ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[チン・ジュングォンのアイコン]科学の打者 セレンディピティ

☆CINE21.com
e0109292_10411671.jpg

      インスピレーション(ひらめき)と偶然




昔昔今のスリランカに該当するセイロン王国にはチアペルという王がいた。 彼には三男がいた。 王は国の最も優れた学者らに三王子の教育を任せたし、これらは持って生まれた聡明なことで後継者授業を成功的に終える。 その後王は三人の王子を呼んで自分は引退して瞑想の人生に入りたいから代わりにこの国を引き受けろと話す。 王子らは賢明な謙遜で自分たちはまだまだだと断る。 王は内心うれしいながらもわざと怒ってこれらを国の外で追い出す。 これらの理論的知恵に豊富な経験を付加するための配慮であった。

放浪をした王子らは偶然に道でラクダが過ぎ去った跡を見ることになる。 色々な跡を根拠に三人の王子はそのラクダがある目が見えなくなったし、歯が抜けたし、片方の足は麻痺して、片方わき腹には蜜ツボ、他方にはバター団地、などには身ごもった女性を焼いていたと結論付ける。 その後三人の王子はそのラクダをなくした商人とあう。 商人にその話をしてくれて、商人は王子らがラクダを盗み出した犯人だと断定する。 一度も見たことがないラクダをそのようによく描写することはできないということだ。 告訴にあった三人の王子は結局ペラモ皇帝の宮廷に引きずられて行く。

尋問する皇帝の前で王子らは解明する。 ‘かなたの新鮮な草を置いておいて二編の少なく青い草だけ食べたのである目が見えなくなったし、足跡そばのずるずる流れるだろうた跡でボアある足が麻痺しただろう。 取られた解説選ぶことができないから人が盛んでなくて、道の片方には蟻が、他方にパリが集まっていたことから見てわき腹両側に蜜ツボとバター団地を付けていただろう。 また、人の足跡そばの湿っぽい土のにおいをかぐ時性欲が感じられると見て女のおしっこと見えて、そのそばに手の平跡があるのは女性のからだが重い状態だということを見せてくれる’ということだ。

‘まぬけな話’と?
結局なくしたラクダは砂漠でさ迷っている状態で発見されて、王制は聡明な三人の王子を自身の顧問に任命する。 典型的なハッピーエンドだ。 この話を取り出したことはこのペルシャの伝説で科学の重要な概念が始まったためだ。 古代ペルシャではセイロンを‘サランディプ’(Sarandip)だと呼んだ。 ここで始まったのが‘セレンディピティ’(serendipity)という概念だ。 この単語の創始者は英国小説家ホレイス ワールフォール(1717~97)で、知人に送った手紙にこの概念を使いながらそれが<セレンディプの三人の王子>という“まぬけな話”で由来すると使った。

“彼らは常に偶然と聡明さの力で彼らが探そうとしなかった発見らをやり遂げる。”セレンディピティという研究過程で初めから意図しなかった、しかし非常に貴重な発見を偶然にやり遂げるのを示す。 私たちは科学的発見が合理的手続きにともなう必然的過程の結果と信じるが、相当数の科学的発見は実は偶然の所産だ。 直ちに浮び上がる例は錬金術. 錬金術師らは金の製造法を探そうとしたが、結局彼らがその過程で作り出したことは近代的化学だった。 中国の演壇術士らやはり不老長生の薬を探そうとしたがとんでもなく火薬を発明してしまった。

科学史の最も古くなった例は多分アルキメデスの発見であろう。 彼が入浴をして浮力の原理を発見とはどれくらいうれしかったのか“ユレカ!”と叫んで裸で通りに飛び出したとのことはあまりにも良く知られた話だ。 アレクサンダー・フレミングは消毒を正しくしなかったせいで培養したバクテリアを汚染させたが、その代わりバクテリアを殺す青いかび(ペニシリウム)を偶然に発見した。 ルーであるガルバーニはカエル解剖実験をして偶然に生前期(bioelectricity)を発見して現代生化学の土台を置く。 それ以前までしても神経は液体が流れるカンで見なされた。

