ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

異聞院の文化批評 「コブラ」がハリウッド映画に!

☆issue.media.daum.net
e0109292_2284112.jpg




連載異聞院の文化批評

SF映画、死んで目覚めても韓国は日本に追いつけないか

【ソウル=ニューシス】
異聞院の文化批評
1978年から1984年まで主幹少年ジャンプに連載されて大ヒットを記録した寺沢武一の漫画『スペースコブラ』がハリウッド映画に新たに出る予定だ。

'ヒルスアイズ' 、 '米ロシア、そして『ピラニア3D 』などで韓国に良く知られたアレクサンダー痛い監督が寺沢から映画化権利を取得、直接脚本を執筆中であることが分かった。痛い監督は"私は『コブラ』を夢見て育った"としながら、"大部分は幼年期に『スターウォーズ』の他にはなかったが、出てきて(共同脚本を受け持っている)グレゴリー(レバーで)には「スターウォーズ」と『コブラ』二人あった"と告白した。

一方'アバター'でもう一度歴代興行リストに名を残したジェームズ、キャメロン監督はカミング純ドットネットとのインタビューで長い間準備中だった岸でユキトの漫画『チョンモン』映画化の『バトルエンジェル』プロジェクトを言及した。キャメロン監督は" ( 『バトルエンジェル』脚本を) 『アバター』より先に書いたし、私が愛する話でもある"として、"まだ私のレーダー中にあるプロジェクト"であることを知らせた。インターネット無比データベース( www.imdb.com )は『バトルエンジェル』の製作が『アバター』続編より先になされると見通している。キャメロン監督は去る1991年『ターミネーター2 』記者会見当時映画最初の核爆発場面に対して日本アニメーション『アキラ』を参考にしたことを知らせるなど日本アニメーションと漫画に対する粘り強い関心を表わしてきた。

ジェームズ、キャメロン監督が影響受けたというオオトモカツヒロの『アキラ』やはりハリウッドで製作進行中にある。 'インセプション'で興行突風を起こしているリオナもティケプリオが製作を引き受けた。製作初期何と3億ドルに達すると展望された製作費せいで一時的に進行が中断されたが、 '起ころうとし''プロムヘル』などを演出したフューズ兄弟が演出意思を見せながらまた製作が活気を帯びている。 『アイアンマン』 1编を執筆したマークポゴスとロックオストゥビが脚本を引き受けたし、 2編の映画に分かれて製作されることができるという噂だ。

この他にも日本アニメーションや漫画に土台を置いたハリウッドプロジェクトらは多い。初期土匪マクワイアが主役を演じることと報道された『超時空要塞マクロス』実態調査版も相変らず進行中にあって、 『失業者王コライオン』もハリウッドの興味を引いている。 「新世紀エヴァンゲリオン」に対するハリウッドのラブコールも相変わらずだ。

このような現状の原因は大きく三種類だ。先に、ロボット素材SF映画に対する要求が激しいためだ。すでに『トランスフォーマー』の1编が全世界で7億970万9780ドル、 2编が8億3629万7228ドルを稼ぐメガヒットを記録したのにハリウッドは変にその便乗作を作り出せずにいる。まだロボット映画に対する確信がないのもあるが、ロボットデザインなどノウハウとアイディアの側面でまだ準備にならなくなっているためだ。結局ロボットアニメーションの原産地の日本に根幹を置くほかはないという結論に至ったわけだ。顧みれば『トランスフォーマー』から日本が原産地だったとの点も大きく作用をしている。

他の原因は近来に入って起き始めた『暗いSF漫画原作映画『ブームだ。 'ワッチメン'などフランクミラー原作漫画の映画化から開始、原作漫画の暗い色彩を生き返らせた『ダークナイト』の大々的成功以後このようなブームが速度を高めている。 PG - 13市場内での漫画原作映画化人気を土台に、 『スーパーヒーロー、米国をいう』の著者マークウェイドゥが分析文『スーパーマンに関する真実:そして私たち皆に関する真実』で明らかにしたように" X世代は現在の自分たちが生きる世の中が以前よりはるかに危険で、はるかに不公正で、はるかにめちゃくちゃでからまると感じる"という前提が敷かれているためだ。

しかしすでに米国内である程度認知度を持った『暗いSF漫画』はほとんど品切れになった状況。结局成人用SF漫画の宗主国と呼ばれる日本で注目が行くほかはなかったとのことだ。あまりにもコンテンツも多くて、同じように認知度が落ちる状況ならばアイディアとデザインの側面でさらに優れた日本漫画が口に合う側面がある。

最後に、新鮮さとなじむということをそれぞれの市場で同時に追求することができるという長所がある。先に米国内ではいくら日本漫画が深々と浸透していたとしても相変らずマヌァ市長全体をおいてみた時はメインストリームだと見るのは難しい。一般人は最初から分からない。したがって新鮮さを維持させることができる。 'インセプション'のように奇想天外なオリジナルアイディアで包装されて単純なメディア移動でない一種の大衆文化イベントで近寄ることができる。

反面米国を抜け出してアジアとヨーロッパなどの地で行けば日本漫画はマヌァ市長の中心軸に該当する。あえて漫画ファンではなくても『機動戦士ガンダム』 、 『新世紀エヴァンゲリオン』などは若い層大部分が分かるほどだ。このようなペンベイスを土台に海外市場で有利な位置づけを獲得できることになる。

