ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画「シューティング」ジェットコースターのようなアクションの味

☆CINE21.com
秋夕(チュソク)ねらったソル・キョング主演のアクション活劇<シューティング>
e0109292_19354226.jpg




すっきりした題名. そして色々なキャラクターが戦って和解して別にまた、一緒に疾走するリズム. 秋夕(チュソク)名節を狙った<シューティング>のキーポイントは‘活劇’のムードだ。 その中心に現在は興信所を運営している前職刑事カン・テシク(ソル・キョング)がいる。 不倫現場をこっそりと捉えてくれという依頼を受けてモーテルを急襲した胎息は女の死体を発見する。 突然に犯人に集まることになった彼は正体不明の男チャン・ピロ(イ・ジョンジン)の電話を受けて身動きもせずいわれるとおりにしなければならない境遇となる。 殺人寃罪を晴らそうとするなら政権与党に不利な証言を準備中の弁護士ユン・テヒ(異性(理性)民)を拉致しなければならないこと。 自身の一挙手一投足はもちろん過去理由と周辺人物まで貫いているピロの正体を把握するのは二番目ことだ。 その上寃罪を晴らそうと東奔西走する中でパパの事情は知らずに不平だけならべる娘まで取りまとめなければならない立場だ。 一方、チャン・ピロの背後には嘱望される女性政治家オ・ギョンシン(ムン・ジョンヒ)が持ちこたえていて、とんでもない警察コンビ サンチョル(オ・ダルス)と宗規(ソン・セビョクが胎息を追う。 もう胎息に残ったのは強かったことに会った時らに強くなった自身の過去の本能を取り戻すことだけだ。

<シューティング>を思い出させるようにする以前作品らは多い。 ホレビ同じ男が事件の中に飛び込んでどたばたする姿は<ダイ ハード>を思い出させるようにして、以前警察同僚課のコミカルな呼吸では<リーサルウェポン>が思い浮かんで、何より政界の陰謀に巻き込まれてほとんどリアルタイムに走って行くリズムは‘ミドゥ’ <24>のそれと似ていた。 複雑な話とキャラクターでだけ問い詰めようとするなら秋夕(チュソク)韓国映画中一番上だ。 それだけ展開速度が速くてピョンピョンはねる。 もちろん多くの人物らと反転の要素らをムリヤリ入れたせいでその流れをのがせばついて行くのが難しい地点もある。 それでも味方と敵軍の境界が曇る、その中で互いにだまされてだますゲームの様相がかえって過去のタランティーノの映画のような郷愁を呼び起こす。 なので<シューティング>は複雑な構造中に置かれているもののそのスタイルと前開口度はもう少し古典的大衆映画の香りを漂う。

もしかしたら多くの人々が、リュ・スンワン監督が初めて後輩監督クォン・ヒョクチェの映画に製作者に出たという事実で‘アクション’に傍点をつけようと入るかも知れない。 実際に彼は<シューティング>のシナリオを使ったりもしたしいつも彼と一緒のチョン・ドゥホン武術監督が参加したのももちろんだ。 だが<シューティング>は典型的なアクション映画と距離が遠くてソル・キョングのチームトップ映画でもない。 スポイラーではないがもしかしたらそれに対する心の準備をしてこの映画に会うことがひとまずそのスピーディーな流れに遅れをとらないガイドラインになるかも知れない。 最も注視するアクションシーン恩ひとまずぶつかって見る迫力を見せる後半部のカーチェイス シニやソル・キョングを囲んで味私は呼吸を吐きだす助演らオ・ダルス、異性(理性)民、ソン・セビョクの存在感だ。 彼らはほとんど演出とアドリブの境界が曖昧だと感じられるほど先になったり後になったり映画を支える。 映画の中政治家たちを見て彼らが果たして誰を連想させるのか、現実の政治家と組み合わせて理解するのも<シューティング>のまた他の面白味だ。 もちろん思い浮かぶその当事者ははなはだ不快なことはするだろう。

<シューティング>は継続からだをパンパン飛んであげるテーマパークの遊具と似ていた。 人物も多くて、事件は続いて、この映画の長所であり短所かもしれないが毎ショットの緊張を失わない。 外観から過去の影を消そうとするソル・キョングもまた、悪戦苦闘する。 それほど1980年生まれ若いクォン・ヒョクチェ監督の関心事はどんな一つのカテゴリーで捕獲されない娯楽活劇の快感だ。 <阿羅漢場風大作戦>を始めリュ・スンワン監督と長い間の縁を受け継いできた彼は図体ぐらい馬鹿力あるようにこの映画一つだけのために駆け付けた。 どうしようが<シューティング>を作るに当たり先輩リュ・スンワンの‘強制力’は全く作動しなかったというのがクォン・ヒョクチェ監督の話だ。 試写会が終わった後あった製作者リュ・スンワンは人物多くて事件多くの<シューティング>に対してこのように表現した。 “<パワーレーンジャー>のような映画、そして<チェ仮泊当たり>のような映画”と。 観客立場で違った時より映画に期待することになる要素が変わる、こういう名節に期待するほどの愉快な娯楽映画という話だ。
e0109292_1936244.jpg
e0109292_19365629.jpg


最高爆笑‘都市ガス’場面の秘密アマも秋夕(チュソク)劇場街で勝利の快感を享受する俳優は色々他の映画の主演らでなく<シューティング>きて<シラノ;恋愛操作団>で最高の甘草演技を披露したソング明け方かも知れない。 今も人口に広く知られる<シューティング>の名場面は(恐らく直接映画を見る前までは理解されて完ぺきではないだろうが)カスガ鳥は状況で電子レンジが爆発する直前の危機に置かれた家に押しかけて、彼が吐きだす“都市ガスですが、私が消しました”という場面だ。 この場面はクォン・ヒョクチェ監督が5分目に思い出させた即興大使であった。 ソル・キョングなど皆が倒れている状態で密室ガラス窓を破って入ってきたオ・ダルスはあたふたしてソン・セビョクが何かをしなければならない状況、クォン・ヒョクチェは彼に近付いて低く差し迫っていた声でその台詞を言ってくれと注文した。 カットも分け合わない状況で現場全部‘パン’さく烈したのですでに笑いを予感した場面だ。 そしてソル・キョングの娘に向かって“坊やが、坊やが”と呼ぶ場面を含んでオ・ダルスにずっと虐待にあいながらも表情一つ変わらないで自分息切れしないソン・セビョクの粘り強い生命力に両手頭髪みな入ることになる。 監督の話によれば当初オ・ダルスとソン・セビョクコンビは<熱い野郎ら>の、サイモン ペグ、ニック・フロストで由来したと。

文:ジュ・ソンチョル  2010.09.21
by kazem2 | 2010-09-22 19:37 | Comments(0)