ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

チョン・ウソン「人との自我を失わない俳優に老けていきたい」

☆今夜のウソン君「深夜のFM」VIP試写会へ
☆Tagstory.com動画
☆10.asiae.co.kr
e0109292_18233615.jpg


俳優チョンウソンが5日午後、ソウル建国大ロッテシネマで開かれた映画『ゴムオガンホ』(監督ジョンウー、数チャオピン)マスコミ試写会で、相手役の'ワールドスター'の代わり経過劇中に呼吸がどうだったのかを確認する。ドアの"永遠の良い友達になるにした"と明らかにした。






韓国の俳優たちのインタビューがとしての能力に与える立てる場合はどうなるのか?問われる俳優たちが一つや二つではないと思いますがチョン・ウソンは、明らかにトップグループを形成する。彼との会話は、封切りを控えた映画<ゴムオガンホ>私の少し前に行ってきたベネチア国際映画祭などの場での話題に集中されていない。彼がコネノトは、回答については、チョン・ウソンを取り囲んで起るものではなく、チョン・ウソンと呼ばれる人の中にあらかじめ作られた思考を追うようにした。そこで彼は、観賞よりも聞くことで適切な人である。ただ眺めだけ見てもほほえましいチョン・ウソンの美しさが、彼が提示した哲学によって光を失う危機の瞬間、本物のチョン・ウソンに会ったようだった。

ただいま<ゴムオガンホ>のマスコミ試写が終わった。国内では初めて公開されたが、すでにヴェネチア国際映画祭では、一回のラインを見せたりもした。
チョン・ウソン:私はヴェネツィアで、完成した映画を初めて見て、そこから特別な経験をした。前に<ノムノムノム>でカンヌ行ったことはあったが<ゴムオガンホ>でベニスを訪れたのは、また違った感じだった。 <ノムノムノム>は、私たちは映画に行ったんだけど<ゴムオガンホ>は、中国の映画だから。 [完了]試写をする日にジョン・ウー監督が生涯功労賞を受けて一緒にしたが、誰といっても、韓国映画、インドこんな時間をいつの日か過ごすには良いという気がした。唯一の韓国人で、その場に一緒にすることがあってぴりっとしたりもした。現地で<バラエティー>や<ハリウッドレポート>から多くの賞賛を受けたりしたが、今は冷静に<ゴムオガンホ>が韓国の観客たちにどのような楽しさを与えることができるか心配して見なければならない重要な時点であるようだ。

"スターとしての自覚は、よりよい姿で進むことができる出発点"

<ゴムオガンホ>でチョン・ウソンは、コミックやアクションメロを行き来する様々な姿を見せてくれる。
e0109292_18253431.jpg


<ゴムオガンホ>には、予想外の楽しさがあったよ。特にジャンは清純だといえるほどに典型的な武侠映画の男主人公とはだいぶ違っていた。前半では、コミックを、後半部では、メロとアクションを担当するが、アクション俳優の容貌だけではなく、メロ俳優としての長所がたくさん浮き彫りにされたのよ。

チョン・ウソン:
そのように感じた場合は、意図しようとしたキャラクターを完成ていたようだ。 (笑)映画の前半には、 『ジャンがいったいどのようなキャラクターイギルレ、あんな姿で現れるか』という疑問がたちだ。ジャンは、純粋ながらも恋に恐れることなく近づいてですが、もうスジュプギド一人である。しかし、同時に、 'チョン・ウソンがあんなことだけしようとナオジンていないはずなのにという思いもたちので。そうするうちに後半は逆のキーを握って復讐を夢見る男の姿までずっと見せることができたのが面白かった。ベニスで初めて見てもよく表現されたようで気に入った。

中国の武侠映画に出演するだけもちろん、中国語や剣術は基本ですが、予想していたよりも中国語のセリフがとても自然だ。刀を使ったアクションも上手だし。

チョンウソン:
中国の俳優が台詞を録音したものを映画の撮影前からずっと繰り返して聞いた。ただせりふを覚えるのではなく、言葉の意味を理解しながら。特に第2外国語を学ぶのに一番良いのは愛イラジではないか? (笑)両者の経過メロのラインがあったので、感情のシーンを演技しながら自然に中国語を身につけることができる。剣術のような場合は、撮影がない時も撮影場に遊びに行って、いつものナイフを振り回して通っていて両者の硬度の剣を置くことができなかったと言っていたよ。中国の剣術は、韓国とは異なり、すべての動作の最後に本の指を緩和できるように集めて立てるのですが、それが一番難しかった。私の指だけを最後に一人でVそしてあり。 (笑)

