ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ドラマ「タルジャの春」カン・テボンの正体!

e0109292_12162139.jpg


「誰かを愛しても責任感などは感じない。」
やはりそうでしたね
だから初めてタルジャを抱いた後も「サラゲョ」を言えなかった
しかし「絶対味音痴」だとは知りませんでした^^
これは「タルジャの春」の主人公カン・テボンの人物像です
この部分はコピーができなくて翻訳機をかけることができませんでしたが
あるところでこれを見つけました
あなたのカン・テボンの印象は変わりましたか?



カンテボン( 27才、男)恋人代行業者フリーランサーで活動中。 <イミンギ>

"私は深刻で複雑なことは苦手だ。
どんな仕事も五分以上悩んだり怒ったり心配したことがない。
人間関係もそう。クールで、シンプルなのが良いと思っている。
良ければ会って嫌いならば会わないで、 that 's it !
他の人々は私を見て人に気を使わないで人生簡単に生きる奴だと思われている。
他の人々の考えにあわせて日々生きることほどつまらないじゃないか。
くだらなくても私自身のポリシーは持っている奴であるから。それではなったことではないか?"一口で二話さなくて、ある頭で二考えない。
一度決めれば決めた通り行く性格。
どんな状況でも句句節節自身の考えを長く説明しない。
表から見るには人生あらましいいかげんに間に合わせて生きる文無しののらくらのようだが自ら人生の所信がある製法なかなかの奴。
しかし、結構なかなかの奴だというのを分かるまで人々は時間がかかる。
あまりにもに他人の表情同じ物安保は性格に良い、嫌いで立ち次第話してためらいなくヘンドンハダボニナムドゥルロブトは礼儀をわきまえない奴、バカのような奴と見られるのは当然の事。
だが、彼の礼儀をわきまえなくて大胆な言動はいつも思わず分かる理由がある。
他の人々が認められようが話しかけた関係なしで「私の道を行こうとする」スタイル。
もちろん、それですばらしいだけしたのではない。短所も多い。
とてもクールだと見ると面倒なことシロハゴジェ三者の仕事に干渉することや干渉受けるのもシロハヌンデダジャギと関係ないことには恐ろしい程無関心な性格。
誰を簡単に同情することもせず誰か寝るのを同情するのもこらえれないでする。
とても時々ではあるが一度頭にくればちょうど出て行く奴のようにふるまう時もある。
そうする時は本当に対策が立たない。私の草に折れる時までそのまま置いておくのが薬だ。
誰かと愛しても責任感などは感じない。
互いに愛して会って楽しんで別れるのに責任が何が必要だ。
时々別れるところに泣いて塩辛くて責任を負って!すること自体が滑稽だ。
人の心をいったい何で責任を負うことができるということ紙理解できない彼。
それで彼に愛は真に軽い。
存在の負担感を感じる瞬間彼はこれ以上女に会うことはできない。
何...必ずそれで恋人代行業をするのではない。
彼がこの仕事をするのは純粋にお金と時間が必要だからだ。
彼には成し遂げたい小さい夢がある。すぐに弁当店を出すこと。
だが、その仕事をするので(に)彼には致命的な弱点がある。
音程を全く合わせられないオンチがイットゥシグは味覚が全く発達しなかった'绝対味痴'であったこと。
そのような彼が弁当店を出したいのには彼だけの隠された理由がある。
事実彼は二十歳幼い年齢で試験にパスした後二十二才幼い年齢に韓国で最も入るのが難しいという有名なローファームに就職した前途有望な天才弁護士青年だった。
彼は会社に入社するやいなや途方もない勢いで実績を積み上げ始めた。
その時だけでも彼は向こう見ずで、人よりは成功がさらにおもしろいそのような私であった。
そのように数年を最高の株価を飛ばして成功街道を走っている頃テボンはある老夫婦に会うことになる。
彼の攻撃的企業入手合併のために一生作ってきた会社の門を閉めることになったある中小企業社長ご夫妻だった。
その方らは自身の会社をどうにか生かしてみようとテボンをチャジャワッチマンテボンはあまりにも平気でそうすることができませんで一言の下拒絶をする。
その時およそ十秒ぐらいテボンを見つめたその老夫婦は意外にも朝は食べて通うかと尋ねた。そして持ってきた暖かい弁当一つを差し出す。テボンを見る時ごとに常に食事を抜くようで残念でしたで暮らそうということなのに食事は欠かさずに必ず支度して食べろと..
