャングのボスたちが、組織員たちに、"映画界の人々(映画関係者)とは可能なぶつからないしてはいけない"と言うほどだった。そのような制作スタッフは、映画俳優の主張に同調するには、わずか一週間もかからなかった。

制作スタッフは、"TVタレントが出演する映画には一切関与はしない"と公式に立場を表明した。制作スタッフなしで映画を製作することはできない。映画俳優以外のTVタレント演劇俳優CFモデル演技志望生などの出演陣を構成しても制作スタッフでは、映画を作ることはできないことだった。スタッフまで映画界以外の分野での人材をカバーすることは不可能なことだった。

製作者と配給業者は、白旗を挙げるしか他に道はなかった。映画俳優たちの勝利だった。 1979年夏に開始されたTVタレントの映画出演禁止措置は、その翌年の冬までに1年余り続いた。 TVドラマに出演していない映画俳優だけの映画の主演の座を占めた。

この封鎖作戦は、1980年12月1日午前10時30分、カラーTV放送が開始され、自然に消失する。これ以上の大衆が映画を最高最良のメディアに考えないようになったのだ。カラー放送が本格的に開始するとTVはなくて売ってるものとなり、人々の服や家具まで変えるなど、国民の生活文化を変えており、映画俳優たちにも大きな刺激を与えるきっかけになる。

多くの映画俳優たちが先を争ってTVドラマに進出し、活動の幅を広げていき、それ以来、映画俳優やTVタレントを区別する二分法的な論理にも姿を消す。

今日、この区別は消えたが、映画はまだ演技者にとっては'夢の球場'である。成功した俳優という言葉を聞くためには、スクリーンでの認証が必要です。 キムテヒ 主演の映画『グランプリ』を観客が無視すると、"キムテヒは、TV用の演技者であるか"と冷たい反応を見せたの世論がこれを立証する。

俳優なら誰もが、また歌手芸人アナウンサーMCに至るまで、大衆芸術家たちが映画に出演するこのごろである。 1970年代の映画俳優たちの『TVタレント映画出演封鎖作戦』は『虎のタバコの咲く頃』の物語であることは明白である。

しかし、この時代に見せてくれた映画人たちの『団結力'は、今この時に要求される。資本家の気に食わないというの主演俳優が変わって、俳優が監督交代を要求し、TVドラマの一編で人気のあるいくつか得た新人演技者が数十年のキャリアの端役俳優の前で勿体を咲かせる昨今の制作現場の様子で、私たちは、その時代映画人たちの『団結力』を再度見てみたくなる。

写真= TVレポートDB /(ジョワブト)李徳華、金者屋、チャンミヒ(この記事にある特定の人物とは関係ありません)

ユンサンギル編集局長(大宇) yoonsk4u@tvreport.co.kr
入力 2010.10.08 19:08
by kazem2 | 2010-10-09 22:32 | Movie