ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リュ・スンワン師団のアクション<シューティング>初公開

☆CINE21.com
e0109292_1213883.jpg




一時2010年8月31日午後2時場所コエックス メガボックス

この霊化した時うまく行った前職刑事であり今は興信所を運営するカン・テシク(ソル・キョング). 平凡な依頼と考えて急襲した不倫現場に1人の女性が死んでいる。 身動きもせず犯人にされることになったその時、かかってくる電話一通. 殺人寃罪を晴らそうとするなら誰かを拉致しろとの奴の負けられる。 胎息は自身の一挙手一投足はもちろん過去理由と周辺人物まで掌握している奴の監視と盗聴を避けなければならず、その上拉致しなければならない人物が全国を沸きかえるようにする重要な事件のキーを握っているという事実を知ることになる。


100字評<シューティング>は楽しい映画だ。 ずっと事件が相次いで人物らはお互いを追ってまた追う。 映画は特別な野心を表わすよりその方々走る気持ちにずっと走って行く。 それを支える力は事実主人公ソル・キョングよりオ・ダルス、ソンセビョク、イ・ソンミンなどでなされたしらじらしい助役らの破壊力だ。 事実上製作者リュ・スンワンの名前で期待することになりそうである難易度高いアクションに対する期待値は低くするのが良くて、それ(彼)より娯楽映画の美徳に忠実だとするエネルギーと今の現実政治と素早く重ねられる地点を注視するのがより興味深いようだ。
-ジュ・ソンチョル<シネ21>記者

ランニングタイム99分. 映画開始6分で事件発生. この程度ならジェットコースターのように早く動きはスマートなアクション物を期待する法する。 だが忙しく動く主人公と彼ぐらい我を忘れて揺れるカメラの動きにもかかわらず<シューティング>は全くはやい映画ではない。 アクションがいくら走りたくても遅々と進まないストーリー展開と無能力な主人公が困難に陥る。 さらに悪いのは主人公の反撃タイムが情けないほど遅れてそれはやはり機械装置の神の助けを借りるということ。 ここらで一度尋ねよう。 映画が終る時までただ一度も状況統制もできなくなってみて終盤に悪党に腕力何度することで気が晴れるか? その一方で主人公接待を受けたいか? これは<シューティング>の主人公にだけ訊ねたい質問ではない。
-デュナ映画評論家

リュ・スンワン師団という看板にもかかわらず、アクションの品質はちょっと弱い方だ。 過度にはやい編集がかえって連続的なアクション シークエンスの快感を鈍くさせたようにする。 そのような短所を埋めるのはオ・ダルス、ソンセビョク、イソンミンをはじめとする助演らのエネルギーだ。 現実政治に対する熱い足蹴りを望む観客ならばいくつかのキャラクターらで現職政治家らの顔を発見してクスクス笑うことができるだろう。
-キム・ドフン<シネ21>記者


文:キム・ドフン| 2010.09.01
by kazem2 | 2010-09-03 12:16