そのような努力のおかげなのか映画を演出したジョン・ウー監督は、あなたからの"全盛時代のチョウユンファの姿を見た"と言うほどに絶賛していたよ。

チョンウソン:
監督は最初に<私の頭の中の消しゴム>を見て私の好感を持つようになったという。その話を聞き、台湾の映画祭で初めて会った。おそらくチョウユンファの姿を見たとされたのは私がチョウユンファに似ているからではなく、彼を初めて見たときに感じたの監督として、俳優を撮りたいのインスピレーションがチョン・ウソンという俳優を見ながら、再び蘇って吸った可能性だ。そのような点から、私を非常に評価してくださって、可愛がってくださる。 (笑)今後のプロジェクトがどのような形であれ、本人が関与している映画は、僕に参加させようとする意思も明らかにしてくださって。私にはとても良い縁である。

チョン・ウソンのスター性がそのように、ますます国際的で、大きくなっているだけに、自分への認識にも変化があるようだ。あなたはいつものスターとしての自分自身についてとても明確に認識していて、それを遠慮なく言ってはないか。

チョンウソン:
スターとしての自覚は、ナルシズムや『私ジャルナトオ、私はこの程度のレベルだよ』こんなのではなく、より良い姿で行こうとする最初のステップの開始点となる。こんな表現をよく書く本人がイプゴジャ服と似合う服は違う。もちろん、着たい服がよく似合うまでは、どのように幸せにするか?俳優というイメージもそのようだ。一部の人は、こんな服を着て、このような役をしたいのですが、その俳優ハンテ似合うのは、他のこともある。でも、俳優が自分のイメージを探す過程の中で、いくつかの服を着てボンダンね。そのような試行錯誤を経験しながら私に合う服は他人が似合うとするオトイルこともあるんだなわかるしね。もちろん、その過程が無駄ではない。複数の服を着た人が男になることがあるのだから。それとともに、自分の長所、ポーションを明確に知った時、もっと私を成長させることができるきっかけが与えられる。そのような時間を経て、大衆が私の望む姿、私は俳優として大衆に位置している場所、このようなものを眺めるしかない。俳優であると同時にスターの座にはいくつかの人にしか与えられない。演技派俳優たちは、多様で個性のある演技でアピールすることができるので。それぞれのメリットが明確だ。これが一つがあり、一つはないとしても欠点ではなく、持っている利点があまりにも明確なため、それを受け入れ、収容したときに、大衆との疎通がウォンファルヘジということだ。

" <ビット>ときの私の姿が最も美しいのだ"

それなら、今の大衆がチョン・ウソンに必要なことは何だろうか。海外に出るときは『メイドインコリア』と書かれたTシャツをつけて過ごしたいというほどチョン・ウソンに期待するのは、演技、外的なものも大きい。

チョンウソン:
ずっとそのような質問を受ける。 "ハリウッドにはいつ進出するんですか? "みたいな。もっと大きな市場での私の活動を見ながら代理満足や痛快さを感じたい大衆の風のようなものが感じられる。彼らが私に対してそのように想像をしてくれるのはとても感謝しますが、私は考えている目的地、私が行こうとするいくつかの道程があるので、それを短期間に満たすことはできないようだ。そして、どうせハリウッドに行くんより大きく、より長く自分のペースを作ろうとする欲があるので、短い時間の中で何かを見せて気持ちはない。

そういえばチョンウソンという俳優は焦っていたことがないようだ。多作をする一方通行ではなく、特定の目標に向かって競走馬のように走って行くスタイルでもない。

チョンウソン:
大きな絵を描くので、ゆっくりと行っても私には、その速度は遅くない。でも、それがどのような絵だとは簡単に言うことができないようだ。しかし、海外に出て映画を一本、二本撮り始める場合は、以前の東洋の俳優たちとは違うと思う。もちろん、ジャッキーチェンやジェットリーのような特殊な武術やアクションの固守たちでなければ、ハリウッドに進出することさえ難しいのが現実ではある。でも映画の中で、特定の民族を代表するものにすぎないより重要な画像や主題として登場することができる文字でなければならないと思う。ハリウッドに行ったのですが映画の一、二編で終わる純できないじゃないですか。あるいは一、二編で終わっても強烈なことで残るのがいいので。

強烈なのもいいけど俳優としての最も美しい瞬間を映画に残して見たくはないが。 <ノムノムノム>のトウォンのように、チョン・ウソンが、ビジュアルの劇団を追求する姿を見たいと思ったりする。

チョンウソン:
だから要塞<おじさん>がされてもいい。今のように興行される前に、いくつかの言葉が多くて、見ただけで拍手をちょうどながら好きだった。ウォンビンという男性俳優がとても美しいんじゃないの。ストリラン全然関係なく、ウォンビンが戦って走る姿だけを見てもいいから。 (笑)同時代を生きる人として、同じ俳優としての韓国映画で俳優があんな美しさを持つことができるというの、すごく素敵ではないか。もちろん、演出も良かった。ちょっとミスすると、多分にゴリタブンハンストーリーになることもあったがよく解いて、一キャラクターに引っ張っていった明確さに加え、ウォンビンまで美しいなんて!ブラ見て何か。 (笑)

