ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「よろしく!」で初主演を引き受けたキム・イングォン

☆CINE21.com
e0109292_12392446.jpg

ワールドスター?ブロックバスター監督?そのような欲捨てなければ平和になる



新人ではない古書俳優の謙虚さは、その真正性を疑うようになることが多い。キム・イングォンの場合はどうだろうか。 1999年<マス>で俳優デビューし、 10年が過ぎた時間。彼の出演作は両手でもコプジことができないほどになった。 <無政府主義者><花嫁はギャングスター><マルチュク青春通り><花嫁修業><宿命><海雲台(ヘウンデ) ><シークレット><隣家の人>など、彼の出演する作品ごとに印象の深い演技を繰り広げ、主演俳優たちを緊張させた。今は「光る助演」という修飾語をテヤ本当らしい。 <とっとこ?とっとこ! >で、キム・イングォンは、単独で110分の上映時間を担当する。就職ができず、ブータンの人々に偽装して、工場に偽装就業する韓国人バンテシクイ彼が演じた人物だ。キム・イングォンは、日焼けティッシュと5時間がかかったパーマは、アラブ人たちが宗教儀式に使うにはハンドルなしのふたのような形の帽子を使用してブータンの人々に、完璧に偽装する。本物の見どころは、彼のバラエティー演技だ。彼の演技に失望させない。ところが、キム・イングォンは、初主演作で受けることになるの賞賛の言葉は一度も考えたことがないというように不安な気持ちをのぞかせた。 "興行の結果に応じて、チケットパワーがない俳優だということが大々的にホンボドゥェルことができないではないか。映画の結果が良ければ、堂々とチョ端役の演技をすることができますが、それ以外の場合は、恥ずかしく再チョ端役の演技をしなければならない。幸せな状況ですが、不安だ。"ジーンズにリュックを背負ってスタジオに入ってきて、地図の靴とベルトを取り出して写真撮影用の服を着替え着たキム・イングォン。彼はまだ心配しても、すべてが変わっていない、デビュー11年目の俳優だった。

- <ばん?とっとこ! >にインタビューしようか、ジョボムグ監督の<クイック>撮影しようか、最近の精神ないだろう。

=昨日も<クイック>を撮ったがそこに行けば、他の人になるようだ。カンジェギュ監督の<マイウェイ>も、今の撮影に入る前に、軍事訓練中だ。

-でも、忙しいのがいいことだ。

=そうだ。まだ不安だ。複数の作品ながらもいずれかが無効になることがありますので、注意しなくてはならない。

- <ばん?とっとこ! >封切り控えて気持ちはどうですか?初の単独主演作だから、他の作品の公開時とは気分が全く違うようだ。

=チョ端役する際には、舞台挨拶応じながら、時にはインタビュー取れれば『ありがとう』しながら、気持ちよくするとされるが、今は肩が重いというか。昔は言いたいことは膜ののにもう言葉も気になって。観客に直接会って、観客の評価を直接的に受け入れることになるから負担になる。

- <ばん?とっとこ! >円どのように出演することになったのか。

=撮影の2週間前にシナリオがメールで来た。とても急いで求めていたよ。 (笑)私に主人公が入るはずもないの主人公役のシナリオが来た。そして、シナリオのクレジットみたらうん、ユクサンヒョ監督?ユクサンヒョ監督の場合のシナリオによく用いられる方だが。読んでみるとああ、おかしい、意味もあり、楽しさもあって。私は、主人公なの?まさか。一応監督に会いに行ってみようてマンナブウェトゴ、翌日のキャスティングが決定した。リーディングしに行ったところ、キャストが私の抜いて、既に両方ともなっている状況だったよ。

-私に入ることができる状況だったという考えはまったくしたことがあります。

=全然。空からいきなり落とされたシナリオだ。でも、こんなのがあった。いつかは、劇場で自分の顔が大幅に感染しているといいなと。そうすぐに行われるかは知らなかった。そんな日が来たら、してもしたがいくらあるかのシナリオを受け、 2週間以内に撮影に入り、今日の劇場に行ってみると自分の顔が大きく出てきたポスターが掲げられていたよ。当惑している。

- <海雲台(ヘウンデ) >以降のシナリオをたくさん受けたようだ。

=たくさん入って来た。ところが、制作段階まで行かなくていないのがいくつかある。 <クイック>の前には、イ・ヒョンスン監督と仕事をしようとした。そうしてユン・ジェギュン監督の製作会社で、イ・ミンギ、カン・イェウォン、キム・イングォンの<海雲台(ヘウンデ) >の部分に連れて<クイック>するかイ・ヒョンスン監督が"行け、か。君の育ててくれた人なのにユン・ゼギュンハンテ行け"そうだった。

