ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

第15回釜山国際映画祭主要プログラム発表

☆news.nate.com
キム・ジウン監督の「悪魔は見た」はノーカットで深夜上映のプログラムに含まれています
e0109292_22583466.jpg


<追記>
映画祭の開始を知らせる開幕作は香港巨匠監督チャン・エモの映画‘サンザシの下’が選ばれた。 閉幕作は俳優カン・ドンウォン、ソン・ヘギョなどが主演して韓国のチョン・ジュナン・日本の行定イサオ・タイの ササナティエン監督が釜山(プサン)を素材にしたオムニバス映画‘カメリア’が上映される。





[スポーツトゥデイ= コ・ギョンソク記者]
イム・スンレ、キム・テヨン監督などの新作が来月7日開幕する15回釜山(プサン)国際映画祭で初めて顔見せする。

釜山(プサン)国際映画祭組織委員会は7日午後ソウル、中区(チュング)大韓商工会議所で記者会見を行って主要プログラムと副代理店などを紹介した。

この日公開された上映作プログラム中で眼に触れるのは釜山(プサン)国際映画祭を通じて最初に公開される韓国映画新作らだ。

イム・スンレ監督の'牛とともに旅行する方法'とキム・テヨン監督の'行く秋',裏書軍監督の'味噌'は分けてプレゼンテーション部門を通じて初公開されて、ニューコロンツ部門ではキム・スヒョン監督の'恥ずかしくて',ユン・ソンヒョン監督の'番人',パク・ジョンボム監督の'霧散日記'が初めて観客と会う。

コン・ヒョジンが主役を演じて話題を集めた'牛とともに旅行する方法'は7年前自身を捨てて友人と結婚した過去の恋人から友人の葬式にきてくれという電話を受けて牛と旅行に出発する男の話を描く。

ヒョン・ビンとタンウェイが主役を演じた'行く秋'は1966年シン・ソンイル、ムン・ジョンスクが主役を演じてイ・マニ監督が演出した同名原作をリメークしたことで模範囚で特別休暇を出た女が逃走中である一人の男に会って愛することになる話を扱う。

'味噌'と'恥ずかしくて'にはスター俳優らの出演で視線を引き付ける。 '味噌'にはリュ・スンニョン、イ・ドンウク、イ・ヨウォンなどが出演したし、'恥ずかしくて'にはキム・ヒョジン、キム花費ソ・ヒョンジンなどが顔を出す。

また、パノラマ部門ではユ・サンホン監督の'アコースティック',ノ・ホンジン監督の'犬のような人生',ヤン・ヨンチョル監督の'受賞した隣人たち',キム・ジョングァン監督の'もう少し近く',パク・スヨン監督の'元に戻すことはできない',イ・サンウ監督の'お父さんは晴れる',チョン・キュファン監督の'ダンスタウン',も監督の'平凡な日々',ユン・ソンホ監督の'できる者がク・ハラ',チョ・ソンギュ監督の'おいしい人生'が上映される。

この中で'アコースティック'と'もう少し近く'という音楽を素材にした映画という点で目を引く。 'アコースティック'はシン・セギョン、グループ シーエンブルーと2AMのメンバーらが出演したオムニバス映画で話題を集めたことがあって'もう少し近く'には歌手窈窕をはじめとしてユン・フィソク、ユン・ゲサン、チョン・ユミなどが出演して音楽と愛に対して話す。

一方深夜上映プログラムのミドゥナイッ ファッション部門ではキム・ジウン監督の'悪魔を見た'が無削除版で上映されて関心を集める。

スポーツトゥデイ コ・ギョンソク記者kave@<(c)アジア経済&おもしろいニュース、楽しい一日"スポーツトゥデイ(stoo.com)">

アジア経済原文記事転送2010-09-07 18:30
by kazem2 | 2010-09-07 22:22 | Movie | Comments(0)