ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

9月の劇場 映画祭招待された作品たちが大挙布陣

e0109292_1151453.jpg

ⓒ左上から時計回りに、映画「悪魔を見た」「オッキの映画」「ムジョクジャ」「ブレイクアウト」「啓発映画」「ギムボクナム殺人事件の顛末」のポスター





[マネートゥデイスターニュース=イム・チャンス記者]

今年9月のスクリーンに様々な映画祭に招待された作品たちが大挙布陣して人目を引く。

「悪魔を見た'」、 「ギムボクナム殺人事件の顛末'」、 「ムジョクジャ'」、 「オッキの映画」、「啓発映画」、 「ブレイクアウト」が9月の間、観客を追求する。近所の劇場で出会う映画祭招請作たち。 9月の劇場がチャリョノトウン映画祭のラインナップを見てみましょう。

キム・ジウン監督の『悪魔を見た』は、第35回トロント国際映画祭スペシャルプレゼンテーション部門に招待された。サイコパス連鎖殺人魔ライトレール(チェ・ミンシク分)と彼を追う自らも怪物になってしまうスヒョン(イ・ビョンホン)の残酷な物語は、頭に血が集まる気持ちをプレゼントする。

『悪魔を見た』は、遺体の一部をバスケットに投げるシーン、人肉を食べて犬に与える場面、切断された身体を冷蔵庫に入れている場面などが問題になって映像物等級委員会からの限定上映が評価を受けており、最終的に1分30秒ほどの量を削除した後、認可を経て、8月12日青少年観覧不可に開封することができる。

映画のシーンが削除されたから最初の目的の映画とは異なるしかないのである。キム・ジウン監督は、8月11日の映画試写会の後に続く記者懇談会で、"編集を見ると肉質の味はそっくりそのまま残っていますが、わさびのピリッと味が減ったようだ"と言うこともした。単語単位でギムジウンピョ『悪魔を見た』を表示するには、本物のトロント国際映画祭を探してみるべき肉の肉質だけで十分な観客は、劇場に向かってくだされば良い。

今月16日に封切られる『オッキの映画『また』悪魔を見た』と一緒に並んで第35回トロント国際映画祭に招待された。第63回カンヌ国際映画祭で『ハハハ』に注目に値する視線賞を受賞したホンサンス監督の最新作で、今月1日に開幕した第67回ベネチア国際映画祭オリジョンチ閉幕作にも選ばれた。

'オッキの映画'は'注文を覚えるの日' 、 'キス王' 、 '大雪後に' 、 'オッキの映画の4本の物語で構成されている。各ピョンドゥルウルを通してオッキ(チョン・ユミ分)とオッキは付き合っていた若い男(イ・ソンギュン分)と老化する人(ムン・ソングン分)の話を盛った。

『男たちの挽歌』のリメーク作'ムジョクジャ'は、第67回ベネチア国際映画祭特別功労賞受賞者のジョンウー監督の回顧展の作品として招待された。 『パイラン』『私たちの幸せな時間』の宋海星監督がメガホンをとったおり、チュ・ジンモ、ソン・スンホン、キム・ガンウ、チョ・ハンソンなど美男スターたちの出演で関心を集めた。来る16日封切りする。

今月2日に公開された『ギムボクナム殺人事件の顛末』は、村の人々に苦しんでいたギムボクナムが娘の死をきっかけに、血の復讐を敢行するという話。第63回カンヌ映画祭批評家週間でチョデドェ現地で爆発的な関心を集め有力ファングムカメラサン候補として浮上した。

にもかかわらず、カンエソウイ受賞には失敗したが、第14回富川国際ファンタスティック映画祭で作品賞、主演女優賞(ソヨウンフイ) 、富士フィルムのデータや賞を獲得、第4回シネマデジタルソウル映画祭で、バタフライの賞を受賞する栄誉を享受した。

バク・ドンフン監督の「啓発映画」は、第32回モスクワ国際映画祭の国際競争部門に招請された。父の臨終を守るために集まった家族たちの過去を通って、現在の矛盾がどこから開始されたかドゥェジプヌンダ。来る16日封切り。

『ブレイクアウト』は、 2009年の第14回釜山国際映画祭で観客たちが選んだ観客評論賞を獲得し、過去2日、1年ぶりに公開された。タルヨウンハン2つの兵士とそのような彼らを助けることしかない一人の女性の脱出劇を込めた。イソンフイイル監督がメガホンをとったおりソユジン、ジンイハン、イヨンフンが出演した。

スターニュース 原稿 記事配信 2010年9月4日午前8時54分
日本経済新聞が作るリアルタイム芸能ニュース
by kazem2 | 2010-09-04 11:19 | Movie | Comments(0)