事実と虚構の交差点賭博の都市で知らされたラスベガスでは毎年米国実験生物学連合会(FASEB)の例年会議が開く。 ノーベル賞受賞者サルバドール ルーリ分かるそこに参加しようと来て帰ってスロットマシンに陥った同僚の愚かさをあざ笑って同僚が何度のベッティング終わりにチェクパッをさく烈させるとすぐにはなはだしょげる。 これを契機に彼はスロットマシンの修理に対して考えて突然スロットマシンとバクテリアの突然変異が非常に似ているということを悟る。 この類比から彼は結局耐性菌が殺菌バクテリアに対する反応でなく自発的突然変異によって発生するという重要な発見に到達する。

科学の決定的発見が純粋な偶然の産物という事実は演繹や帰納という合理的手続きになじむ科学者らに不便さを与える。 事実ルーリ坊やその発見に達することになった真の過程は科学論文にのせられることはできない。 論文では問題の出発で発見された事実に到達するすべての過程がひたすら科学的、合理的手順にしたがってだけ成り立ったように記述しなければならないためだ。 すなわち論文の作成はその有名なパステルの格率により成り立つ。 “全てのものを必然的なもの(inevitable)のように見えるようにしなさい。”問題はその発見が実際には必然的でなかったというところにある。

映画<ビューティフル マインド>でジョン息を吐き出す同僚らが女子学生を誘惑するのを見て‘私の簡単に均衡’の原理を考え出す。 だが、この秘訣(?)ウル論文に書くことはできないこと。 それはエピソード、すなわち隠れた話として虚構の領域(たとえば映画、小説、電気)に入るだけだ。 ここで妙な力説が発生する。 発見に達した本物過程を電気の領域に送っておいたので、本来論文ではにせ物過程を創作やり遂げるほかはなくはないのか。 これでいつも虚構と入り乱れるはずであるエピソードが事実の記録になって、事実を入れなければならない論文は突然に偶然を必然に変身させる虚構(SF?)行ってなる。

科学的方法は反復性、再演性を持つ。 だがセレンディピティは反復可能なことも、再演可能でもない。 ある科学者の発見を導いた偶然をそのまま再演すると他の科学者らやはり他の偉大な発見に到達するのではない。 ‘偶然’でも‘インスピレーション’は本来科学的方法論に属するのではない。 それは科学の‘打者(タイプ)’ロ、科学の世界で排除されなければならないどんなものだ。 科学論文が自身を生んでくれたお母さんを裏切って、私の出生に対して嘘をつくのはそのためであろう。 だがセレンディピティの存在がただ例外的場合でなく科学の正常状態に属するならばどうだろうか?

偶然に機会を発見がいつも合理的推論の結果で得られるのではない。 むしろ偉大な発見であるほど必然を越えた偶然、あるいは論理を越えたインスピレーションの産物である時が多い(もちろんその偶然もただ‘準備された’人にだけインスピレーションとして作用することだ). 科学で偶然の役割は少なくとも私達が知ることよりはさらに多大だろう。 今まで科学論文は偶然を必然で偽装してきたためだ。 その多大な発見酒的機能にもかかわらず、その間偶然は科学的方法論で排除されてきた。 セレンディピティは科学の外にあるが科学の中に深々と作用している科学のパレルゴンだ.

インスピレーションがたびたびとんでもないところで出てくるのはみな理由がある。 アリストテレスは詩で“韻律は教えることができるが、隠喩作る方法は教えることはできない”と話した。 彼の話によれば、隠喩という(のは)互いに違う二つの事物の間で突然に類似性を発見する能力なのに、隠喩が効果的にするならその二つの事物ができるだけお互い遠く離れていなければならない。 情報理論では多分これを‘情報量の拡張’だと呼ぶだろう。 論理には‘飛躍’があってはならない。 それで論理は遠く飛んで行くことができない。 この時、情報量を‘飛躍的’で拡張させることがすぐに偶然、すなわちセレンディピティだ.

文:チン・ジュングォン(文化評論家) 2010.10.01
by kazem2 | 2010-10-02 10:48