ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<キムポンナム殺人事件の転末>のソ・ヨンヒ

[ソ・ヨンヒ]殺す演技は正しい生活から出ます
☆CINE21.com
e0109292_12301992.jpg






確実に規定するほどの修飾語が浮び上がらなかった。俳優ソ/ヨンヒ。特定のイメージが構築されるのを警戒する程多様な役割を消化したのではない。かえって今まで出演した10編の映画でソヨンヒが演技した役割は大きく二つの部類で限定されている。悲劇の頂点で命を終えたり( <女官> ( 2007 )の月齢、 <追撃者> ( 2008 )の微弱) 、コメディジャンルで典型的なキャラクター演技( <麻婆岛(マパド) > ( 2005 )の場終わり順、 <无道理> ( 2006 )のヤンミギョン、 <清淡菩萨> ( 2009 )の知恵)を善報離居年齢だ。时々 <私の生涯最も美しい一週間> ( 2005 )のように"穏やかな雰囲気"を伝達したりもしたがソヨンヒはいつも、"両极端"だった。死んだりあるいは笑わせたり。

演技が上手でできないのかを離れて俳優として変化が必要だった。 <追撃者>きて<清淡菩萨>が終わった後であった。その間してみることができなくて惜しかった"ノーマルある役割"を念頭に置いてシナリオを読んだ。その時ごとにソ・ヨンヒの目に映ったことは"力が感じられるキャラクター"であった。 "そのような役こそ挑戦するほどの意志ができる"という理由のためだ。一生苦労する運命であるようだ。チャン・チョルス監督の<キム・ポンナム殺人事件の転末>の主人公ポンナムに会ったのもこの時だ。焼酎と似合う話だがソ·ヨンヒは部屋で一人でワインを飲んでシナリオを一気に読んだ。ソ・ヨンヒにポンナムは"苦しくて痛ましい女"だ。そのはずだ。 <キム・ポンナム殺人事件の転末>でポンナムは両親なしに乳物乞いして育って獣のような夫晩鐘(パク・ジョンハク)に虐待されて、義理の弟哲宗にいつも強姦にあって、舅姑に嫁待遇どころか毎度無視されるかわいそうな女だ。ポンナムに希望はひとり娘と生まれて初めて親切だということを見せた友人海員(知性院)だ。ソ・ヨンヒは燃え上がるだけ燃え上がったポンナムのだまされるなぜか知ることが出来そうだった。 "幼い時期他の人々よりもう少し苦労した。身体的苦労でなく精神的苦労。また、お母さんが苦労しながら嫁ぎ先で暮らすのもそばで見て育ったし。 "ポクナムイ自身に害を及ぼした人々に復讐するという、线が明確な話はノーマルある役割を待ったソ・ヨンヒの心を戻した。また<キム・ポンナム殺人事件の転末>が女性の視線と感情に引っ張っていく多くない作品という点も出演決定に一役買った。ただし以前との差ならば死ぬのではなく全部殺さなければならないということ。

話は人物の前史を別に接近しなくても良い程説明的だったがポクナムイなる過程は容易ではなかった。一言で島女になることが難しかった。 "色々な課題らがあったがなまりとくすんで浅黒い容貌"が最優先課題であった。 "なまりは劇中背景の無道なまりであった。全罗道(チョルラド)言い方が基本だがどこ語り口と下記に何をした感じだ。島という空間がそうでないか。あちこちで流れてきた人々が集まって住む空間だと色々な地域の言い方が混ざるほかはない。あたかも軍隊のようだというだろうか。監督様は二種類をおっしゃった。なまりの母が最後まで続いたらと思うということと数えた発音は止めてくれということだ。何より状況の感じを重要に思われた。 "なまりは練習して練習すればある程度慣れることができるが真っ黒い皮膚の色を作るのは努力だけでは成らないことだった。 "黒い皮膚はポンナムのキャラクターで最も重要な要素だ。ところで私の皮膚が本来よく乗らない皮膚と機械スモークフィルムでいくら焼きもならなかったよ。反面海員役を担った(纸)声援姉さんはソウル女と白い皮膚の色を維持するべきなのにとてもよく乗って困り果てたし。 "

