ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ワールド インディペンデント最強戦

☆CINE21
IFTA,最近30年間注目するほどインディヨンファ30編発表
e0109292_18594389.jpg

<ブルーベルベット>




最近30年の間全世界的に最も重要な影響力をパルィヘオンインディ映画は何だろうか。 もちろんこれはむなしい質問だが、世界各国独立映画配給と製作を代弁する‘インディ映画およびTV連合’(以下IFTA)が選定した作品ならば一回ぐらい注視するだけのことはないだろうか。 IFTAが創立30周年をむかえて去る30年間製作された独立映画中最も注目するほどの作品30編の目録を発表した。 今回の質問にはトゥロマ代表のロイド カウプモンIFTA会長をはじめとして‘B急映画の帝王’ロジャーコモン、サミット エンターテイメントのブラッドキャンベルをはじめとする27人の独立映画委員会メンバーらが審査委員で参加した。 これらが明らかにした‘インディ映画 ベスト30’審査基準は次のようだ。 “新しい映画的スタイルを創り出したのか、受賞経歴がどれくらいなるのか、評壇の好評を受けたのか、注目するほどのプロデューサーあるいは監督・俳優の作品だったか、ここで言及されなかった特出出た才能を含んだ映画なのか。”

9月9日現在、IFTAのインターネット ホームページに接続すれば1980年代から2010年まで10年間隔に選ばれた三束のベスト インディ映画目録を鑑賞することができる。 選定作らはオスカー受賞作から当代の論争作まで多様なスペクトラムを自慢する。 先に1981年作から1990年作までの作品中では<アマデウス><ガンジー>等偉人の電気を光を当てた映画らが強気を見せた。 デービッド リンチの<ブルーベルベット>、スチーブン・ソダーバーグの<セックスと嘘とそしてビデオ テープ>のように安全に見える選択もある反面<ターミネーター>チョロムインディヨンファ範疇に入れることが合うのかしきりにかしげてある作品もある。 1991年から2000年までの選定作10編中にはタランティーノ作品が二編も含まれている。 <パルプ フィクション>と<貯水池の犬ら>だ。 <ブレイブハート><ワホジャンニョン><人生は美しくて><羊たちの沈黙> <ユジュエル ソスペクトゥ>などが残り席を満たした。 それなら最も近い過去の2001年から2010年の今年までの作品10編はどうだろうか。 何よりも関心事が多様に分かれることが傾向ならば傾向だ。 同性愛問題を触った<プロクベク マウンテン>と出産問題を扱った<ジュノ>、人種問題を扱った<クラッシュ>などがリストに名前を上げたし<ミリオンダラーベビー><ピアニスト><スルロムドクミリオネア><バスターズ:経た野郎ら>などが共に選ばれた。 IFTAとパートナーシップを結んだ米国シネマテークは9月29日からハリウッドの異執シャーは劇場で上の30編の映画を上映する予定という。

文:チャンヨンヨプ 2010.09.14
by kazem2 | 2010-09-14 19:21 | Comments(0)