もしそうなら、自分の最も美しい瞬間が込められた作品は、どのようなと思いますか。

チョンウソン:
感情としては、 <ビット>の時のようだ。民の姿が洗練されなかったが、どこに行くか分からない、何をとられるか分からない寂しさのようなものが当時の若さに共有されているので、賛辞があったようだ。その年代、大人でもなく若者でもない時間を持つ感情がとても大事にした。それ民を使って表現したかった。それで映画を見たときに人々が『その時その時は寂しいけど大切なんだね』と感じていた。

<アテナ:戦争の女神>は、 <美しい彼女>以来、十数年ぶりのドラマなのに撮影現場はどうなのか。チャ・スンウォン、チョン・ウソンのツーショットを期待している女性が多い。 (笑)

チョンウソン:
だからだ。 (笑)とにかく全力を尽くしてあったりする。スタッフも映画のスタッフでありレッド院のカメラで撮ってレンズもずっと交換しながら、フィルムカメラで撮影してるから映画の現場と一緒は大きく異なることはない。どうしても進行速度がとても速い。膨大な分量をとってみると不神を持って演技しなければならないことが多い。もちろん、アクションのようなものな行為だから、その状況ですれば良いのドラマを演じる時は負担である。この新撮り、日本行って来て、次のシーン撮ってこんな感じだ。記載されて見なければならないかどうか分かるようだ。

"自分の心を何度も振り返ることが重要だ"

まだ仏教哲学に凝っているのか。前回のインタビューでは、仏教哲学が最大の心配だったが、最近気になる対象や話題が気になる。

チョンウソン:
あまりにも多い。 (笑)あれもこれも多いのですが、まだ捕獲しているのは人生である。要塞の話題は、人生は、よく生きるとは、人生を成し遂げることへのことだ。それに対する考えを続けている。

ところが、生活者として日常の中でも考えの紐をいつも置いてアンギランしかないだろう。

チョンウソン:
ところで、よく見ると、私達はずっと絶えず考えている。思考は止まらない。死んでも考えることは、魂の中で帰るようだ。あまりにも不思議ではないですか?私は、朝の起動時にそれが何シゴンの間で私の人生は、そのときに目を開いて再度夕方に目を閉じるときに終わって。それぞれのそのような生活が数千億個あるというのが不思議だ。それとともに私たちが出会い、擦れ、いくつかの面で共有されるとともに、その共有がそれぞれの立場に合わせた理解と記憶がされていること。

そんなことをいつの瞬間に不思議だと感じるのは難しいようだ。認識していない過ぎてしまう時がもっと多いですからね。

チョンウソン:
だから目を覚ましていなさいありということだ。人々が目を開いていて馬と目がさめているわけではないですか。 (笑)自分の心を何度も振り返るのが重要ではある一つの考えが席ジャプアソンならないと思う。考えることを地位を築きましたし、しっかりとするというのは偏狭しピョンシクハゲトダン話をすれば。もちろん、その中での良識というのは必要だろう。もちろん、仏教哲学では、分別するなということをいつも話している。分別するというのは断定することができるのだから。ここで私が話をするのは非常に強引ではなく、正しい雲の判断である。でも実際にはそれもしないようにする。 (笑)ただのまんまる承諾されているようだ。そこで考えを置かないのは難しいながらも面白い。ずっとそう話題の話題を開き、追い掛けてみると、私の心の扉が開くか。

<ゴムオガンホ>で一緒に演じた量子場について、"自分が女であることを失うことなく、年齢に入る学び"と言ったが、あなたはどのような俳優に老化シプナ。

チョンウソン:
男という自我を失うことなく、老いること? (笑)でも、男は年齢ば頭が痛くなるようだ。私は男だとか言ってずっと若い女性に視線送り。 (笑)女性が女性としての年齢を食べるのって人が人として、年を取るのはちょっと違うようだ。もちろん、男は年齢ながらしわが素敵に表現されたりしますが、特にどのような準備をするのではなく単に私の好きな運動をし、私の好きな哲学や考え方をより丈夫に育てていくのではないか?年齢をよく食べるということ、きれいに老いるということは外見をよく守るというよりも年齢だけに周辺を弟をすることができることを言うんだ。私もそうなろうと努力する過程の中にあり。努力するしかない。

写真提供。イーノ企画   インタビュー 2010.10.06
by kazem2 | 2010-10-06 18:47