-デビュー作<マス>とキャラクターブンソクマン50ページほどいたと。今回は主人公だから、キャラクターの分析すごくヘトゲトダ。

= <マス>ランス比較できないほどにした。ユクサンヒョ監督が教授にあってもそうなのか映画界に長くいらっしゃる方々特有の根性のようなものはない。学生のように監督ハンテずっと質問投げれば監督も楽しそう言われた。実は私は、準備された設定は、多く断念した。 (金)鄭泰兄も、私の故郷が釜山(プサン)と慶尚道の人々に設定して、慶尚道の方言使えばどうかなと思ったら監督は"私は私達母親にこう言っては"と、惜しんでいたよ。だからハム(バンテシク)は、忠清南道錦山人になった。家庭<チャクペ><亀が走る>かけておいて忠清道の方言をイクヒョトゴ、監督ハンテ忠清道風呂、'厳しい冬トンチミ毒くずブラ『こんな悪口を学んだ。監督のペルソナになろうとした。監督が持っているお母さんへの感情、友人への感情をそのままコピーした。その次のリアリティは、私は何とか獲得しようとした。

- ブータンの人々に偽装した韓国人は一体どのような言い方なのか、心配が多かっただろう。

=ブータン人になってみなければならないというよりも、東南アジアの人であるふりをする忠清南道錦山百獣の姿はどうか、そのような考えをたくさんした。 <バンヅビ>や<ロニーを探し>を探してみた。一番いいのは一緒に演技する東南アジアの俳優たちのセリフを聞くのだった。それとともに話し方をまね出し、感情を表現しようとした。だから少し極端ではあるが、韓国社会で生き残るためには弱腰を取る姿が表現された。

-移住労働者たちの前で悪口を講義をする場面は、とてもリアルだった。先生のことはありますよ。

=鄭泰兄がカラオケで演歌<チャンチャンチャン>講義する演技をあまりにも上手で笑いがいっぱい起きた。静態型のトロットガンウイラン自分の欲の講義が一種の対立の構図だが、鄭泰型のみだけのエネルギーは見せなければならないじゃないかと思った。演技しながらはむかっとした。悲しくて、草原に行って泣いた。移住労働者たちに悪口を学んでも耳を開き、耳というゴジャンナ。韓国人たちが移住労働者の友人たちにどのように悪口をたくさんすることを考えると悲しいよ。

-平凡な表情と平凡な演技にも本当に様々な続込めて表現しているようだ。

=私は自分の演技が...音楽に例えれば、調子がよく流れて行かなければならないのに自分の演技を見ると、旋律が中々にポツポツと壊れるようだ。ラララしている途中ぱん。詐欺師が詐欺を張り上げるそっと目つきが帰ったのがバレるの時のようなもの。完全にその人物のチョクヘヤにバレる時がある。観客は気付く。どの部分だとつまんで出すことができないだけであって、観客は明らかに変だということを知っている。絶対音感を持つ人は、ここで半音間違っていることジプオネルだろうし。感情が弾ける部分を自然に演技しようと、ありとあらゆるものをすべて持って書く。ぼんやりしているのも、指紋のない内容を満たそうと、その流れに合った別の考えを持って書きながら演技して。

- <ばん?とっとこ! >で、自分の演技がトィンダゴ考えている部分は何か。

= <ハンオベクニョン>歌う場面。これがあまりにも極端である。ブータン人であるふりをしているのに金山高校出たバンテシクではないかと通りすがりの人が知っているチョクヘトウルときに、ティーで出そうとした場面。そこまでカメに消化しなくてもされるが... 。それは私が感じたことのない現実だから。東南アジアの友達の前でブータンの歌を歌ってくれるところもいっそ'アルラション、カルラション'これではされるが<ハンオベクニョン>枝川'ション'を付けるかハァッ。詳細に入ると、惜しいのが限度終わりもない。