そしてその老夫婦は突然に離れたし、そしてテボンは生まれて初めて(その時までどんな山海珍味を食べてもおいしいと感じたことがなかった彼が初めて)本当においしくその弁当を食べてしまう。世の中でそれ(彼)よりおいしいご飯は食べてみたことがなかった。
突然気分が良くなったし幸せだった。
そしてその翌日警察から連絡がくる。
その老夫婦が自宅で音読で心中したまま発見されましたで。
それから一週間後彼は辞表を出す。
とても簡単に弁護士になったように彼の辞表もとてもやさしかった。
いったい何事かと尋ねる人々に彼の返事もまた、とてもやさしかった。
"突然したくなくなりますので。前に弁当店やしながら暮らしてみようとします。 "二十六最年少パートナーというタイトルを握る一日前のことだった。
その後突然に家から、そしてローファーム世界から痕跡をなくした後今は何の関係もない通り 、何の関係もない場所で恋人代行業者という感落ちることをしているところだ。
彼がこのことを選んだ理由やはりあまりにも単純だった。
ひとまずお金が簡単に広げる。そして時間がたくさん残る。
彼は恋人代行アップ外の残る時間らは手おいしいという飯屋で雑事と配達日をしながらその食堂主人の悪口屋おばさん(チョンジョンエ女史)に時々おいしいおかず作る方法を習うために修練中だったこと。
(もちろん彼がそのような修練中という事実は誰も分からない)そのように一年が過ぎたし、店を出すための資金もある程度モアジミョンソグは最後に大きく一件だけして引退することに決心する。
その最後の相手がすぐにオ・タルジャだったこと!
彼女を初めて見た時はなぜにせ物恋人が必要なのかよく理解が出来なかった。
三十三の年齢には幼く見えるオルグレジクチャン、お金、能力全部みな整えたような女だがなぜ男がないだろうか?
そして正確に一時間後、その理由を知ることになる。
この女になぜにせ物恋人が必要なのかを。
彼女は思春期の時から頭の中にだけ育てた愛に対する幻想だけあるだけ現実的な愛に対して基本も分からないそれこそ恋愛欠乏症患者であったこと。
その上このおばさん、この前つきあってけられた男に復讐まで夢見ている。
面倒なことぴったり苦手のカンテボン、終盤に有終の美をコドゥォボリョダガジェデで頭痛いおばさんに誤って引き込まれたかと思うんだって。
ことごとに優秀なようにに、正しい声に、おばあさんのように小言とおせっかい(口出し)するのも頭痛くて死にそうだが、あれこれささいな私の習慣まで直そうと入る。回ってしまう。
これさっと契約を破ってしまう?するけれど..瞬間彼女の涙を見ることになる。
お金を与えて若い奴まで雇用してけられた男に見ろといったようにポクスヘジュリョダガオヒリョ自ら傷を負ってしまったのだ。
細長くてまっすぐなオールドミスアジュムマンジュルマン分かったがなぜか分別がなくて情けなくて..
そしてどこかかわいそうに見えることさえする。
自分が何を損をするのか計算もできなくて、下手で、粗末なうえに、他人の要請拒絶もできないバカにホットクトクが女だ。
なぜか誰かの代わりに立ち向かわなければあの女千年万年あのようにあえなく当てられてだけ生きるようだ。それと共にどうにもならなく、面倒なんだけど。 。しながらも代わりに立ち向かって、苛立つ..しながらも代行されて、頭にくる..しながらも代わりにののしって、代わりに戦ってくれ始めることになる彼..
それと共にある瞬間その優しいおばさんが女と見え始める。
それでも業界では結構プロの声聞いたカンテボンが、よりによってその業界を離れようとするその最後の瞬間に、それもまともに恋愛一度できなくなってみた三十三オールドミスおばさんオ・タルジャにコルリョジンシムで愛そのピスクムレハンことを感じてしまったのだ。
離居離居どうするか?この優しいおばさんに傷つけることは嫌いで..
それでも責任を負わなければならないサランガトゥンゴンぴったり苦手で..
どんな問題を置いて悩むのに決して五分を越えなかったクガチョウムでオ・タルジャに対する感情でくよくよし始めるけれど...
彼は果たしてオ・タルジャとの愛を始めることができるだろうか?
始めるとしても果たして...その愛を最後まで責任を負うことができるだろうか?
(また、絶対味癡を克服して弁当店を出すことができるだろうか? ? )
by kazem2 | 2010-09-20 12:16