ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[オ・ダルス、ソン・セビョク]コミカルなデュオの誕生

☆CINE21.com
e0109292_12171460.jpg

<シューティング>の、オ・ダルスとソン・セビョク



本来オ・ダルスは<気まま前>の、ビョン・ハクト役をするところだった。 “ビョン・ハクトをあきらめてメノウ人をしたのが大いなる幸甚でしょう。 しなかったらどのようにソン・セビョクの演技を見ることができるでしょうか。”オ・ダルスはその時を思い出させて本当に上手にしたと話す。 “先輩は何をしなければならないかならば後輩が踏んで上がるように自身の頼ってくれなければなりません。 (笑い)セビョクが年齢にそのように演技できるということは目覚めている姿勢の結果と考えますね。 頭が悪ければ出来ません。” <気まま前>のコミック ヒーローであった寡黙な大邱(テグ)男オ・ダルスと無愛想な全羅道(チョルラド)男ソン・背ビョクはリズミカルななまりで話を混ぜて今回は<シューティング>に呼吸をする穴を出した。

<シューティング>のトゥーカップス、オ・ダルスとソン・セビョクに会うことは容易ではなかった。 二を一ヶ所で会おうと努めてみたがしばらく忙しいこの2人の俳優のスケジュールがまったく合わなかった。 結局ソン・セビョクを先に、その翌日にオ・ダルスに会うことになったが、相手の席を外しておいて写真撮影を進行してカメラマンが笑い出した。 前日ソン・セビョクが作った表情を、その身振りをオ・ダルスやはり似ているように作るとみられたためだ。 写真取りをものすごくぎこちない二人だが、その場に相手がどんな方法で立っているのかをあたかも自分の影のように読みだすようだった(さらに正確には二つとも写真取りを恥じるからだが). ソン・セビョクを日明け方だと呼ぶほど二人が毎日のように撮影終わった後傾けた酒杯がお互いに対する厚い愛情を確かめるのに一役買ったことはもちろんだ。 “(撮影を終えて)1,2杯するのは良い風土と考えます”という、オ・ダルスの真剣な撮影後酒の席礼賛論を聞いていようとするなら、人見知りしてしまうこと敵はこの二人の男がこのように近づくまで酒杯を傾けて送った時間を計ることができる。

<気まま前>であまりにも抜群のユーモア感覚をリリースした二だが共につくシーンは<シューティング>では可能になった。 “オ・ダルス先輩と仲良し刑事役だというのに本当に正月렜チョ. <気まま前>時とてもわだかまりができたんだろう。 付いて回るシニいないが今回の現場でシュート入ったがとても良かったんですよ。”ソル・キョングの勧誘にシナリオも見なくて<シューティング>出演を決めたというオ・ダルスは“都市ガスですが、私が消しました”というセリフで現場も試写会場も笑い海で作ったソン・セビョクに対して“本当に高級なコメディをする友人”として賞賛を惜しまなかった(この場面は***側<シューティング>レビューボックス記事参照). “普段には子がとても若い女性のようで、これをどこに売り飛ばすようだが演技する時は判断が良いです。”こういうオ・ダルスに対するソング明け方の考えは単純で固まる。 “それこそ尊敬する先輩です、尊敬する。 演技から作品に対する態度まで習うことが本当に多いです。 しばしば見たくて。 それで電話もしばしば差し上げて。”

コミカルなイメージに固まることに対する演技者としての悩みを二人が分けそうであるように見えて尋ねた話にオ・ダルスの答は断固としていた。 “セビョクがここにあるならば話してあげたいのが、全く心配しないというんです。 新しいビョク種が今違ったことすればマイナスです。 人を楽しくできるというのがどれくらい大きい祝福なのに。 それをイメージのためにあきらめますか。 私の立場も同じことでしょう。 監督や製作者や思い切り一度私を選んで食べてみろ。 最後まで一度行ってみろ。” <シューティング>がリリースした幻想のカップル. オ・ダルスは心でするメソッド演技を最後まで押し通す会心の映画を準備中で、ソン・セビョクはまもなくクランクインする<危険な挨拶>で慶尚道(キョンサンド)女と愛に陥った全羅道(チョルラド)男役に初めての主演に挑戦する。


文:イ・ダヘ 写真:チェ・ソンヨル| 2010.09.21
by kazem2 | 2010-09-21 12:16 | Comments(0)