一方日本本国でも跡SF漫画の映画化開くが今まさに火がつき始めた。理由は上のハリウッドの場合とほとんど同じだ。日本でも漫画原作のペンベイスは強大で、日本市場でやはり多少暗いSF映画ブームが起きているためだ。 2週間前には強大なジブリアニメーション『床の下アリエティ'を抜いて'インセプション'が主幹興行1位を占めることもした。グローバル化された世界で、いわゆる' X世代的特性』は東洋と西洋を問わず似ているようにあらわれることだ。

また、韓国の『シュリ』が日本で興行突風を起こした以後日本映画産業はこれに鼓舞されて数年前から『日本型ブロックバスター'製作に力を傾けてきた。 『日本沉没' 、 '优美袋' 、 '阴阳社' 、 '男たちの大和』など以前までは想像でなかった超大型ブロックバスターらを製作して興行で爆発的反応を勝ち取った。これを通じて力量が積もって今は複雑な技術と規模が要求される跡SF漫画の映画化も一定水準以上のクォリティーで抜き取ることができるようになった。

2006年「デスノート」前後便のものすごい成功が初めての打者(タイプ)になったし、続いて「20世纪少年」 3部作も選んだ興行を見せた。 'ヤッターマン'実態調査版は監督を引き受けたミイケタカシの史上最高ヒット作になった。そして今年12月1日松本零時の伝説的なSF漫画/アニメーション『宇宙戦舰大和'実態調査版が木村タクヤ主演に公開される予定だ。 1989年コンヘッド'から始めて『キャッシャーは' 、 'デービーをマン』などを『混ぜて食べた'誤りを今や洗うことができるようになった。

韓国を見て回ろう。韓国のマヌァ市長は十数年目着実に下降曲線を描いていてペンベイスロソ作用する難しい実情だが、韓国やはり『暗いSF映画』自体には一定部分以上の愛情を持っている。 'インセプション'は25日まで541万6877人を集めて今年封切映画興行1位を占めており、同じ監督の前作『ダークナイト』も407万人余りを動員したことがある。 'ターミネーター4 :未来戦争の開始'やはり452万7614人を集めて韓国を日本、英国に続き世界で3番目に多くの収益を儲けてあげた市場で作った。

しかし韓国では直接『暗いSF映画'を作りはしない。いや、最初からSF映画自体をほとんど作らない。いくら技術的でも規模面でハリウッド水準接近が可能でも、跡映画に対しては徹底的に'现実反映'を要求する市場の雰囲気が形成されているためだ。结局'現実を忘れる映画'は海外だけで探す形だ。そうしたら『ナチュラルシティ』 、 『マッチ売り少女の再臨』など幾つにもならない大胆なSFプロジェクトらが超大型惨敗を体験する結果をむかえたし、以后SFは『韓国映画市場で再び試みてはいけないジャンル』と指折り数えられることになった。確実にSFジャンルに入れるのが難しい怪獣映画2编、 『怪物』と『ティウォ'だけが成功を収めただけだ。

しかし韓国も今ぐらいならば考えを変えてみる必要がある。既存市場法則を無視しろというのではない。大衆好みが流れる方向程度は明確につく必要があるということだ。韓国大衆は確かに変化している。派手な見どころ程度と感じたハリウッドSFブロックバスターだけおいてみても好み変化が明確にあらわれている。 'インセプション'興行が代表的な例だ。全般的にSFジャンルに対して'見どころ'だけを追求した時点が過ぎ去っている。省察的SF [さらに文』は劇場興行では失敗しても不法ダウンロード市場では爆発的な人気を享受したし、 『スープをライス』なども同じだ。一方SFとして必ず現実反映が落ちるだろうという法はない。同じように不法ダウンロード市場で歓迎されたスペインSF映画『タイムクライム'などは現実内で広がる時間旅行素材で興味深いプロット構造を作り出した。

どうなろうが韓国映画市場がSF 、 SF漫画原作を軽視する間、韓国の代表的なSF /ホラー漫画の中の一つのヒョンミン友情『プリースト』は結局韓国が映画化できなくてハリウッドが持っていってしまった。今年の初め『リージョン』を成功させたスコット、チャールズスチュワート監督とポールペトニがまた会ってクランクイン、来年5月13日米国で公開される予定だ。

日本は現在の自分SF漫画コンテンツをハリウッドに売って世界の関心と雰囲気を高めさせた後、直接製作した跡SF漫画およびその映画化に対する関心に誘導しようとする戦略を広げている。反面韓国は『プリースト』が米国および世界市場で成功を収めるとしてもこれに好奇心を感じた世界が実際に韓国産SF映画、 SF漫画原作などを見て回ろうとする時内密コンテンツがない。最も近い映画が2012年に開封されるフランスSF漫画原作、ポン・ジュノ監督の『雪国列車」だ。しかしこのヨーロッパ漫画の映画化は成功を収めても'韩国SF映画』自体に対する関心に導かれるのが難しくて、かえって場マルクロシェットの原作に対する関心に駆け上がりやすい。

結局また再び猫首に果たして誰が鈴を付けるのかの話だ。最後の検証事例がすでに7,8年前の放置市場、しかし『もしかしたらさく烈することもできる'市场、迹SF映画の市場、迹SF漫画の映画化を通したメディアミックス市場に果たして誰が先に鈴を付けるだろうか。迷う間'机械戦死109 ' 、 'タイムシコス' 、 'ノーマルシティ' 、 '闭锁者'等韓国の傑作SF漫画らは徐々に同時代性を失われている。

大衆文化批評家fletch@empas.com
by kazem2 | 2010-09-04 22:06 | Movie