-ジャンルの映画の中でも、リアリティを重視するあなたの演技スタイルを考えると、今回の映画の中で極端なコメディ演技をするのに本当に大変だったという気がする。

=文で見れば本当に笑わせる。しかし、現実では急に飛躍ができるから。私はそのような煙がでない。本当に私も問題だが、可能にして演技するのにそれがでない。

-演出をしてか、演技しながらも、演出家のマインドを持って演技するようだ。

=どうやらそうだ。でも監督がいるのに、自分の役割を越えて話をするとダメだね反省している。結局、監督の話するのが正しい。とっキャラクターを生かそうとしてから監督が見ている大きな画像を台無しにするにはアンドゥェジャンナ。あまりにもリアリティに執着するのも間違っている。

-大学の卒業作品<スィブスキー>以来、演出はしないしている。演出の計画を尋ねる質問にはまだ学ぶべきことは多いという話をよくしていたよ。実質的な準備はないとしても心の準備は続けているようだ。

=ユンジェギュン監督はその場で、来年か再来年にイプボンハジャし、キムソンス監督は、私は軍除隊の時からストーリー入手していた。映画愛のミーティングもするようにして、 PDランスの作家貼り付けてくれようとして。周りで何度もするようにぬいぐるみ。今はあまり俳優のギルチョクウロ来てしまって話がで浮上する。今私が演じている人物か作るほうが、お急ぎのようだ。私がもし監督になったらキャラコメディではないかと思う。主星やジャッキーチェンの映画のようにキャラクターを打ち出す形の映画にならないか。しかし、まだ指示する考えがない。大学に通う時は物語が幕浮かんだが、今は一つも浮上する。

-映画的な趣向はどんなかという。

=私は、本当のキャラクターコメディがいい。ジムキャリーの映画も好きだし。 TVドラマは見なくても<ギャグコンサート>は、必ず用意見る。自分で偉かったと思うと、素敵な人々を見ながら代理満足するはずだが、自尊心が不足してそうかダメな人々出てきて、彼らがおかしいのを見ると元になる。悪趣味ではあったのに、それがいい。

-中学生の時、教会での演劇で、コメディーの演技に興味を持つようになった。

=教会でヨングクハルときに、とんでもないコメディ演技をした人々が笑ってくれた。鶏が先か、卵が先か心配しながら、 『ニワトリが先、卵が先に〜。甲高く〜 『これでは人々が笑った。真剣な演技もした。これにより、観客がちょうど泣いて。その牧師は、大学路まで進出させてくれるくれると懸命に演技してみてと言っていた。その時は登校する前に、朝6時までに教会に集まって友達と演劇の練習してから学校に行って授業受けて、終わったらまた教会に行って演劇の練習して、そのように遊んだ。そうするうちに大学に行ったときは、事実上の演劇が楽しみでした。その時は生計型俳優として... 。この組織の中で何かしたいのですが、演出部をみると演技の才能が見えて<マス>をすることになった。 <マス>現場では、演技しながらも、椅子を運び、照明はどのように動くか、カメラのレンズは何mm使うか、それなり演出するという考えにはそんなこといちいち書いてそうだった。

-祖母の手で育った。幼いときに同じ年頃よりも早期になりましたか。

=曽祖母の手でジャラトヌンデ、そのような面があるようだ。私たち第二子がそうだ。赤ちゃん見てくれるおばあちゃんが昼間に少しずつ二番目を見てくださって、二番目が最初よりも早期の面があったよ。自分がお父さんを笑わせたりして。私の祖母よりも祖母の手で育ったからそのような面があるんじゃないか。

-娘たちが、あなたは何歳ですか。

=最初は、五歳、二番目が三歳。今のお腹の中にもう一つある。今日の赤ちゃんの心臓の音を聞いた。これで、 7週間ほどになった。

-子供が育っている場合は、自分の演技を見るのに、という思いをするようだ。

=だからあまりにも残酷なこと、壮絶なのはできなかったよ。また、そのような演技すると、自分の感情が子供たちに影響を与えるかと思って、聞いてくるかと心配にもなって。

-俳優としての欲は何か。

=欲は捨てなければならない。捨てないと大変になります。もう大変なのが嫌いだ。平和を好む。欲が一つある場合は、穏やかな気持ちで仕事をしたいということ。アドゥンバドゥンストレス受けながらカチルヘジゴ思わない。欲は限りないだろう。ワールドスターになりたいと、私もイ・ビョンホンになりたくて、チャン・ドンゴンと思う。貪欲なんだまあ、 300億ウォンの作品を演出するデガムドクになりたくない。それでも欲はビオリョする。欲のためにストレスが生じていたよ。

文: イジュヒョン
写真:チェソンヨル 2010.10.04
by kazem2 | 2010-10-04 12:39