ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

釜山国際映画祭 蒼井 優インタビュー

☆CINE21単独インタビュー
少女と俳優の間、彼女の笑顔
<雷の木>の主演俳優蒼井優単独インタビュー
e0109292_1923356.jpg




"秋から冬に変わっていく瞬間、冬のにおいが私はその瞬間がいい。"そういえば、釜山(プサン)国際映画祭が開催される季節は、もしかしたらぴったり蒼井優のための季節ではないかと思う。日本の女優蒼井優は、『オープンシネマ』部門で公開されている宏樹隆一監督の時代劇<雷の木>の主演で釜山を訪れた。徳川将軍秀成の息子と山の中で生きていく少女の運命的な出会いを描いた映画だ。三番目の釜山を訪問した蒼井優は、"まるで初めて釜山を訪問したかのように感じられる"と話す。 6年前の彼女は、新鮮な俳優という職業を開始した少女として釜山を訪れ、今は演技を一生の業と確信している女としての釜山を訪れた。 "釜山(プサン)は演技が何であり、映画作るのが何なのか、より深く考えることができるきっかけを作ってくれた場所だ。それで映画が好きな人々とここで会うことが幸せだ"。

- <雷の木>に出演することになったきっかけは何か。博樹隆一監督は、非常に強烈な主題と表現水位の映画を作ってきた監督であり、また、これはあなたにとっては珍しくも時代劇だ。

= 19歳の原作小説を読んで、本当に素敵な話だと思っていた。どんな俳優が主人公を受け入れればよいのかを想像して読んだ。提供が入ってきたとき、Hiroki隆一監督は、日本でも俳優たちに特に人気がある監督で、以前に挑戦してみることができない時代劇というジャンルにも魅力的で出演を決心した。

- 以前のインタビューでは撮影に入る直前まで、『私には無理だ』という心配と緊張感に包まれたという。まだそうなのか。

=まだ不安を感じる。それで出演を決定する前に監督と多くの話を交わして、どれか一つでも私は信じることができることがあったら、見逃さないようにしようと努力する。今のところは幸いにもそのようなものを見つけることができ....ところが、そんなことをしてまではとても力が入る。

- 時代劇を撮影するときは、俳優としての役割にアクセスする方法が違うかとか。

=今回初めて時代劇を撮影することになったが、時代劇は、セリフ自体がちょっとかっこつけてるように聞こえるのがあって学び、自分も知らないうちにかっこよく見せようと演技をすることが多い。ところが、監督の時代劇だと全く認識しないでくれと要請した。

- 非常に特定のイメージがないというか。他の日本の女優たちが独自のイメージを持っているのに比べ、流れる水のようにどのような役割にも入ることができるようなイメージがある。

=初めて俳優を開始しながら、オーディションでは、主に聞いた話では、どのような俳優でも何か特別なことがあるのに私は個性があまりないという話だった。最初はそれが心配になった。しかし、個性がないことを個性的に考えることにしようと心に決めた。特に何かを固執せず、個性ないこだわりなくフルロフルロてきたので、むしろ、色々な作品ができたのではないか。今は個性がないもん補償された気分だ。

- 日本では、森の中に住んでいるように着るの少女たちを意味する'森ガールファッション'を流行させた。韓国の女の子たちのファッションの上での方法に多くの影響を与えたことを知っていますかひょっとして?実際に着る服を選ぶのも俳優という職業の部分である。

=韓国に影響するのか全く知らずにいた。服を選ぶ時は、この服を長く好きで着ることができるかをまず考える。もちろん、ちょっと馬鹿着るという音を聞くことにする。(笑)しかし、自分でトレンドを作ってみたい気はない。

- 映画を選ぶ基準と似ていると感じられる。

=そうかもしれないけど(笑)

- いつも聞く質問ですが、あまりにも多くの韓国の監督たちが蒼井優と作業をしてがるので、ぜひ聞いてみなければならない。一緒に作業したい韓国の監督がある。

=最近では、<義兄弟><家族の誕生><密陽>を見た。実際に何かをしたいと強くアピールするスタイルではなく、自分でもなく、また誰かとしていきたいと話し、後に本当に必要かもしれないという考えに怖くて....正確に言うことはできない。願いは、口で音を立てて言えばならないんだから(笑)釜山(プサン)を訪問しながら、少なくとも韓国のファンたちが並んで俳優を知っているという事実を感じていた。ポンジュノ監督の<東京>に出演することができたのも、両方とも韓国のファンのおかげだと思っている。

- 映画を撮ることがないときは、何を心配しているほうなのか。

=自宅でぼんやりしている時もあって(笑)季節がバクウィダてみると、新しい服も歩き。普通の女の子のように過ごす。

文 金度勲 写真 ソンホンジュ (写真部長)2010.10.09
by kazem2 | 2010-10-09 19:06 | Comments(0)