ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

書籍の紹介<ソ・ジソプの道>

☆CINE21.com
e0109292_98347.jpg




+書籍の紹介+
タイトル: <ソ・ジソプの道> (詳しくはこちら)
ァ捩:ソジソプ
出版日付: 2010年8月31日
版型: 196 * 201
第1本:ブティック
ページ数: 336
価格: 19,800円


空、海、鳥、名前も知らない花のプール... ...
そして言葉では表せない人のソ・ジソプが聞かせてくれる胸の心温まる物語たち

"私は小説家も、写真家でもありません。小さなうずきにこの旅行を始め、その旅で得たささやかな物語が作品の中のキャラクターになって示されているソ・ジソプとは違う自分の姿を示すことができる機会になろうと思っていました。僕にはプレゼントが多い大切な時間たち、誰も意識せずに快適で満足して話を交わすことができたの特別な方々との出会い、そして悲しいけれどとても美しい空間の中で出会った、空や風、名前も知らない草花... ... 。これらすべてのことが、私が下手に溶き記事、写真と一緒に疲れて疲れた人の心に温かく届くように願って。 "

ファンにはいつも"愛しています、幸せです。 "と言うが、笑いよりも涙が多くの人々 。
自分自身を表現するよりも、他人の話を聞いてくれるのがより身近な人。
好きなことは言葉よりも照れ笑いですべてを代わりにする人。

これで、彼の最初の話を聞く... ... !

+内容の紹介+

特別な空間の中、美しい写真、そしてその間に会うことができなかった本物のソ・ジソプの物語!
俳優ソ・ジソブが彼の内面を盛り込んだ最初の本を出版した。 『ソ・ジソブの道』は、俳優ソ・ジソブが2010年の夏、江原道の一帯を旅した記録を収めた写真の3つのことである。

自分が歩んできた道とこれから歩むべき道についての悩みや、新しい出会いに胸のときめきを同時に抱いて去るこの旅路では、ソ・ジソプは、画面の中の俳優ではなく、人間としての自分の姿を下手だが素朴な言語で描き出す。彼と向き合ったすべてのものの中で、真の喜びと悲しみ、幸福と感謝を学び、感じながら、これまで一度もしていなかった話を一字一字丹精込めて一冊の本にそっくりそのまま盛り出した。

2004年のドラマ<ごめん、愛してる>で'ミサ廃人の神デラックス』を作って出して最高のトップスターとなったソジソブは、太い投げのプロには消化して黙々と俳優の道を歩いてきた。日本などアジアでも高い人気を得ている韓流スターブームの先頭に立つこともあった。別名'ソ・ガンジ'でスタイルの良い俳優での神秘的な雰囲気の中で口数の少ないジンジュンハン『男』で女性ファンの大きな愛を受けているソ・ジソプ。彼の最初の本の出版ニュースのソ・ジソプのファンだけでなく、書店関係者、一般の読者にも大きな期待を示している。

虚飾にも、華やかな装いにも含まれていない文は、多分これまでは、一般的な芸能プログラムですら会うことができなかった彼の本当の内面をドゥルオダボルできるようにする。小説家も、写真家もないから、より率直にソネリョガン文と特別な空間の中でダムアオン彼の感性的な写真は、 'ゴダンハゴ疲れた人々に力になっています、『望む彼の心のように暖かく、優しく、読者のそばを訪ねて行く。

+作家の紹介+

記事、写真のソ・ジソブ
1977年11月4日に生まれ、 SBS TVドラマ<モデル>で俳優としてデビューした。以来、 <おいしいプロポーズ><今は恋愛中><バリでの出来事>などのドラマを経て、安定した演技活動をヘオダ2004年<ごめん、愛してる>のチャムヒョク役割を完璧に消化して出すことで不動の人気を確立する。

2008年の<映画は映画だ>作品の後、韓国最大の映画祭の前の青龍映画賞、釜山国際映画祭映評賞、百想映画大賞で新人男優賞を受賞するなど、様々な映画祭でその演技力が認められた。その後、日本でも様々な活動を繰り広げ、映画界に顔を発表し、 <カインとアベル><数ナンバーワン>など、国内のドラマで、安定した試みと挑戦を続けている。

国内の最も有望な俳優、ファッショニスタソガンジ、韓流スター、ソ・ジソプなど、数多くの別名がありますが、ただ「俳優ソ・ジソブ」に残してほしい。この本は彼のもう一つの挑戦である。 "学習の99 %の真実と1%のダミーとしての役割を対処するが、ここには99 %本当の私の姿を入れるために努力した"と言う彼は、この本によって、俳優ソ・ジソブを超えて人間のソ・ジソプのもう一つの姿を示している。

映画<ロミオとジュリエット>と『雨の日』を好むは、その。いつも照れ笑いで、すべての表現の代わりにしていた彼は、自分の率直な方法で読者の心を軽く叩く... ...

ゲスト
小説家イ・ウェス
時事漫画家バク・ジェドン
写真家イ・ウンジョン
ファッションデザイナーチェ・ミョンウク
歌手のタイガーJK
アーティストヅシクアンドチルチル
鳥の研究がジョン・ダミ

写真バクミンソク
被写体への憧れより、虚飾のない調和と配慮を重視する人。写真家よりは『旅行者』として記憶されると思う人。その道に一緒にした、これらの、覚えていると思うすべての瞬間をレンズの中のもう一つの世界に引き入れる率直、淡白なアーティスト。様々な作品や展示を通して、新たな試みと挑戦を続けている。


言葉では表せない人のソ・ジソプが聞かせてくれる胸の暖かい物語。
書籍<ソ・ジソプの道>への期待評価をリップルを使っておきます。

抽選で20名様に本をお送りいたします。


ソ・ジソプ君はドラマ「美しい彼女」ではセリフもないボクシングジムの一員として
ほんの数秒でていました
次にはドラマ「遠い道」では主人公の元彼役でセリフもありました
カメラのCMがとても印象深くていいんです
その延長線上にあるような雰囲気の本のようですね
by kazem2 | 2010-09-04 09:15