万全の準備をして現場に行ったが撮影する間絶えず自らに問い直さなければならなかった。 "私が今上手にしているんだろう?"比較的ある程度の確信を持って臨んだ前作らと別に今回の現場は不安感が結構大きかった。人を刺してみたことも、鎌質をしてみたことも、銃に撃たれてみたこともない、経験してみることができない感情と行動らが多かった。特に夫が陸から来た喫茶店レジと居間でセックスする時ポクナムイ何気なくビビンパを食べる場面は、"どんな状況なのか頭では分かっても胸で理解することは本当に難しい場面"だ。 "夫と他人女との不適切な行為に傷つくまいと、うめき声を聞かないためにご飯を食べる行為に集中することだ。幼い時本TVドラマが思い出される。夫が浮気をして入ってきた事実を知った妻がお手洗いに行ってこれに出血するように歯磨きをする場面だ。ビビンパを食べる時本当に孤独で寂しかった。 "

初めて呼吸を合わせてみたチャン・チョルス監督の演出スタイルも見慣れなかった。 "監督様は(俳優を)閉じ込めるのを嫌いだ。リハーサルをする時も俳優がどのようにするのか今後を見るスタイルだ。演技の程度が気に入らない時も明確に話さないで『力を抜くのはどうでしょうか? 'リハーサルだが違うからシュートを行きましょうか?とかえって尋ねられる。何よりOKサインを投げる時も[ OKします』という。 OKならばOKであって、 OKするでしょう。増えた何か。 ]出たOKではないがスタッフ俳優皆さんが大丈夫ならばOKしますね』じゃない。 (笑い) "のように監督の具体的でない演技指示方式はソ・ヨンヒをより一層やきもき出るようにして、より一層集中するようにした。

ずっと気を遣ったおかげであろうか。ソ・ヨンヒは、"分かっても分からないふり"というポンナムの行動が"こらえれば病気できる"という昔話を実践に移す瞬間で集中力を見せる。冷酷な鎌を上にあげてその間自身に不親切だった人々を審判する場面だ。普段嫌味(悪口)できなくて常に"イエス"を叫ぶ『イエスかける'ソ・ヨンヒがその場面を演技する時どんな心情であったか。 "本当に気がせいせいした。特に死んだ夫の死体に味噌を投げる時快感が本当に... 。その間韓国映画の中女性は常に無力な存在であった。反面ポンナムは能動的にすべてのことを解決する。それでも誰でも殺すのではない。ポンナムの行動には次第ルールがある。自身に害を及ぼさない人は害しない。 "

カメラが回る時は頭の中がポンナムでぎっしり埋まったがそうではない時はすぐ人間ソ・ヨンヒになった。配役と日常を行き来するのが比較的自由な方の理由だ。すべてに好奇心が多い彼女に少しの間の島生活は興味深かった。もちろん<麻婆岛(マパド) >で島撮影をしたことがあるが分量がいくらならなかった。この映画が正しくなされた島撮影であるわけだ。日本漫画<深夜食堂>のように注文すれば何でも作る食堂でチキン味にサビダウンされたし、お手洗いがなくて森の中に入ってみることを解決したりもしたし、海苔巻き一本もスタッフらと分け合って食べるなど島生活しようと撮影しようと孤独な隙間が全くなかった。愛を受けることができなくて生きてきたポンナムの姿は影も形もない明るい姿だ。

もしかしたら彼の次に作品で人間ソ・ヨンヒの姿をのぞくことができるかも知れない。 <ジョージとポンシク>という題名の作品でチョン・ジュノとともに出演する刑事コメディ映画だ。劇中彼女が引き受けた役割は誰かに愛を受ける英語先生だ。 "その間エネルギー消耗が多い演技をしてきたためか女らしい感じがある役割をしたかった。それで選択した作品だ。 "ひょっとして今愛しているのはでないか。 "恋愛しなくなっている。いや、出来ずにいる。率直に本当に恋愛したい。 (笑い) "

映画だけ11方ごとなのにソ・ヨンヒは昔も今も終始一貫している。 "今でも'俳優が私の長さ(道が)合うか』『映画という媒体をずっと上手にできるだろうか』のような悩みを絶えずする。コドゥシム先生やキム・ヘスク先生の演技を見れば演技でなく本当に生活だ。私やはりそうなりたい。日常での行動持つということが重要なのもそうするからだ。正しい生活を送らないならばどんな演技をしても自ら信頼できない。 "

文:キムソンフン写真:ペクジョンホン2010.09.03
by kazem2 | 2010-09-03 12:38